写真左より、北川悠仁(リーダー)、岩沢厚治(サブリーダー)

写真左より、北川悠仁(リーダー)、岩沢厚治(サブリーダー)

【ゆず】すごいもの作っちゃったとい
う新しい達成感があった

人気アニメ『HUNTER×HUNTER』とのタイアップ曲であるニューシングル「REASON」。注目したいのは、ヒャダインこと前山田健一との共作曲であるということ。
どのように同曲が制作されていったのかをゆずのふたりに語ってもらった。
取材:長谷川 誠

シングル「REASON」は『劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)』の主題歌とテレビアニメ『HUNTER×HUNTER』のエンディングテーマにもなっていますが、ゆずと前山田健一さんとの共作で、壮大な曲で組曲的な部分もあるのに、シンプルな力強さ、温かさも備えてるという画期的な楽曲となりました。そもそもこの曲はどんな流れから誕生したのですか?

北川
ドーム公演が終わって、お休みをちょっといただいて、その間に何曲か断片を作っていたんですが、その中の一曲がこれなんですよ。休みに入る前に『HUNTER×HUNTER』のタイアップの話がきていることはなんとなく聞いていて、風の強い日にランニングしていたら、《向かい風と知っていながら》というサビが出てきた。具体的なオファーは何も聞いてなかったんですが、自分の知ってる『HUNTER×HUNTER』のイメージと合うんじゃないかなと勝手に思ってしまって、サビのデモを作ってしまった(笑)。そのまま全部自分で作ってもいいんですけど、16年目の自分たちの新たな種を撒くという意味でも新たなチャレンジがしたかったので、共作がいいかなと。岩沢くんと僕との共作でもいいんですけど、蔦谷好位置くんと出会って、10周年から15周年へと新たに向かって行けた時のように、強烈な個性を持った方とぶつかり合ってみたいな、『HUNTER×HUNTER』なら結構激しいことをやっても受け止めてくれるんじゃないかなって。

その共作の相手が前山田さんだったというのは?

北川
ももいろクローバーZさんなどを聴いて、“前山田くん、面白そうだなぁ”って前から気になってたんですよ。僕らと全然違うフィールドだから、ゆずと掛け合わさった時に面白い化学反応を起こせる人なんじゃないかなって。

岩沢さんは「REASON」の共作をどういうふうに進めていったのですか?

岩沢
北川が作った最初のサビの部分と前山田くんが作ってくれたトラックが出来上がってきたところで、“新たなサビを付けてほしい”ということになり。北川が作ってきたものも聴いていたし、それに寄り添うことはできるんですが、そうではないものを探しつつ、別の曲を作るというイメージで作っていきました。

新たなサビを付けるって、これはかなり難しい注文だったのではないですか?

岩沢
大変でした。イメージの話なんですが、歌い始めのメロディーでもあるので、ふわっとすんなり入れるもので、なおかつサビのメロディーとしても成立していてってことだったんですが、“それって、サビっぽくないじゃないか”って(笑)。

なぜサビを複数作ろうと思ったのですか?

北川
『HUNTER×HUNTER』の原作を読んだ時に、ゴンとキルアというタイプの違うふたりの主役がいろいろな物語を生み出すところが大きなキモだな、それはゆずにも共通するなと思ったので、1曲にふたつの側面があるものにしたかったんですよ。いつもだったら、混ざり合うものを目指すんですが、あえて相反するものを真逆から思いっ切りぶつけてみたら、どうなるのかなって。
岩沢
話し合いの中で口々に“別のサビを”と言ってて、やり方を含めていろんなことが新しかった。そういうイメージを共有しつつも、1度取っ払って、自分なりに思う冒頭部分、なおかつ後半ではサビとして成立するものを念頭に置いて作りました。ただ、作ったはいいけど、どう融合できるのか分からないまま、僕のパートを前山田くんに投げたんですよ。彼にはこの曲とこの曲を接合してほしいって結構むちゃなオファーをしました。そうしたら、前山田くんが“あっ、できます!”って。僕らの概念にはないものが彼にはあって、前山田くんが僕らのふたつのメロディーをくっつけて、さらに自分のメロディーを足して、持ってきてくれた。“そんなことができるんですね!”って驚きでした。

アコギの存在感があって、しっかりした軸があるというのもこの曲の魅力のひとつなのではないですか?

北川
最初の段階から言ってたのは、アコギがガツッと前にいるものにしたいということ。一番最初にリズムを作った時から、アコギが真ん中にドカンといる感じだった。前山田くんは本当に個性が強いから、こっちもしっかりしないと。最初に言いましたから、“僕らはブレないんで、思いっ切りかかってきなさい”って(笑)。
岩沢
前山田くんは蔦谷くんと共通する部分があって、彼も鍵盤弾きのアレンジャーなので、鍵盤で構築していく感覚を持っているんですよ。ただ、前山田くんの持っている個性とゆずの個性であるアコギの共存というのが面白かった。お互いに欲しがっていたというか。前山田くんは“ゆずのアコギが欲しいですね”って。僕らは僕らで“前山田色入ってこい”って。お互いに“もっと出てきてくれ”と思いながら作れたのが功を奏していますね。

歌詞も深みがあって、さまざまな要素があります。歌詞を共作していくのはどうでしたか?

岩沢
北川が作った段階で、日本テレビの方がお見えになって、『HUNTER×HUNTER』への情熱を切々と語ってくださって。友情も描かれているんだけど、それだけじゃないとのことだった。それから1度持ち帰って、ただの友情ではないものを探していって、最初の4行が出来上がったので、あの説明がなかったら、生まれなかったと思いますね。

ただの友情じゃないというのは、例えば同志的存在でもあるということですか?

岩沢
いろいろなものが当てはまると思うんですよ。ゆずもそうだろうし、ゴンとキルアもそうだろうし、家族もそうだろうし。ただベタベタする友情ではなくて、いろんな局面でのパートナーシップ。しかも、光だけじゃなく、影の部分も表していきたかった。恋愛の歌ではないので、ある特定の対象の言葉を使いたくない。“あなた”とか“きみ”といった言葉を使わずに、誰かの存在を感じる言葉はないか考えていきました。

前山田さんの歌詞については?

北川
言葉のセンスも素晴らしいなぁと。自分たちにはあまりないセンスを持っている。《ひとり ゆらり のらり くらり》とか、ありそうで意外とないなぁ、面白いなぁって。前山田くんとやりとりしながら、こういうやり方があるんだぁ、こういう展開を作れるんだなぁって、曲作りを勉強しながらという感じでした。

そんな共作もあって、「REASON」はこれまで聴いたことのない素晴らしい作品となりましたね。

北川
我々としてもすごいもの作っちゃったという新しい達成感はありました。リスナーがどういうリアクションするのか、非常に楽しみですね。
録歌選 2-NI-
    • 録歌選 2-NI-
    • SNBQ-18925
    • 3150円
    • HUNTER×HUNTER Ver. 完全生産限定盤(DVD付)
    • SNCC-89927
    • 1500円
    • 通常盤
    • SNCC-89926
    • 900円
    • REASON
    • ゆずVer. 初回限定盤(DVD付)
    • SNCC-89925
    • 2800円
ゆず プロフィール

ゆず:1996年3月に結成。横浜、伊勢佐木町を中心に路上ライヴを行なう中、98年6月にリリースした1stシングル「夏色」で脚光を浴び、その後も「栄光の架橋」「虹」とヒット曲を世に送り出す。等身大の視点から投げ掛けられるリアルな歌詞、センチメンタルで清涼感のあるメロディー、それらを包み込む素朴で温もりを帯びた音色で多くのファンを魅了し続けている。ゆず オフィシャルHP
TOY'S FACTORY
ゆず オフィシャルFacebook
ゆず オフィシャルTwitter
ゆず オフィシャルYouTube
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着