L→R 石島直和(Ba)、清水葉子(Vo&Gu)、郡島陽子(Dr&Vo)、大月義隆(Gu)

L→R 石島直和(Ba)、清水葉子(Vo&Gu)、郡島陽子(Dr&Vo)、大月義隆(Gu)

【UNLIMITS】何かにつなげることがで
きたら素晴らしい

UNLIMITにとって2012年第一弾作品となるシングル「カナリア」は、希望に向かって突き進んでいく力強さを感じるナンバーだ。
取材:ジャガー

今作は通常盤と期間生産限定盤で収録曲も違いますが、選曲はどのように行なったのですか?

清水
期間生産限定盤は「孤独へのシグナル」「月アカリサイレース」「パズル」をリマスタリングして収録しました。「カスケード」で初めてUNLIMITSを知ってくれた方たちにも、ライヴの定番曲であるこの3曲を聴いて私たちの激しいライヴをたくさん妄想してもらい、会場に遊びに来てもらえればと思っています。通常盤には、今までUNLIMITSを応援してくれている方のために「カナリアの夢」「リグレット」の新曲2曲を収録しました。こちらもライヴ映えする新曲ができたので、どちらもライヴで楽しんでもらえると思います。

では、表題曲の「カスケード」についておうかがいします。言葉に寄り添い、じわじわと温もりに満ちていく曲ですが、もともとイメージしていたものはありました?

郡島
“今までとこれから”“人と人のつながり”“生命力・再生”を主なテーマにしています。この歌で、ライヴで、些細なことでもいいから何かにつなげることができたら素晴らしいと思っています。

最後の《消える事ない君の証 自由なその両手で》に至るまでに、信じ合える人と強固な絆を感じられているからこそ主人公がさらに自立しようとする姿が想像できました。

郡島
“君”が残した痕跡はかたちのあるものではないけど、消えてしまうものではないから、怖がらずに、無限の可能性に懸けて、その両手で光を掴もう…という思いで書きました。

《雨のち晴れ あの雲になれ》《メビウスジェットコースター》など、ひとつひとつの表現が主人公の心理を的確に突いていますが、特に気に入っているフレーズはありますか?

清水
《雨のち晴れ あの雲になれ》は印象的ですね。雨降りで暗く沈んだ日もあるけど、必ず晴れる日は来る。人生と同じだなと。

歌声に迷いがなく、まっすぐ突き刺さる力強さを感じました。

清水
場面場面で“夕焼け”“夜空”“晴れ渡る空”など風景がたくさん出てくるから、ひとつひとつ思い浮かべながら大切に歌いました。曲の最後で郡島のソロパートがあるので、そこが聴きどころです。

研ぎ澄まされたイントロから、「カナリアの夢」はUNLIMITSの真骨頂を示していますね。

清水
UNLIMITSの武器である攻撃的な中に憂いのあるメロディーを意識しました。ツインヴォーカルの絡みが肝です。
郡島
攻撃的な楽曲に導かれるようにシンプルに、そしてライヴを意識してプレイしました。

「リグレット」は新曲の中で一番哀愁漂わせている楽曲で、他の新曲2曲とは違ったエモーショナルさを感じます。

清水
イントロの寂しげなギターパートから広げて作りました。これは依存症がテーマになっていて歌詞を書きながら苦しい気持ちになりました。その世界観にどっぷり浸ってもらえたらと思います。個人的にかなり気に入っています。

傷付くのが怖いし、“もう少しだけ”という思いもあって自分からは何もできない…人間のドロッとした部分や、ずるさが表現された歌詞を端然としたサウンドがうまく消化していますよね。

清水
悲しいイメージがありますが、サウンド自体は歪んだグル―ビーなベースとダンサブルなドラムで、オケと歌詞の世界観は違ったものになっているのですが、合わさった時に見事にマッチしているので、そこも注目して聴いてもらえたらと思います。
UNLIMITS プロフィール

アンリミッツ:激しく、切なく、真っ直ぐに突き刺さるヴォーカルと哀愁漂うメロディーライン、そして清水葉子と郡島陽子のコーラスワークを武器とするライヴバンド。オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着