【銀杏BOYZ】『銀杏BOYZ「世界平和祈
願ツアー 2016」』2016年6月22日 at
Zepp DiverCity Tokyo

撮影:村井 香/取材:フジジュン

 2008年に開催されたツアーから、実に8年振りの全国ツアーとなる『世界平和祈願ツアー』をスタートさせた銀杏BOYZ。ライヴ活動をほとんど行なわず、作品制作に没頭していた時期を経て、13年に9年振りとなるアルバムを完成させると、峯田和伸(Vo&Gu)以外のメンバーが脱退。リリースツアーの実現も叶うことなく、これまで焦らされ続けただけに、僕は「若者たち」で客席にダイブし、ギターを掻き鳴らす峯田を見ながら、“銀杏BOYZがここにいる”と涙していた。“20年間作り溜めてきた曲をやります”と宣言し、弾き語りとバンドセットを織り交ぜながら新旧の名曲たちを披露したこの日。銀杏BOYZの最新曲となる「生きたい」は15分強の大作を全身全霊と魂の叫びで届け、GOING STEADY時代の楽曲のリアレンジ曲「大人全滅」は僕同様、ライヴを待ち望んだファンを狂喜させる。ステージをのたうち回る狂気性とやさしく力強く言葉を伝える穏やかさ、そして良い音楽をストレートに届けたいという純粋さとさまざまな表情が混在するアクトは、峯田の人間性や生き様、そして現在がよく見えたし、銀杏BOYZの現在がしっかり見えてきた。サポートメンバーながら、実に息の合ったバンド演奏と観客の大合唱が強大なエネルギーを生んだ「BABY BABY」なども、過去の銀杏BOYZをなぞらえるというより、より熱くポップに進化したかたちを見せてくれていた。アルバム制作時は内側に向けていた圧倒的なエネルギーを、外側に向けて発信し始めた銀杏BOYZ。また新たな伝説を次々と生み出してくれるであろう、彼らの新章はまだ始まったばかりだ。

セットリスト

  1. 現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
銀杏BOYZ プロフィール

03年1月、人気絶頂の中、突然の解散を発表した元GOING STEADYの峯田和伸(vo&g)が中心となり、バンド解散直後、同じく元GOING STEADYの安孫子真哉(b)と村井守(dr)、そして、チン中村(g)とともに新たに結成。熱く激しい感情が充満した「歌」を聴かせるライヴ活動を精力的に繰り広げている。
銀杏BOYZとしての初音源は、エレファントカシマシのカヴァー・アルバム『花男』(03年3月発売)に提供した「悲しみの果てに」のカヴァー。また峯田は、みうらじゅん原作の映画『アイデン&ティティ』に主演し、俳優デビューも果たしている。オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着