【GOOD ON THE REEL】『GOOD ON THE
REEL presents 「HAVE A “GOOD”
NIGHT vol.50」 ANNIVERSARY SPECIA
L at 日比谷野外大音楽堂』2016年10
月9日 at 日比谷野外大音楽堂

撮影:安藤未優/取材:高良美咲

 主催イベント『HAVE A "GOOD" NIGHT』の記念すべき50回目は、日比谷野外大音楽堂でのワンマンライヴ。午前中は大粒の雨が降りしきっていたが次第に止み、日が落ち始めた開演時には湿った空気によって、秋らしく心地良い天候になっていた。

 “10年目にして辿り着いた野音です”と大きく手を広げた千野隆尋(Vo)が喜びを口にすると、この日を記念してリリースしたシングル「雨天決行」で幕開け。弾むギターの音色が上弦の月が浮かぶ夜空に溶け込んだ「それは彼女の部屋で二人」、奥行きあるバンドサウンドが千野の感情に訴えかけるような歌を際立たせる「夕映」といった、今でも定番の初期作品の楽曲たちが10年というバンドの歴史をなぞる。そして、オーディエンスを着席させ、「夏の大三角」「つぼみ」「24時間」の3曲をアコースティックで披露。ゆったりとした呼吸感がより一層哀愁を引き立て、さらに暮れがかった空の隙間から漏れる月の光、場内が静まった時の虫の声、肌をかすめる少し冷たい風…いつまでも浸っていたくなるほど心地良い空間だった。「シャボン玉」では入場時に配られていたシャボン玉セットによって客席中がシャボン玉であふれ返り、楽曲のドラマチックさに花を添える。そして、一瞬にして情景が目の前に広がるような新曲「砂漠」がアンコールで披露されたのも、まだ歩み続ける旅路を示すようで頼もしかった。鳴り止まない歓声に応えてダブルアンコールまで応えた2時間半強のライヴ。ダブルアンコールでの多幸感にあふれた「Mr.Week」を聴きながら、日常の視点を変えさせられてしまうほどの彼らの訴求力を改めて感じたのだった。

セットリスト

  1. 雨天決行
  2. ユリイカ
  3. それは彼女の部屋で二人
  4. 2月のセプテンバー
  5. エターナル・サンシャイン
  6. 夕映
  7. 夏の大三角
  8. つぼみ
  9. 24時間
  10. rainbeat
  11. ゴースト
  12. シャボン玉
  13. REM
  14. サーチライト
  15. ホワイトライン
  16. 素晴らしき今日の始まり
  17. シャワー
  18. <ENCORE1>
  19. 砂漠
  20. うまくは言えないけれど
  21. ハッピーエンド
  22. <ENCORE2>
  23. Mr.Week
GOOD ON THE REEL プロフィール

グッド・オン・ザ・リール:2006年3月、同じ学校の仲間により結成。バンド名は“なんか、良い感じ”という意味から命名。千野隆尋の独特な歌声と歌詞、圧倒的なクオリティーの高さを誇る楽曲に、ライヴハウスをはじめ、TSUTAYAでの期間限定無料レンタルやCDショップでの店舗試聴機から火が付き、その口コミだけでバンドの評価や知名度を上げてきた。18年1月、自主レーベルlawl recordsを立ち上げ、8枚目のミニアルバム『光にまみれて』をリリース。19年にはユニバーサルミュージックアーティスツ合同会社とパートナーシップ契約を結び、9月にセルフカバーアルバム『GOOD ON THE REEL』を発表。GOOD ON THE REEL オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着