【GILLE】服を選ぶようにいろんな シ
チュエーションで聴いてもらいたい

“待望”と呼ぶに相応しい1stアルバムの完成だ。パワフルなヴォーカルはもちろん、「さくら( 独唱)」をたおやかに歌い上げ、心に染み入るバラードも聴きどころ。シンガーとして、ソングライターとして、今のGILLEががっつりと詰まっている。
取材:吉田可奈

まずは1stアルバム『GILLEsound Vol.1』を完成させた率直な感想と、改めて感じたことを教えてください。

すごく楽しかったです!!そして、オリジナル楽曲をもっと作って、たくさんライヴがしたいと思いました。

収録曲について訊いていきたいのですが、「Wishing」はずっと聴きたいと思っていたバラードが聴けて嬉しかったです。こういうシンプルな王道のバラードを歌ってみていかがでしたか?

ありがとうございます。王道のバラードという意識はないのですが、聴いている人たちに曲への想いと情景がしっかり伝わればいいなと。この曲のメロディーとリリックは、私が住んでいる宮崎の星空を見上げながら作ったものなんですよ。片思いの歌詞でもありますが、そういった故郷の情景もサウンドやメロディーで伝えられたらと思います。

「Try Again」や「Believe Yourself」の力強い応援歌にも励まされました。そもそもGILLEさんがここまで曝け出してリアルな言葉で応援歌を描くのはどうしてなのでしょうか?

今の自分だからインディーズ時代やその前に歌や夢に自信が持てなかった自分や、同じ感情を持っているみんなに対しての言葉が沸き出てきているかもしれませんね。

「Believe Yourself」に勇気付けられる人が多いと思いますよ。

この曲は「Try Again」のように寄り添うというよりも、一日のスタートにエンジンをかけたり、または踏ん張る力の源になる曲になれればと思っています。

ちなみに、いつも元気に見える人ほど落ち込む時は落ち込むと思うのですが、そんな時のGILLEさんの発想の転換法は?

思いっ切り落ち込んで、泣いて、叫んで、疲れさせて早く寝る!!

なるほど(笑)。アルバムに話を戻しますと「A.T.W! feat. DAISHI DANCE × SHINJI TAKEDA (GDsound Ver.)」ではフューチャリングに挑戦していますが、やられてみていかがでしたか?

シンガーソングライターとして私自身が思い付かない歌詞、そしてメロディーと構成だったので、新鮮でものすごく楽しかったです。

本作には森山直太朗さんの「さくら( 独唱)」のカバーが収録されているのですが、なぜこの曲を入れようと思ったのですか?“ザ・日本の歌謡曲”だと言える同曲を英語でカバーされていますが。

もともとファンだったのもありますが、この時期にあの綺麗な日本語詞とメロディーラインを歌いたかったんです。英語で歌ったのは、私らしい表現方法のひとつだと思っています。

インディーズ時代にTASHA geeというアーティスト名でリリースした「WILL」が“2013 New Version”として収録されていますが、この曲を再び歌ってみて気付いたことはあり ましたか?GILLEさんの出発点でもあるので、思い入れが強い曲だと思うのですが。

この曲はインディーズの時に口蹄疫の渦中で苦しんでいる家族へのエールという思いで作って歌っていましたが、時間を置いて今、昔の自分やみんなへの応援歌として歌えた気がします。

「Winter Dream」は懐かしいアレンジがとても新鮮でした。

ありがとうございます。メジャーデビューアルバム『I AMGILLE.』のパーティーチューンな感じとメロディーラインを生かすようにシンプルなものにしました。

そして、「Dreamin’」。これは2nd シングル「Try Again」のカップリングだった曲ですね。

はい。「Try Again」とはまったく違うサウンドで、恋の始まる瞬間のドキドキ感を書きました。

「Feel The Sun」はダンスミュージックとして、GILLEさんのやりたい路線なんだろうなと。楽しんでレコーディングしている姿が浮かびましたよ。

楽しかったですね。海外の方とのやり取りでサウンドはできてきたのですが、最初から気持ちの乗りやすい曲だったので、歌のレコーディングをしながらフェイクだったり、コーラスなど思い浮かんだものが多く、ほんとに楽しく歌入れができました。

アルバムを締め括るのが「もう一度君に会えたら」。この曲を最後にした理由を教えてください。

リリックも含め、私自身の経験もサウンドも内容がすごく濃いので、アルバムの最後に入れたいと思いました。去年、私は大切な人を亡くしたんですが、兄みたいな大切な存在の人だったんです。その人が亡くなって気付けたこと、頭に思い浮かんだのは、震災に遭った恋人たちの辛い別れでした。もう一度だけ会いたい…その気持ちをかたちにしたいと思って作った曲なんです。

深いです…。さらに1st シングル「GIRLS」と全11曲を収める本作ですが、全体的にバラエティー豊かで、今のGILLEさんががっつり詰まっている印象を受けました。

メジャーデビューした今の自分だから浮かぶメロディーやリリックをぎっしり詰め込めたアルバムだと感じています。泣きたい時、背中を押してほしい時、思いっ切り弾けたい時、このアルバムを服を選ぶようにいろんなシチュエーションで聴いてもらいたいですね。

1stアルバムを完成させて、やってみたいことはできましたか?

ワンマンライヴツアー!6月にワンマンライヴも決定しました!
『GILLEsound Vol.1』2013年03月06日発売UNIVERSAL J
    • 初回盤(DVD 付)
    • UPCH-9841 3890円
    • 通常盤
    • UPCH-1925 3059円
GILLE プロフィール

ジル:宮崎県出身。英詞カバー曲(AKB48の「フライングゲット」)などを動画サイトにアップし話題に。2012年7月に英詞カバーアルバム『I AM GILLE.』でメジャーデビュー。日本だけでなく、アジア中から話題を集める実力派シンガソングライター。GILLE オフィシャルHP
GILLE オフィシャルFacebook
GILLE オフィシャルTwitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着