【Migimimi sleep tight】『Migimim
i sleep tight -Preview Night!!-』
2016年5月1日 at 渋谷VUENOS

撮影:インテツ/取材:山口智男

 メガマソの涼平(Gu&Cho)、the telephonesの松本誠治(Dr&Cho)、元FUNKISTのJOTARO(Ba)、そして元NEXTRADEの宮川依恋(Vo&Gu)からなる新バンドが初ライヴを敢行。まだ結成から約2カ月というところにメンバーたちの意気込みが感じられたが、この時点で発表している曲は2枚の会場限定シングルの全3曲(内1曲はSE)にもかかわらず、披露した全10曲が大歓迎されたのは、観客の大半が各メンバーのファンだったこともさることながら、その10曲が初めて聴いた人にもアピールできるキャッチーな魅力を持っていたからだ。EDM、ディスコ、哀愁のロック、ラップロック…意外にヘヴィなところもある多彩な曲の数々からは“君の人生で一番泣けて、一番踊れるバンド”を掲げる4人組が持っている計り知れない可能性がうかがえ、彼らに対する興味が俄然沸いてきた。

セットリスト

  1. SE.Sleep tight,Gleep night
  2. Akirakeiko
  3. Migimimi
  4. Don't me cry
  5. GOODBYE
  6. Icicle Order
  7. WonderWave
  8. Message
  9. <ENCORE1>
  10. puputan
  11. <ENCORE2>
  12. Migimimi
  13. Akirakeiko Live@Sleep City
Migimimi sleep tight プロフィール

ミギミミスリープタイト:2016年2月25日、涼平(メガマソ)と松本誠治(the telephones)を中心に、宮川依恋(NEXTRADE)、JOTARO(ex.FUNKIST)の4人で結成。同年5月1日に渋谷VUENOSでバンド初披露となるワンマンライヴを開催、大成功を収めた。 Migimimi sleep tight オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着