L→R マナブ(Gu)、ルイ(Ba)、鋲(Vo)、ジン(Dr)、和己(Gu)

L→R マナブ(Gu)、ルイ(Ba)、鋲(Vo)、ジン(Dr)、和己(Gu)

ライヴを基軸にした活動を続け、着実に実力を付けてきたSCREWがシングル「XANADU」をもってメジャーデビューを果たす!
取材:ジャガー

まずは、メジャーデビューするにあたり心境の変化などはありましたか?

特に変わってないですけど、ひとつひとつのクオリティーは上げたいなと思っています。
和己
視野を広げられるチャンスだと思うので、いろいろな音楽を吸収したいと思います。ライヴは今までと同じで常に全力で挑みます。
マナブ
プロデューサーやメーカーの方たちの意見をいただけるので、自分たちでも客観的にSCREWの音楽を見れるようになっていかないとなって感じるようになりました。
ジン
何においても今まで以上に気が抜けない環境になったことで、改めて自分を見つめ直すことができました。

そんな中、発表される「XANADU」は熱量の高いバンドサウンドと荘厳な音色を響かせる打ち込みが絶妙でした。

和己
攻撃性のある曲でも、メロディーをしっかり聴かせることは大事にしたいので。
マナブ
極力タイトでソリッドな出音のギターに仕上がるように努力しました。
ルイ
焦ると音に出てしまうので、レコーディング当日はとにかく冷静に。音の足し算と引き算をしっかり計算していきましたね。勉強の計算はできないけど、ベースの計算はできます!
ジン
結成当初からある激しさと柔軟さを見せていきたかったので、がっつりユニゾンさせるところと引くところのバランスを取りました。プラス、俺らしいドラムフレーズは必ず入れています。この曲でそれやる?って感じの違和感が好きなので。

主人公の微妙な心理描写が描かれているのも印象的で。

手の届くはずのない高嶺の花の女性に対しての片思いの気持ちをテーマに書いたんですけど、書き終えた歌詞を見ると“夢を諦めるな”というメッセージにも捉えることができるなと思いました。だから、夢や希望を諦めそうな時に聴いてもらえると深く楽しんでもらえる曲だと思います。

タイプ別の収録曲「囀る刃」「Glass Cage」「ZOWIE」は、アプローチは違えど、どれもライヴで映えるだろうなと。

特に「ZOWIE」は作詞の段階からライヴを意識してました。
和己
やっぱり、音源で聴いて期待感を煽る曲はライヴでさらに活きてくると思います。
マナブ
基本はライヴで再現できるもののほうがインスピレーションが沸きやすいですし。あと、「Glass Cage」の間奏にあるワウを使ったソロ。ああいうアプローチを前々からしたいと思っていたので、この曲で実現できて嬉しかったです。

10月17日からはワンマンツアーも始まりますが、本ツアーはどのように感じとってもらいたいですか?

ジン、ルイ、マナブ、和己、俺がいるだけで十分SCREWの伝えたいことが分かってもらえると思います。あとは信念を貫く。心燃やして、10月17日を静かに待っている。
和己
これからどんどん攻めていく姿勢を感じてほしいです。
マナブ
未来しか見てない状態ですから(笑)。ライヴはメジャー一発目らしく派手に! 新旧織り交ぜたライヴをファンの人と一緒に作っていきたいです。
ルイ
とにかく楽しみたいですね。そして、“来て良かった!”と思ってもらいながら帰路についていただけたら嬉しいです。
ジン
良い意味で変わらない部分が多いし、飽きさせないように新しい部分も魅せていけたらと思っています。
「XANADU」2012年10月17日発売徳間ジャパン コミュニケーションズ
    • 初回生産限定盤A(DVD 付)
    • TKCA-73831 1890円
    • 初回生産限定盤B(DVD 付)
    • TKCA-73832 1890円
    • 通常盤
    • TKCA-73833 1575円
SCREW プロフィール

スクリュー:2006年結成。翌年にPS COMPANYに所属し、ライヴ中心に精力的に活動を続け、その容姿は他に類を見ない美貌を併せ持つバンドとして着実に人気を上げてきた。また、海外での人気も高く、12年5月にはヨーロッパ単独ツアー10カ国13公演を大成功させる。そして、13年7月10日に新たなる可能性を凝縮したメジャー1stアルバム『SCREW』をリリース。14年12月にルイ(Ba)が脱退し、現在は4人体制で活動を行なっている。SCREW オフィシャルHP(アーティスト)
SCREW オフィシャルHP(レーベル)
SCREW オフィシャルFacebook
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着