L→R 吉田結威(Gu&Vo)、山田義孝(Vo)

L→R 吉田結威(Gu&Vo)、山田義孝(Vo)

【吉田山田】一歩を踏み出すための行
進曲を僕らが歌う

久々に届いたニューシングル「約束のマーチ」。この曲が生まれた背景であり、そこに込めた想いについて語ってもらった。
取材:石田博嗣

今までずっと応援歌を歌ってきましたが、「約束のマーチ」は感謝の気持ちを歌ってますよね。

山田
「約束のマーチ」は3月11日の地震以降に作った楽曲で…誰もが“自分に何ができるんだろう?”ってすごく考えたと思うんですよ。僕たちも同じで…今まで“がむしゃらに応援し続けます!”って言い続けてきたけど、パタッと足が止まってしまって、突然曲ができなくなってしまったんですね。それこそ、“音楽って必要なのかな?”って悩んでしまったんです。でも、そんな自分たちの救いになったのが、友達の“いつまでも元気に、歌をたくさん歌ってね”っていう言葉で。今までもそういう言葉はもらってたんですけど、その時はすごく響いて、“やっぱり、歌っていきたい!”と思ったんです。だから、“頑張れ、頑張れ!”っていうよりも、感謝の歌になりましたね。でも、デビューしてから“あなたに応援歌を届けます!”って歌い続けてきたので、その約束は果たさないといけないっていう想いから、行進曲になってるんですよ。まずは自分たちが歩き出して、その姿を見せたいっていう気持ちがあったというか。
吉田
やっぱり、3月11日は避けて通れない…僕らにもすごく影響を与えた出来事でしたからね。“約束”という言葉は普遍的なことだし、いつの時代でも大事なことだと思うんです。僕らが一歩を踏み出すための行進曲を歌うんで、みなさんはみなさんのやるべきことがあると思うので一緒に歩き出して、一緒に頑張ろう…そういう気持ちを“マーチ”という言葉に込めましたね。
山田
ただ、被災された方だけに向けた曲にはしたくなかったんですよ。直接的に地震の被害に遭ってなくても、さまざまな困難があるだろうし、いろんな意味で全国の人が悩みを抱えていると思うんです。だから、すごく言葉を選びましたね。
吉田
歌詞は最後の最後まで悩みました。まぁ、いつも最後まで悩むんですけど、今回は自分の今の気持ちをより正確に投影したかったんです。嘘は書きたくないし、少しでも混じり気の入った言葉は嫌だったので、すごく時間がかかりましたね。で、ようやく歌詞が書けた時って、もうオケは出来上がっていたんで、ふたりでオケを聴きながら、歌詞を見て“これでまとまったな”って思っていたら、隣で山田がめっちゃ泣いてました(笑)。
山田
ほんとね、歌詞が書けなかったんすよ。“これ、できるのかな?”って思ったぐらいだったので、それが完成した時には、自分たちが一歩進めた気持ちになれたし…もがいてもがいてできた曲なんで、自分たちの踏み出した一歩がかたちになったと思いましたからね。

カップリングの「光」も感謝を歌った曲ですね。

吉田
「約束のマーチ」は行進曲ということもあって、“さぁ、みんなで一緒に行きましょう!”っていう感じで、「光」はひとり向けて“ありがとう”って言ってる曲なので、そういう意味では距離感が違うと思うんですけど、同じテーマ…やっぱり、自然とそういう選曲になりましたね。

そして、ワンマンツアーも発表されたわけですが。

山田
今、そのことばかり考えてますよ。終わった後は元気いっぱいで、ハッピーになれるようなライヴに…やりたいことがたくさんあるから、どこまで具現化できるかって感じですね。ヘリからの登場ってのを考えてるんですけど、それがどこまで実現できるかを、今、交渉中です!(笑)
吉田
誰とだよ!(笑)
「約束のマーチ」
    • 「約束のマーチ」
    • PCCA.70305
    • 2011.07.27
    • 1000円
吉田山田 プロフィール

ヨシダヤマダ:2009年10月にシングル「ガムシャランナー」でメジャーデビュー。13年12月に放送を開始した『NHKみんなのうた』での「日々」が“泣ける歌”と話題になり、5度の再放送を経てロングセールスを記録。一躍その名を拡げ、YouTubeの再生回数は1,400万回を突破した。19年は3年振り2度目となる全国47都道府県ツアーを開催し、同年11月には中野サンプラザホールにて行なった『吉田山田10周年記念「大感謝祭」』にてデビュー10周年を大団円で締め括った。吉田山田 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着