L→R KENTA(Dr)、MOMIKEN(Ba)、IKE(Vo)、UZ(Gu&Programming)

L→R KENTA(Dr)、MOMIKEN(Ba)、IKE(Vo)、UZ(Gu&Programming)

【SPYAIR】“集大成”を出したいとい
うテーマから生まれた曲

4人編成の新体制となったSPYAIRがついに始動! 彼らならではのロックサウンドをさらに研ぎ澄ました新曲は、3月から開幕するツアーをヒートアップさせること間違いなしだ。
取材:道明利友

今作の制作にはどんなビジョンを掲げていたのですか?

UZ
実は、次のアルバムに向けて“これだな!”っていうものが、俺の中ではもう見えていて。次でアルバムは3枚目になるんですけど、俺らの今までの“集大成”をそこで出したいなっていうのがあるんですよね。俺たちが今までやってきた挑戦とか経験をもう一度おさらいして、それをさらに研ぎ澄ませ、集大成としてアルバムを作る。今回のシングルは、そういうテーマの中から生まれた曲だったんですよ。

確かにSPYAIRは、“ロック”へのこだわりを持ち続けながらいろいろな挑戦をしてきたバンドですよね。

KENTA
そうですね。頑なな感じは、今は全然ないですね。“俺たちはこれじゃなきゃダメだ”みたいな頑なな感じは。まぁ、そういうのがあったのは、もう本当にインディーズの最初の頃ぐらいだけかなとは思うんですけど。
IKE
で、そこから今までいろいろな挑戦をしてきたと同時に、この「サクラミツツキ」みたいに、まさにサビはSPYAIRのある意味“伝統芸”な感じのメロディーは変わっていなくて。
UZ
そう。そういう部分をさらに研ぎ澄ませるのと、俺らがずっと持っている、デカい野外のステージで鳴らしてもおかしくない音楽っていうイメージの中からできた曲だと思います。「サクラミツツキ」も、2曲目の「Turning Point」も。

これから来る“桜”の季節にふさわしい歌詞も印象的です。

MOMIKEN
そうですね。こういう“桜”とか“月”みたいな和テイストって自分の中からはあまり出てこないテーマなんですけど、それを自然に曲に落とし込めたのはアニメ『銀魂』から良いインスピレーションを受けたからだと思います。
KENTA
和といえば、「サムライハート(Some Like It Hot!!)」も『銀魂』だったよね(2011年、アニメ『銀魂』エンディングテーマ)。
MOMIKEN
そうだね。そういう良いインスピレーションを曲に落とし込めたのと、プラス、俺たちらしい前向きなメッセージを込めて。まさに“桜”の季節、“出会いと別れ”の場面を中心にして、今より先があるんじゃないか、何か足りないものをみんな追い求めてるんだっていう気持ちを込めました。

何か満ち足りないものを追い求めて、いつか手にできるように…まさに、“満月”になるようにっていう。

MOMIKEN
そうですね。“月”が満ちることはないと思うんですけどね、長い人生において(笑)。でも、だからといって諦めたら半分にも…“半月”にもならないんじゃないかなって。
IKE
そうだね。他人から見れば満ち足りているようでも、自分自身が満ち足りていなければそれは“半月”だし。今のSPYAIRも“すごく良い感じだね!”っていろんな人に言ってもらえることも多いけど、でもやっぱり、満ち足りてはいなくて。もっとたくさんの人たちにSPYAIRの音楽を届けたいだとか、今の自分たちの感情を素直に歌えた曲だと思ってます。

「Turning Point」もまさに“デカい”イメージがあるパワフルなサウンドで、次のツアーで聴けるのが楽しみです。

UZ
「Turning Point」は、身体に任せて作った感じですね。シンセとか打ち込みとか、後々の処理はマジで細かいんですけど(笑)、こういう曲は自分たちとしては自然にやれるものというか。俺たちがこういうヘヴィなサウンドしかやっていなかった時代を知ってくれている人もいると思うんですけど、そいうものを求めている人たちのためにも、自分たちの“根本”にあるものは今も変わらずやり続けなきゃなって思ってます。
『SPYAIR LIVE at 武道館 2012』
    • 『SPYAIR LIVE at 武道館 2012』
    • AIBL9262~3
    • 2013.03.13
    • 4990円
    • 通常盤
    • AICL-2522
    • 1050円
    • 「サクラミツツキ」
    • 初回生産限定盤(DVD付)
    • AICL-2520~1
    • 2013.03.13
    • 1365円
SPYAIR プロフィール

スパイエアー:2005年結成。10年8月にシングル「LIAR」でメジャーデビュー。東京ドームでのステージをバンドの次なる目標に掲げ、新たなるフィールドに挑んでいく、いわば“戦への狼煙上げ”となる第一弾シングル「THIS IS HOW WE ROCK」を16年7月にリリース。同年11月に発表した“戦い”をテーマにした「RAGE OF DUST」はTVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第2期OPテーマとして大きな話題を呼び、ロングセールスを記録。17年8月にはオトナの土ドラ『ウツボカズラの夢』主題歌でもある「MIDNIGHT」をリリースした。SPYAIR オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着