【WEAVER】『11th TOUR 2016 「Draw
a Night Rainbow」』2016年5月6日
at NHKホール

撮影:高田 梓/取材:荒金良介

 3ピースの自由度、可能性、演奏力を押し広げた魅惑のパフォーマンスに魅了されっぱしだった。

 ニューアルバム『Night Rainbow』レコ発ツアーファイナルは、ド頭から意外な幕開けでスタート。1曲目「You」から杉本雄治(Piano&Vo)はハンドマイクでステージ最前で歌い、それからピアノを弾く奥野翔太(Ba&Cho)と肩を組み、今度は杉本自らがピアノを弾くという流動的なスタイルで、観客の心を鷲掴みにする。また、河邉 徹(Dr&Cho)を含めたメンバー3人がそれぞれ小さな可動式のステージに楽器ごと乗っており、ポジションを変更したりと、演出面でも凝っていた。

 熱いハンドクラップを巻き起こした「くちづけDiamond」の後、この季節にぴったりの「春色グラフィティー」を披露し、歌心あふれるポップな側面も強烈にアピール。中盤には最新作収録の「マーメイド」「クローン」「さよならと言わないで」、ロンドン中心部にあるオシャレなライヴハウスから曲名を付けた「KOKO」、そして「Life」と立て続けにプレイ。カラフルなレーザー光線が舞う中、バラードからアップテンポなロックまで楽曲の振れ幅をこれでもかと見せつける。特にEDM風の味付けを施した新境地曲「KOKO」では大合唱が起きていた。その会場の熱気に“So beautiful、ありがと!”と杉本は告げ、興奮を隠し切れない様子が印象的だった。

 前作から約3年を経たオリジナルフルアルバム。この期間にメンバー全員がロンドン留学をするなど、紆余曲折の道を振り返り、前向きな気持ちになったことを観客に知らせる。ライヴ中に杉本はピアノの上からジャンプして尻もちをつく場面があったものの、それもご愛嬌。“みんなと一緒に歩んでいきたい”と力強く言い放ち、本編ラストを締め括った「Hello Goodbye」は彼らなりの精いっぱいのメッセージソングとして胸に突き刺さった。今のWEAVERは悲喜こもごもの感情を観客とともに分かち合い、未来へ突き進もう!という明るいエネルギーに満ちあふれている。観る者を爽快な気持ちにさせる生命力漲るパフォーマンスに感動した。

セットリスト

  1. Overture
  2. You
  3. Shall we dance
  4. くちづけDiamond
  5. 春色グラフィティー
  6. 管制塔
  7. Welcome!
  8. レイス
  9. マーメイド
  10. クローン
  11. さよならと言わないで
  12. KOKO
  13. Life
  14. 僕らの永遠〜何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから〜
  15. ティンカーベル(ver.EDM)
  16. Boys & Girls
  17. トキドキセカイ
  18. Free will
  19. Hello Goodbye
  20. <ENCORE>
  21. キミノトモダチ
  22. Beloved
WEAVER プロフィール

ウィーバー:兵庫県出身の3ピースピアノロックバンド。2004年に高校の同級生で結成。09年10月に配信限定シングル「白朝夢」でメジャーデビュー。国内外での活動が活発になる中、14年1月末からロンドンへ留学することを発表し、彼らがリスペクトする音楽の刺激を受けながら、半年間語学の勉学に励み7月に帰国。その間にも6月には初となるベストアルバム『ID』をリリース。17年5月にファッションなどでシーズンアイテムを表す言葉に着目したEP『S/S』、続いて9月にEP『A/W』をリリース。2作のアートワークではファッション誌『NYLON JAPAN』とタッグを組むなど、音楽に止まらない新たな表現にも取り組んでいる。WEAVER オフィシャルHP
Twitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』