【奥華子】キラキラとした奥 華子を
見てみたい

2012年早々にリリースされるニューシングルは、キラキラとした失恋ソング。ポップに振り切ったサウンドをはじめ、今までにない奥 華子を感じることだろう。
取材:石田博嗣

2011年の音源リリースは震災の影響もあって、コンセプトアルバム『君の笑顔-smile selection-』のみになってしまうのですが、やはり特別な一年でした?

全てのことに影響されてますね。音楽だけじゃなく、普段の人生観とかもそうですし。小さいことにこだわるっていうか、いろんなことに後ろ向きな自分がいたんですけど、もっとやりたいようにやって、生きたいように生きる…そういうふうに思うようになりました。あの震災があって、それまで計画していたことを大幅に変えてコンセプトアルバムを出すことになったんですけど、本来ならそのタイミングで『シンデレラ』をリリースしようと思っていたんで、それが今回聴いてもらえることができてすごくうれしいです。

アレンジとかも当時のままなのですか?

実は他のかたちにアレンジしたものもあって、何段階も経てるんですよ。リリース時期が延長になったので、であれば思い切りポップに、キラキラした感じに振り切ってみようって。

雨上がりの青空をイメージするような爽快さですよね。

さわやかな失恋ソングですよね。今までって“失恋してすぐに立ち直れないじゃん”みたいなところがあって、どん底まで落ちるっていう感じだったんですけど、ちょっとだけ光を見せて、前向きさを出したっていうのは、一歩進んだところですね(笑)

そうやって振り切らせたのは、やはり2011年の出来事があったから? 小さいことにこだわらないっていうか。

あっ、そうかもしれないですね。黒メガネに変えたし、ジャケットではスカートを履いているんですよ。デビューして7年目なんですけど、初めてですね(笑)。周りから“スカートを履いたら?”とか言われても、ずっと“奥 華子は赤メガネじゃないと。スカートなんてあり得ません!”って感じだったんです。でも、“それもいいかもしれない”って思えたというか。そういう意味では、変わりましたね。

そもそもはどんな曲を作ろうと?

失恋ソングをいいねって言ってもらえることが多いので、今回もそういう方向でいこうかなと思っていて。でも、バラードだと今まで通りだから、みんなで乗れて、だけど泣けるような失恋ソングをイメージしながら作りました。作曲している時から“ここにこういうドラムが入って~”っていうイメージがあったし、始めからバンドサウンドが鳴っているっていう珍しいパターンでしたね。だから、いざ弾き語りでライヴをやるって時に全然弾けなかったです(笑)

そんな曲ができて、この歌詞を乗せたのですか?

同時かな? 恋愛しているだけで普通の景色がすごくキラキラして見えたり、同じものでも違ったように見えるけど、失恋した瞬間に全てが灰色に見えるじゃないですか。それって魔法が解けた瞬間に似ている…魔法にかかったことはないんですけど(笑)。そこを例えたいと思ったところから作った感じですね。

今までの作品と出来上がった時の実感も違いました?

本当の奥 華子はすごく暗いものが好きなんですね。黙っていると暗い曲しか作らないし、放っておくとずっとひとりでいる(笑)。だけど、気持ちが外に向かったっていうか、キラキラとした奥 華子を見てみたい、作ってみたい…デビュー7年目ということで、そういうことに挑戦できたし、振り切れましたね。黒メガネやスカートもそうなんですけど、“ちょっとやってみようかな”って。だから、そういう目的が達成できた感があります。
「シンデレラ」
    • 「シンデレラ」
    • PCCA-03505
    • 2012.01.11
    • 1200円
奥華子 プロフィール

オクハナコ:シンガーソングライター。キーボード弾き語りによる路上ライブをはじめ1年間で2万枚のCDを手売りし驚異的な集客力が話題となり2005年メジャーデビュー。劇場版アニメーション『時をかける少女』の主題歌「ガーネット」で注目を集める。聴く人の心にまっすぐ届く唯一無二の歌声は年齢問わず幅広く支持されている。また数々のCMソングや楽曲提供を手掛けるなど活躍の場を広げている。奥華子 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着