L→R HIRO(MC)、DJ No.2(DJ)

L→R HIRO(MC)、DJ No.2(DJ)

【LGYankees】感情にあふれた、僕ら
の最高傑作です。

幅広いサウンドで注目を集めるカリスマユニット、LGYankees。ニューアルバム『GO! GO! LGYankees!!!』に込めた思いをHIRO(MC)が語る。
取材:土屋恵介

約1年振りのニューアルバム『GO! GO! LGYankees!!!』は、パーティーチューンから歌もの、スローチューンとバラエティーに富んだ内容になりましたね。

LGYankeesのアルバムは、玉手箱みたいに何でも入ってるものにしたいと思って作るんです。アルバムタイトルは、僕らふたりとも5月生まれで、5枚目だし、今年こそドンドン行くぞって意味で“GO! GO! LGYankees!!!”に。ちなみに“!”も5つ入ってますね。

そこまでの意気込みが詰まったアルバムだと。ちなみに、曲作りはHIROさんと相方のDJ No.2さんとどんなやりとりで進んでいったのですか?

相方ながらDJ No.2の才能は本当にすごいんです。楽器もできるし、曲作りの選球眼が見事。トラックや歌詞、曲を頼む時も全部彼に任せますね。僕やフィーチャリングのゲストでも、一番の旨味成分を引き出してくれるので。

とはいえ、HIROさんもラップのフロウ、歌など引き出し多いですよね。

今までやってきた中で、自然と身に付いたんです。ラップでも歌でも、レンジは広いほうがいいと思うんで。

アルバムの楽曲ですが、自分たちのやり方で世の中を進んでいくとメッセージするものから、人を応援するようなものまでリリックも幅広く、「ボクでいいよね ~愛のうた~ feat.LGMonkees」は運命の人に出会えたことを歌うストレートなラブソングですね。

レーベルメイトのLGMonkeesとの曲で、ど真ん中のラブソングを書いたんです。愛情ってやっぱり生きてく中での核だし、エネルギー源なんで、ど直球で気持ちを歌っていきましたね。

「Once More Again ~もう一度、抱きしめて~ feat.May J.」は失恋を歌ったメロディアスな曲ですね。

May J.さんは歌もうまいし声もいいし、まずかわいい(笑)。これはDJ No.2が歌詞と曲を書いたんですが、May J.さんの今まで聴いたことがない部分を引き出せたのはうれしかったですね。あと、Noaとの『3年目の記念日』、舞花さんとの『Close To You』で女子三部作になっていて、それぞれの声の存在感が光るいいものになったと思ってます。特に舞花さんは今回初めて一緒にやったんですけど、僕が彼女の声に惚れ込んでオファーしたので、僕らにとってもすごく刺激になりました。

そして、「SMILE」や、「Graduation ~未来への約束~ feat.SO-TA」には、下を向いてる人を勇気付けるような思いが込められているという。

僕らは仙台に住んでるし、やっぱり震災の影響は曲に出てしまいますね。ほんと、苦しい状態も見てるし、厳しい状況の方たちが前を見て一歩進めるようになってくれたら、その人たちの支えにこの曲たちがなれれば、という思いはあります。

弾けた曲もあれば切ない曲もあるけれど、いろいろな楽曲を通じて音楽で人に力を与えたい。そんな思いもこのアルバムには込められているというのが、HIROさんの話を聞いてると伝わってきます。では、そんな『GO! GO! LGYankees!!!』を作り終えての、今の感想を聞かせてください。

ほんと、人の感情にあふれた一枚ですね。音のクオリティーも高くなったし、それぞれの曲が美味しいぞって感じです。今の僕らの持ってるいろんなものが凝縮された自信作だし、最高傑作です。なので、とにかくいろんな人たちに聴いてほしいですね。
『GO! GO! LGYankees!!!』2012年02月15日発売Venus-B/KING RECORDS
    • 【初回盤(DVD付)】
    • KICS-91748 2500円
    • 【通常盤】
    • KICS-1748 2200円
LGYankees プロフィール

エルジーヤンキース:2000年より、LGYとして仙台を拠点に活動開始。07年、LGYankeesに改名。同年、音楽プロダクション“NO DOUBT TRACKS”を設立。本業である歌手活動の傍らに、プロデュース業でも活動をしている。オフィシャルHP
HIRO Official Twitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着