【locofrank】『“Returning” TOUR
2016 ONEMAN』2016年5月2日 at 恵比
寿LIQUIDROOM

撮影:半田“H.and.A”安政/取材:荒金良介

 自主レーベル『773Four RECORDS』をメンバー3人で舵を取り、心機一転作となった6thアルバム『Returning』。そのレコ発ツアーは全カ所ワンマンで、彼らの決意のほどが伝わってきた。「CALLING」から猛ダッシュを掛けると、間髪入れずに「Mountain range」へ。新旧織り交ぜた選曲で、3人の気持ちが一本の矢となった怒濤の攻撃力を見せつける。木下正行(Vo&Ba)の伸びのある歌声に、森 勇介(Gu&Vo)とTatsuya(Dr&Cho)もコーラスで強力に援護。序盤、「Tobacco Smoke」を3回仕切り直す珍事が起きるものの、それも笑いに変えるフランクな空気も良かった。

 “俺たちの始まりの曲”と言ったあと、「'98」をプレイ。青いメロディーを存分に響かせると、中盤では木下が喉を潰して、全国ツアーで4カ所のライヴを飛ばしたことを詫びる。その後、“一本一本のライヴは当たり前じゃない。俺らはやれるところまでやる”と熱く宣言。後半はブライアン・アダムスのカバー「Straight From The Heart」や「HOME」とグッと聴かせる曲で観客の心を奪う。そして、本編を締め括る「START」から「Returning」の流れに会場は大熱狂! それからアンコールに応えると、バンド初期に作られた「HAPPY」、続いて「ONE」と人懐っこいミドルテンポの曲を連発。木下はフロアーに降り、観客と同じ目線で懸命に歌い上げ、シンガロングの渦を巻き起こす。かつてなく人間味を曝け出したパフォーマンスの連続に、ひと皮もふた皮も剥けた彼らの強さを垣間見た。

セットリスト

  1. CALLING
  2. Mountain rang
  3. A GLOSSY DEMOCRACY
  4. Unwanted Age
  5. BE FULL
  6. Tobacco Smoke
  7. Gold mine
  8. ’98
  9. Coconuts Fine
  10. COLOR
  11. voyage
  12. It’s Over
  13. Brings Me Out
  14. Straight From The Heart(ブライアン・アダムス カバー
  15. Grab Again
  16. Weary stars
  17. survive
  18. reason
  19. across time
  20. HOME
  21. Before It’s Too Late
  22. START
  23. Returning
  24. <ENCORE>
  25. HAPPY
  26. ONE
locofrank プロフィール

ロコフランク:1998年結成。大阪在住の3ピースロックバンド。2003年に現在の名前となる。インディーズでの活動を続け、06年1月には自主レーベル773Four RECORDSを立ち上げ、CDリリースからマネジメントまでを一括して全て自主で行なう。ライヴに主眼を置いた活動を続け、近年では中国、台湾、韓国などアジアをはじめ、フランスなどヨーロッパにも活動の場を広げている。さらに、毎年、地元大阪にて主催フェス『FOUR SEASONS』を展開。東日本大震災以降には、東北地方での活動も精力的に行なっている。 locofrank オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着