【FTISLAND】『FTISLAND Arena Tour
2016 「-Law of FTISLAND:N.W.U-」
』2016年4月29日 at 東京体育館

写真提供:ワーナーミュージック・ジャパン/取材:土屋恵介

 韓国出身の5人組ロックバンドFTISLANDが、アルバム『N.W.U』を引っ提げ、初のアリーナツアーを開催。4月29日&30日に東京体育館公演を行なった。

 ホンギ(Vo)、ジョンフン(Gu&Key)、ジェジン(Ba&Vo)、スンヒョン(Gu&Vo)、ミンファン(Dr)は、壮大かつパワフルな「AQUA」からライヴをスタート。エモーショナルな楽曲、ミディアムテンポの楽曲など、さまざまなサウンドを披露し、息の合ったバンド然とした佇まいで、観客を自分たちの世界に惹き込んでいく。ホンギのヴォーカルは以前にも増して力強く伸びやかになっていた。彼の歌を彩るようなジェジンのヴォーカルも冴えまくっている。ジョンフンはギターだけでなくピアノもプレイ。スンヒョンのギターもキレのいいサウンドを奏でていく。ミンファンのドラムはかなりタイトでパワフルだ。MCではメンバー同士のやりとりが楽しく、観客とのコミュニケーションももちろん欠かさない。MCで笑いを誘いながら、歌と演奏は真剣そのもの。そのギャップのバランスがとてもいい。

 さて、今回のツアーではアルバム『N.W.U』の全11曲から10曲が披露された。それは彼らにとって新しいライヴを作るという挑戦の意味も込められている。これまでの楽曲と新たなナンバーを織り交ぜたパフォーマンスは、見事に全観客を熱狂させることに成功し、FTISLANDのライヴ力の高さを存分に見せつけた。そして、ツアーの追加公演として行なわれる、6月24日の日本武道館に期待が高まるライヴだった。

セットリスト

  1. セットリストの公表を控えさせていただきます。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着