L→R 小谷嘉一(Vo&Ba)、永井朋弥(Vo)、MOTO(Vo&Gu)、岩元 健(Vo)

L→R 小谷嘉一(Vo&Ba)、永井朋弥(Vo)、MOTO(Vo&Gu)、岩元 健(Vo)

【+Plus】違う人がやってるって思わ
れるぐらい
大きな変化を求めていた

約2年振りとなるアルバムで見せた+Plusの進化。さまざまなチャレンジの成果がバンドの成長へとつながったわけだが、その過程などについてMOTO(Vo&Gu)と永井朋弥(Vo)に訊いた。
取材:土内 昇

昨年1月にリリースされたシングル「Fiesta/エール」以来の音源であり、約2年振りのアルバムが完成しましたが、やはりいろいろ試行錯誤があったという感じですか?

MOTO
いろいろありましたね。一番大きかったのは“このままでいいのか?”っていう。それを打開するためには、今までやったことがなかったことにチャレンジしていかないといけないのかなって。

「Fiesta」でサンバのリズムを取り入れて、新たなことに挑戦しましたけど、それ以上のものをやらないといけないと?

MOTO
そういうジャンルやスタイルよりも、メンバー自身が人間的な意味でももっと大きくなっていかないといけない…歌とか演奏ってそういうものが出ると思うんですよ。今まで出してきたものっていうのは4人の中から出てきたものだから、新しいものを今の状態で模索したところで、そんなに振り幅はないかなって思ったんです。違う人がやってるって思われるぐらいの大きな変化を求めていた気がしますね。
永井
リリースしたいという気持ちは大きかったんですけど、僕らは常にライヴをやっているので、ずっと“ライヴ、どうしようか?”って感じでしたね。新しい曲や新しい演出っていうものをやっていかないと、どんどんライヴがマンネリ化していくので、そこも考えどころでした。そんな中で、新しく曲を作っているうちに曲が溜まって、今回のアルバムができたっていうのはあります。

ライヴ用の曲というのは、今までの+Plusの延長にあるサウンドになると思うんですよ。でも、今作は今までにないアプローチをされているところが印象的だったのですが。

MOTO
確かにそうですね。今までの曲ってメンバーがアイデアを持ち寄って作り上げてきたんですけど、今回のアルバムは個人が持ってきたものだったり、海外の作家さんや身近な方に楽曲を提供していただいたりしました。ライヴにしても、音源にしても、一曲一曲の振り幅というものを身に付けたかったというか。

そういう意味では、アレンジャーの阿久津健太郎さんとタッグを組んで制作したことの影響も大きいですか?

MOTO
そうですね。身近なプロデューサーだし、ライヴではサポートギタリストとして参加していただいているし。自分のことって自分が一番知っていたり、一番知らなかったりって両面があるじゃないですか。そこでいろいろ気付かせてくれましたね。誰かに全面的に協力してもらうっていうのも新しい挑戦だったので、最初は言われたことに対して“どういうことなんだろう?”って考えることもあったんですけど、それによって今までになかった部分もかたちとして届けられていると思います。そういう意味では、今回のアルバムは曲数は少ないんですけど、引き出しっていうか、表現するアプローチの方法の数は前作よりも多いと思います。

制作自体はどのように進んでいったのですか?

MOTO
「はじまりの空」は「Fiesta」をリリースした時期には、楽曲としてはあったんですよ。でも、「はじまりの空」って一番今までっぽい曲じゃないですか。いい意味で今までの流れは断ち切りたかったので、スタッフも含めて“もっとこういうものにチャレンジしたいんだけど”っていう話し合いをして、海外の作家さんに「恋してSaturday Night」と「Run to Free」を提供してもらって、さらに健太郎さんを含めて、いろんなスタッフさんと話し合って「ハピバ!!」や「茜空」を作って。で、震災を受けて書いた「届いてほしい」もあって…
永井
うん。この時期っていろんなアーティストが動いたじゃないですか。自分らもライヴが中止になったりして、今後どういうふうに活動していこうか考えたし…っていうか、活動することが正解かどうかも分からなかったから、ものすごくネガティブになった。普段はステージからメッセージを発信しているのに、“アーティストって何なんだろう?”とか“音楽で発信できることって何だろう?”っ考えて、落ち込んでいたんですよ。きっと自分ひとりだったらそのまま落ちてたんだろうけど、その時にMOTOから曲が届いたんで、それに後押しされて歌詞を書いて、「届いてほしい」という曲ができたんです。この曲のおかげで、僕ら自身も“よし、ライヴをやろう!”って思えたし、そこから今回のアルバムが始まってる気がしますね。
MOTO
「届いてほしい」ができたことはめちゃくちゃデカくて、重い車輪がゆっくりと動き出したような感覚がみんなにあったと思いますね。その車輪がデカければデカいほど、動き出しちゃえば加速が付くっていうか。

8曲入りとコンパクトなのですが、聴き応えのある内容になっているのは、そういう過程を経て生まれたアルバムだからなんでしょうね。

永井
それこそ洋楽曲の打合せをスタッフとしていた時は、まったく新しいものだがら抵抗もあったし、それをどういうふうに+Plusのものとして見せていくかの話し合いもしましたしね。その結果、すごくいいスパイスになっているし、個人的にも超好きな曲なんですよ。いいチャレンジができたと思います。

チャレンジということでは、歌のアプローチも変わりましたね。+Plusは4人が歌えるから4人がそれぞれが歌うっていうイメージが強いのですが、今作ではそれを生かしてコーラスを作っているというか。

MOTO
「恋してSaturday Night」や「Run to Free」なんてコーラスなのか、メロディーなのか…もしかしたらコーラスのほうが分厚いんじゃないかっていうアレンジだったりするし(笑)、バラードの「茜空」では繊細なハーモニーが求められましたからね。だから、4人で歌うっていうよりも、サウンドとして4人をどうフィットさせるかっていう感じでした。

手応えのあるアルバムが完成したという感じですね。

MOTO
今まで聴いてくれていた人が聴くとインパクトがあるっていうか、今まで以上のものになっている自信があるんで、絶対にがっかりしないと思います。ライヴバンドとして経験を積んできた今だからこそ、すごく勢いがあるし。初めて聴いてくれる人に対しては、今の+Plusと周りのアーティストと比べてもらって構わないっていうか、“何か持ってるよ、この人たち”って思ってもらえる音なり、楽曲になっていると思いますね。
+Plus プロフィール

小谷嘉一(vo&b)、永井朋弥(vo)とMOTO(vo&g)、岩元健(vo)からなる新世代4ピース・バンド、+Plus。ロックをベースにしつつも、ヒップホップ/レゲエ/R&Bなどあらゆるジャンルのエッセンスを取り入れ、彼らのハーモニーが奏でる等身大で飾らないストレートなメッセージが強みである。

小谷が出演する映画『イケメンバンク THE MOVIE』がきっかけで、08年12月に結成。同映画の主題歌「Answer」及び挿入歌「You」を担当。役者としても活躍する彼らが、09年8月に<ポニーキャニオン>より、1stシングル「日向に咲く夢」でメジャー・デビュー。新人としては異例の全曲タイアップ付きシングルとして話題を席巻中だ。+Plusオフィシャルサイト
オフィシャルHP
オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着