L→R Takashi Yamazaki(Ba)、Hiroyuki Sekine(Vo&Gu)、Yu-ki Matsuzawa(Dr&Cho)

L→R Takashi Yamazaki(Ba)、Hiroyuki Sekine(Vo&Gu)、Yu-ki Matsuzawa(Dr&Cho)

【THREE CHORD】良いモノができたの
は間違いない

BLANKEY JET CITY、NIRVANAなどをバックボーンに持つHiroyuki Sekine(Vo&Gu)が立ち上げた躁鬱オルタナバンド=THREE CHORD。紆余曲折を越えて作った新作とは?
取材:逆井マリ

Sekineさんのブログを見たらタイトルが“脱サラバンドマン、それでも僕は生きている”で(笑)。このバンドを組むために脱サラをされたのですか?

Sekine
はい、辞めちゃいました(笑)。最初は両立しようと思ったんですけど一度きりの人生なので踏み外してみようかなと。みんなに反対されましたけど(苦笑)。

それだけ音楽に懸ける気持ちが強かったんですね。

Sekine
根がネガティブなので、音楽に救われたことがたくさんあって…今度は返す側になりたいなと思ったんです。それで自分がメインのバンドをやってみたいと思って。で、ゲーム仲間だったドラムのまっつー(Matsuzawa)に声をかけて、2007年に別のバンドをやってたTakashiが入って…

ん? “ゲーム仲間”ですか?(笑)

Matsuzawa
実は地元のゲーセンでよく見かける人だったんです(笑)。最初は“今日もいるな~”くらいで、たまに一緒にご飯を食べるようになって…で、“バンドやってみない?”って言われてドラムをやることになりました(笑)。だから、最初は軽い気持ちだったんですよ。ロックはあまり聴いたことがなかったし、バンドもやったことなかったし。

その気持ちが変化したのはいつ頃でしたか?

Yamazaki
去年のツアー中にいろいろあって…このままバンドが変わらなかったら解散かなと。どうせやるなら後悔したくないなと思って、お互いにできなかった話をするようになって。そこから変わっていきましたね。

では、今回のミニアルバムはどんな作品にしたいと?

Sekine
特にテーマはなかったんですけど、とにかく“良い曲を書きたいな”と思ってたくさん書いたんですよ。ツアー中もちょこちょこ書いてたんですけど…そしたらメンバーの反応が珍しく良くて。特にタイトル曲が。

きっとツアーのエネルギーが出たんでしょうね。

Yamazaki
そうですね。歌が前に出た分かりやすい曲もあるけど、自分たちもライヴで楽しめる曲が詰まったアルバムになったと思います。今までは“良いんじゃない?”で終わりだったのが、“自分はこういうベースを弾きたい”って話もたくさんして。前作を聴いたら“君たち成長したね”って思ってもらえるんじゃないかなと(笑)。

東日本大震災、原発のことを歌ったであろうロックンロールナンバー「Gray」も印象的でした。

Sekine
ちょうどツアー中に震災が起きたんですよね。だからこそ余計に思うことがあったし、バンドを続けられるって奇跡的なことなのかなって。…この曲では回りくどく言いたいことを吐き出してます(笑)。

回りくどく(笑)。では、今回のタイトルの意味は?

Sekine
“響き合う”っていう意味なんですけど、“負け犬の遠吠え”みたいな意味もあって…いろいろな意味がこもってます。前回のツアーでダメだったことも丸々吐き出してるし…ライヴに来てくれるお客さん、メンバー間の響き合いって意味も含めてこういうタイトルにしました。

つまり、自信作ってことですね。

Sekine
3人でかたちにするって意識が強くなったと思います。良いモノができたのは間違いないなと。いつか“3ピースロックと言えばTHREE CHORD”みたいに言ってもらえるようになりたいですね。
THREE CHORD プロフィール

スリーコード:人間の抱える負の感情、鬱屈した側面を晒す、オルタナティブ・ロックバンド。'THREE CHORD'とは“三様の感情”を指し示す造語で、その名の通り、まるで趣向の違う音楽を聴いてきた3人が2007年に集結。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着