L→R 華遊(Gu)、ヒィロ(Ba)、みつ(Vo)、ЯeI(Dr)、タクミ(Gu)

L→R 華遊(Gu)、ヒィロ(Ba)、みつ(Vo)、ЯeI(Dr)、タクミ(Gu)

【ν[NEU]】バンドサウンドだけで
も勝負できるという自信

攻撃の手を緩めないν[NEU]が放つ、メジャー1stアルバム『Restless』がついに完成。想像を優に超えるスケール感の本作について語ってもらった。
取材:ジャガー

メジャー1stアルバム『Restless』は、バンドサウンドを強く押し出した作品になりましたね。

ヒィロ
これまでのシングルで生音の重要さを感じることができ、それを踏まえて楽曲制作に挑めたので、バンドサウンドだけでも勝負できるという自信がつきました。それが『Restless』にも活かされたんじゃないかな。バンドのスタイルも大きく変わってきていて。例えば、「Jumping Lady!」のようなギターとベースのリフモノって今までなかったんですよ。これまでの楽曲の中心を考えると同期とメロディーだったんですけど、今はバンドサウンドとメロディー、その上に同期が入ってくる感覚。楽器の音を5人それぞれが聴き合いながら、“相手のアプローチにこう返す”みたいなやりとりがスムーズになっているので、完成形までバンドだけでもかたちにしていけるんですね。その上で同期が加わるので、より曲自体の面白みが増えるわけで。

歌声も生々しさが滲み出ていて、歌うというよりも感情をぶちまけている印象を受けました。

みつ
2ndシングル「カレイドスコープ」で自分の生々しい部分を曝け出したんですけど、聴いてくれた子たちは伝えたかったメッセージを受け取ってくれたので、みんなのことをもっと信頼できるようになりました。突き放すような歌い方もしたし、逆に奮い立たせるように歌った曲もあって。考えるよりも感じたことを、そのまま歌うということを心がけました。

それが如実に感じられるのは「Restless Love」ではないでしょうか。相手への想いは優しく語りかけるように、自分の心の内を出す部分では感情的に叫ぶことで歌い分けていて。

みつ
苦労しましたね。少し感情が乗ったぐらいだと表情までは分からないじゃないですか。あそこに関しては、ちゃんとしたキーで歌おうとか、綺麗に仕上げようっていうのは毛頭なくて。自分の中に入ってるもんを全部吐き出す覚悟で歌ったので、感じ取ってもらえると嬉しいですね。

しかし、壮大なバラードでここまでドラムが主張するとは思いもしませんでした(笑)。

ЯeI
まじっすか? でも、バラード曲ってドラムがすげぇ重要だと思ってて。つまんないドラムにしちゃうと歌詞も伝わりにくくなってしまうって意識があって。なので、「Restless Love」だけはドラムが主張することで、感情の起伏を出そうとしました。
ヒィロ
他のパートも何気に主張が激しいんですよ。ヴォーカルが主軸にあるけど、上手い具合に各パート主役となる部分があるので、聴いてて飽きないと思います。

ギターのおふたりはいかがでした?

華遊
バラードはあまりやらないので、最初どんなアレンジしようか迷いました。洋楽とかいろんな音楽を聴いて、今のかたちになりました。僕のパートで言うと、アルペジオで綺麗に持っていきたいっていうのは考えていましたね。
タクミ
力強いサウンドとか一発で伝わるストレートな音やストロークにこだわって、自分なりのサウンドを残したいなと。

「カレイドスコープ」からの熱量の高さを、ギター陣は良い状態で今作へつなげていますよね。「最愛と渇望の日々」のイントロがカッコ良かったです。

華遊
「最愛と渇望の日々」と「Hold My Hand」はν[NEU]のセルフプロデュース曲なんです。ギターは、“主張する”っていうのと“コピーのしやすさ”っていうのがテーマとしてありました。なので、キャッチーさを出すようなアレンジを結構考えましたね。ツインギターでしかできないアンサンブルを緻密に整えたり。
タクミ
音色にこだわったり、フレーズを考えたり、今回のアルバム制作を通して学ぶことがたくさんありました。曲を活かすも殺すもギターだなと。試してみたかったことをやってみるんですけど、全部突き通すと我が強すぎてしまい、楽曲の良さを消してしまったり。それで、ちょっと足すばかりじゃなくて引くことの大切さを知って、練っていく楽しさを初めて知りました。今まではギターを弾くだけって感じだったのが、今度は考える楽しさを覚えたというか。
みつ
でも、「最愛と渇望の日々」はレコーディング数時間前に一度全部消してるんです。
ヒィロ
思い出すと胃が痛くなるんですけど…
みつ
よくあの賭けに勝ったよね(笑)。消す前は、今までのν[NEU]そのものすぎて納得いかなかったんですよ。まったく違うものをやらないと意味がないってことで、メンバーで“妥協する? 本気出す?”って話をしたら全員本気出すほうに賭けようと。何もない状態からЯeIさんが気分でドラムを叩きながら、それにメンバーが乗っかっていくという。

それはすごい! 自分たちの基準も作品を出す度に上がっていくから、余計に求めるものがシビアになるんでしょうね。あと、1曲目の「YES≒NO」はライヴで一緒に歌いたくなりました。

ЯeI
まさかこんなに良い曲になるとは思ってませんでした。何気なく出てきたアイデアから膨らませていったので、1曲目に相応しい曲に仕上がるとは自分たちが一番驚いています。
みつ
サビの“イエスノー イエスノー”というコーラスは、最初“ドーナツ ドーナツ”ってリーダー(ヒィロ)と歌ってたんですよ。ちょうどその時ドーナツを持ってたからなんですけど(笑)。そういう聴き終わった後もずっと耳に残るような、ちょいふざけた曲にしたくて。

T.M.Revolutionの「Burnin’ X’mas」のカバーといい、充実の内容ですね。

みつ
“Restless”って“絶え間ない”という意味なんですけど。“永遠”ではなく“絶え間ない”って言葉を使ったのは、ずっと満たされている状態が続く感じがしたんですね。一曲一曲それぞれに“絶え間ない”想いがあって、それが集結したアルバムだから長く聴いてもらえいたいですね。
『Restless』2012年03月14日発売EMIミュージック・ジャパン
    • 【初回生産限定盤A(DVD付)】
    • TOCT-28073 3780円
    • 【初回生産限定盤B(DVD付)】
    • TOCT-28074 3780円
    • 【通常盤】
    • TOCT-28075 3000円
ν[NEU] プロフィール

ニュー:2009年9月、現メンバーで結成。バンド名の由来となっている“NEW MUSIC”の名の通り、デジタルサウンドを軸にロック、テクノ、ラップと多彩な音楽性をみせるライヴバンド。11年にシングル「RED RMOTION 〜希望〜」でメジャーデビューを果たした。ν[NEU] オフィシャルHP
ν[NEU] オフィシャルTwitter
Facebook
ν[NEU] オフィシャルYouTube
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着