L→R 石坪泰知(Vo&Ba)、高橋智恵(Vo&Gu)、阿部貴之(Dr&Vo)

L→R 石坪泰知(Vo&Ba)、高橋智恵(Vo&Gu)、阿部貴之(Dr&Vo)

【FOUR GET ME A NOTS】聴いてくれた
人の気持ちや思い出に作用する曲が必
ず見つかる

満を持して発表したメジャー第一弾アルバム『SILVER LINING』。彼ららしいアルバムでありつつも、新鮮な一面も見せる同作について、石坪泰知(Vo&Ba)に語ってもらった。
取材:石田博嗣

制作に対しては今まで通り、メロディーに妥協しないこと。そして、3人でやれること、できることに対して妥協しないこと。このふたつを主に考えて望みました。毎作品そうなのですが、今回も僕ら3人の等身大なアルバムが作れたと思っています。

…と2ndアルバム『SILVER LINING』について語ってくれた石坪泰知(Vo&Ba)。確かにライヴで観るFOUR GET ME A NOTSの印象そのままの痛快な作品だが、王道のメロディック・パンクもあれば、アコギをかき鳴らす軽快なナンバーもあって楽曲的な振り幅も広く、さまざまなチャレンジもあったと見受けられる。

チャレンジという感覚もなくはないのですが、自分たちがやりたいことの表現の中に今回のような楽曲があったというだけです。でも、やはりアコギとハープの『Blue』はチャレンジでしたね。リズムや音の感じとかも今までにやったことがないものなので、ライヴで表現するために気合入れて練習してます(笑)

そして、注目したいのは歌詞。メッセージ性が強く、自分の生き方や考えが綴られていて、アルバムタイトルが“逆境の中にあっての希望の光”という意味を持っているせいか、苦悶しつつも希望や光を見ているように感じられた。

人生はそういうものだと思っています。苦しいことがあるから、その分楽しいと思える時は心の底からそう思えるので。なので、聴いてくれた人の気持ちや思い出に作用するような曲が必ず見つかると思っています。このアルバムを聴いて、ぜひ感情を揺り動かしてみてほしいですね。

また、FOUR GET ME A NOTSにとって、3人ともヴォーカルをとれることはひとつの武器でもある。その振り分け等をどうのようにして決めているかについて訊いた。

ある程度曲作りの段階で誰がメインで歌う曲なのかは決めています。コーラスに関しては、3人のうちの誰の声がこの曲のこのメロディーフレーズに合うのか、実際に歌のレコーディングに入った時に、3人で話し合いながら考えています。

そんな本作が、バンドにとってどんな作品になったかを最後に尋ねてみた。

ツアーで演奏するのが楽しみなアルバムになりました。
FOUR GET ME A NOTS プロフィール

フォーゲットミーアノッツ:2004年に結成。女性を擁する凡百のバンドとは一線を画す圧倒的なライヴパフォーマンスと石坪と高橋の男女の絶妙な声の絡み合い、それを勢いづける阿部のコーラスワークが特徴。2011年7月にシングル「HEROINE」でメジャー進出を果たした。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着