L→R TOC(MC)、DJ KATSU(DJ)

L→R TOC(MC)、DJ KATSU(DJ)

【Hilcrhyme】大切な人に自分は何を
残すのか、何を残せるのか

メ~テレ50周年特別ドラマ『ゆりちかへ ママからの伝言』の主題歌として書き下ろされた「想送歌」は、大切な人への愛情をストレートに歌ったバラードである。同曲が誕生に至るまでの思いをTOC(MC)に訊いた。
取材:ジャガー

シングル「想送歌」はメ~テレ50周年特別ドラマ『ゆりちかへ ママからの伝言』のために書き下ろしたとのことで。

今回、“主題歌をHilchymeに”って名指しで話がきたんですよ。たくさんいるアーティストの中から俺らを選んでくれたことは単純にすごい嬉しかったし、このドラマの内容を知っていくうちに一番映えるような曲にしたいって意欲が湧きましたね。大前提として、俺らもこのドラマに共感して曲を作っているので、“Hilcrhyme×ゆりちかへ”の共作だと言ってもいいぐらいに世界観に積極的に関わっていきました。

具体的にはどのような作業だったのでしょうか?

まず、『ゆりちかへ ママからの伝言』のチームから8割ぐらい出来上がっていたドラマ映像が送られてきたので、それを観ることから始まって…間違ってもアップテンポじゃないなっていうのは感じました。しかも、その映像には“この場面にこういうかたちで音が入ります”っていう音が付いてたんですけど、そこに当てられていた曲が2ndシングル『春夏秋冬』だったから、そういう曲を求められてるんだろうなって。けど、もっとこのドラマに沿った楽曲にしたいっていうところから歌詞を煮詰めていって『想送歌』ができました。基本的には愛情あふれた作品だから曲もハッピーエンドにしたいけど、このドラマではハッピーな部分だけでなく、死というシビアな一面も描かれているので、『想送歌』でもちゃんとそこは描きたいなと思いました。で、三番で死を想起する部分を作ってるんですけど、その手法ってHilcrhymeが今までもやってきたことなんですよね。三番でガラッと印象を変えるっていう。だから、自然とハマりましたね。

その三番では、唯一旅立つ側の気持ちに視点が切り替わって歌われていますよね。

自分としても三番はものすごく気に入ってます。特にドラマの世界観とリンクする内容になっているし、音の抜け具合もバランスがいいし、歌メロもハマって…うん、すごく気に入っています。やっぱり死は誰にでも訪れるものだし、そう考えるとものすごい感情が入っていったんですよね。サビで≪大切なあなたへ≫と歌っているけど、実際に大切な人に自分は何を残すのか、何を残せるのかを考えた結論を歌ってる部分というか。さっきから何回も言っちゃってるけど、だいぶ好きですね(笑)

ここ一年は前へ突き進んでいくという姿勢が描かれた楽曲が多かったので、こういったシンプルに愛情を歌った曲というのは珍しいですね。

久々にこういうのがやりたくて…『春夏秋冬』以来かなっていう。普遍的なラブバラードは初めてじゃないけど、今やってみるとすごくフレッシュですね。ここ最近発表してきた曲たちとは違う方向性ですけど、こういうのも好きです。でも、良い歌詞って、良いメロディーと良いリズムじゃないと良くなんないんだなって改めて思いました。歌詞って字のごとく、歌の詞だからちゃんと聴かないと良さが伝わらないというか…この曲で本当痛感しましたね。この曲に乗っているから良い歌詞になるんだなって。普遍的なものを書くのはもともと好きじゃなかったんですけど、やっぱり音に乗せると自分でも納得できた。読むと小っ恥ずかしいんだけど、音が付くことによって感情も乗ってくる…またひとつ勉強になりました。歌い方も全然違いますし…それこそ同じバラードでも、『春夏秋冬』だったらラップにメロディーが付いた感覚でやってたんですけど、『想送歌』は完全なる歌ですからね。歌って感じになったのは、いつの間にかそう変化していったんですけど。

KATSUさんとはどんなやりとりを?

今回は“こういうのを作って”っていうイメージしていたものが先にあったので、トラックは結構指定しましたね。BPM遅め、コード主体、ビートもそんなに複雑にしなくていい…とか。とにかく歌いやすくさせてほしいと伝えました。ストリングスとギターは生じゃないと相当ニュアンス変わるだろうし、レンジが狭まるから、生楽器で。おかげでだいぶ広さのある感じになりました。

始まりからサビにかけてじわじわ広がっていくような歌だから、そういった楽器の温もりのある音が映えますね。

そうですね。サビだけが聴きどころじゃないな、全部ですね。全体的なバランスがいいです。少なくとも、2013年中は過去のものになってほしくないというか…ちゃんとリスナーの中で息付く曲になってほしいです。

熱っぽい歌声でより感情移入しやすかったです。

今、この曲をライヴに向けて歌ってみたりしてるんですけど、いいですね。他の曲と比較になんないくらい、自分でもくるものがあります。早くみんなの前で歌いたい曲ですね。

その反動で2曲目「Welcome Back」はダブステップに?

それはそういうトラックがきたから自由にやっていった結果なんですけど(笑)。これは超最近、本当に一番最近作った曲ですかね。相方(DJ KATSU)がこういうのをやりたかったみたいで、トラックがきたから乗っかってみっかと。『想送歌』と一緒に入ったから、ちょっと振り切りすぎたかなとも思うんですけど…どっちも自分たちだからいいかって。

このCDからHilcrhymeを知る人には刺激が強そうですね。

そうですね(笑)。そのへんはまた改めて整理していきたいなって思うんですけどね。歌詞の内容としては原点回帰をしてて、今の自分のモードとしては、普遍的なものもこういう前へ向かっていく姿勢を書いたものもどっちも書きたいですね。メロディーも好きだし、リズムも好きだし、ラップも好きだし…これからもやりたいことをやっていきます。
想送歌2013年01月23日発売UNIVERSAL J
    • 初回生産限定盤(DVD付)
    • UPCH-9838 1680円
    • 通常盤
    • UPCH-5786 1260円
Hilcrhyme プロフィール

ヒルクライム:MCのTOCとDJ KATSUによるラップ・ユニット。2006年始動。09年7月15日にシングル「純也と真菜実」でメジャーデビュー。2ndシングル「春夏秋冬」が大ヒット、人気を不動のものとし、その年の各新人賞を総ナメ。そして、デビュー5周年となる14年には9月に初の日本武道館公演を大成功させた。ブレることなく、地元新潟に在住しながら音楽活動を続け、16年6月9日に結成10周年を迎え、17年3月には10周年記念特別公演『朱ノ鷺二〇一七』を成功させた。Hilcrhyme オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』