【初音】3年間の歩みと新たなる
一歩を踏み出せた一作

1stアルバム『ありがとう』から約3年。より“伝わるメッセージを”という想いを込め、言葉を大切に作られた渾身の一作。
取材:大庭利恵

カップリングを含めたシングル7曲に未発表の6曲というボリュームのある作品になりましたが、このアルバムを作る際に意識したことは何でした?

1stアルバムは、小学校5年生から高校2年生までに作った楽曲の中から選んだ、改名前の“奥村初音”としての集大成的なアルバムだったんですね。で、このアルバムはその後の3年間。そして、楽曲を作り始めてちょうど10周年にあたる節目として作ったものなので、これまで“紡いできた音”とこれから“紡いでいきたい音”の両方をイメージして作りました。

新たに入れた曲は、本作のために書き下ろしたのですか?

いえ。ライヴでだけ演奏してる曲を含めたら、膨大な未発表曲があるので、書き下ろしたのは『R347』と『ひだまり』の2曲ですね。

「R347」からの2曲は、バンドサウンドを取り入れて、音の面でも新たな挑戦をしてますよね。

そうですね。この2曲は、これまで言葉ありきで作っていたものを鼻歌から作ってみたり、リズムを鳴らしながら心地良いメロディーを探すような作り方をしたので、すごく楽しんで作れましたね。でも、楽曲選びで一番考えたのは、この3年間で感じた幅広い感情を伝えたいということだったんです。

というのは?

歌い方や表現という技術的な部分が変化したのはもちろんだと思うんですけど、一番大きいのは、精神的な成長だと思うんです。13曲目の『卒業~また会おうね~』は、私が高校2年の時に『cawaii』という雑誌の企画で、読者の方に送っていただいた卒業に関するエピソードをまとめて曲にしたものなんですね。

これが、なんと15分を超える超大作で。

はい(笑)。最初は、こんなに長くするつもりじゃなかったんですけど、みんなの気持ちを全て入れたいと思ううちにだんだん長くなってしまいました。その後、高校を卒業して東京でひとり暮らしをするようになり、いろんなことを自分ひとりでやらなきゃいけなくなったこと。楽曲や私自身に対しても、いろんな方からいろんな意見があって心の葛藤と闘っていたりしました。スキマスイッチの常田真太郎さんに提供していただいた『つよがりソレイユ』という、これまでよりも大人っぽい曲を歌ったりすることで、いろいろと感じ方とかも変化して自分のメロディーにも幅が広がったと思います。以前よりもストレートな感情を言葉にすることもできるようになってきたので、そういう全ての想いをこのアルバムに詰め込めたらいいなと想いましたね。

そういうアルバムが出来上がったことは、これからの初音さんにとって、どういう意味があると思いますか?

3年間の軌跡をまとめられたと同時に未来への第一歩を踏み出せた気がしてます。小学校の時にテレビで小田和正さんの曲を聴いた時に、私もこんなふうに言葉を伝えられる歌い手になりたいと思ったんですね。そのために今はいろんなことを経験して、たくさんの楽曲を作って、ライヴをやろうと思ってるんです。なので、このアルバムがきっかけとなってライヴに足を運んでくれる人が増えてくれたらうれしいなと思ってます。

「卒業~また会おうね~」のフルバージョンは、いつかライヴでも披露されますかね?

私自身は歌ってみたいですけど、なにせ3曲分の長さがありますからね。ライヴに来てくれるみなさんがイヤだと言わなければ、いつか(笑)
初音 プロフィール

1990年10月11日生まれ、大阪府出身の女性シンガー・ソングライター。幼少の頃よりクラシック・ピアノを習い、音楽の道を歩み始める。小学5年生で初めてヴォーカル・コンテストに参加。この時、オリジナル曲を唄っていた他のヴォーカリストに刺激され、作詞・作曲を始める。翌年、同コンテストにおいてオリジナル曲で参加し、史上最年少でグランプリを受賞。

その後、作詞・作曲を積み重ね、数多くのイベント・ライヴに出演、その実力を認められ、07年9月に1stシングル「恋、花火」で<avex trax>よりメジャー・デビュー。デビュー前の時点でオリジナル曲は90曲以上を超える。08年3月に発売された3rdシングル「ホントはね」が日本テレビ系ドラマ『正義の味方』主題歌に起用され、同年9月に1stアルバム『ありがとう』を発表。

09年4月、高校卒業と同時に上京しアーティスト“初音”として新たなステップに挑む。オフィシャルHP
オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着