【NERDHEAD】一緒になれない男女の切
ない想いを描けた曲

So'FlyのGIORGIO CANCEMI(PRODUCE&MC&作詞&作曲&編曲&ミックス)のソロプロジェクト、NERDHEADが1年5カ月振りのニューシングル「どうして好きなんだろう feat. Mai.K」をリリースする。フィーチャリングは、Mai.Kこと倉木麻衣(!)。意外なようで見事なマッチングを見せる新曲について話を訊いた。
取材:土屋恵介

GIORGIOさんのソロプロジェクト、NERDHEADの1年5カ月ぶりの新曲「どうして好きなんだろうfeat. Mai.K」は、Mai.Kこと倉木麻衣さんフィーチャリングということで、かなり驚きました。もともと、接点はあったのですか?

いや、全然(笑)。ずっと活躍されてるビッグシンガーだし、僕もリスナーとして好きだったんです。歌の表現力がすごいし、一緒にできたらうれしいなってダメ元でオファーしたんですよ。そしたらOKが出て、自分が一番驚きました(笑)。この曲の原型は自分の中で温存してたもので、倉木さんなら曲の世界観を最大限に歌ってくれると思ってシングルにしたんです。

じゃあ、倉木さんでなければ出なかった曲だと。しかも、詞が両方とも彼氏彼女がいるのに惹かれ合う男女がテーマのワケありな内容ですね。

好きになっちゃいけない人を好きになってしまう感情って、男女問わずあると思うんです。その気持ちを本人が体験したことなくても分かるかどうかが大事だなと思ったので、曲を渡すタイミングで聞いたんですね。そしたら倉木さんから“すごく分かる、感情移入できる”って言われたんで、元からの歌詞を変えずに、僕のラップのパートを足して作っていったんです。

倉木さんの女性の視点の歌と、GIORGIOさんの男目線のラップが、ドラマを見てるような感覚になりますね。

女性目線での物語を歌う倉木さんの歌声が、ばっちりハマりましたね。僕は男のもろさを出すようなラップをしたんです。お互い男女の想いは一致してるけど、実際は一緒になれない切ない世界観を描けたなって。この状態がいつまで続くのか、終わりがあれば楽だけど、そうじゃないから苦しい。その複雑な感情が出せたと思います。あと、曲のキーが結構高いんですけど、自分の感情をコントロールできない不安定さと、ギリギリのとこで歌う感じがうまく噛み合ったなって。

実際、倉木さんとレコーディングしてみてどうでしたか?

すごく楽しかったですよ。初めて会った時にお互いすごく緊張してたけど、話したら話しやすい人で。スタッフにも愛されてるし、周りの人への気遣いもすごい方でした。いい意味で意外でしたね。歌の録りも早かったです。一発でOKじゃないかなって思うくらい、それだけ実力もすごいんですよ。あと、向上心が高くて。もう十分歌える人なのに、僕とやることで何かを吸収したいって勉強する姿勢が見えて、同じ音楽をやってる人間として影響されましたね。

いい刺激の多いコラボだったんですね。

もっと自分も頑張らないといけないって思いましたよ(笑)。一緒にやって楽しかったって以上に、得るものの多い、自分の分岐点になる作品作りができたと思いますね。あと、僕のラップを誉めてくれたんです。それがここ最近で一番うれしかったですね(笑)。コラボする時って大体自分のことで精いっぱいで、相手のことを考える余裕がないってことが多い。なのに、僕のラップや楽曲全体をどうよくするかを見てくれてた。そこがまた素敵だなって思いましたね。

全然イメージの違う同士のコラボが、こんなにもスウィングするとはびっくりです(笑)。

確かにイメージは違いますよね(笑)。ただ、僕の中では全然違和感なかったんですよ。彼女の曲を聴いててブラックミュージックが好きなんだろうなと思ってたけど、やっぱりそうでしたね。案外共通点があった。

そうなんですか。あと、先日の『Girls Award by CROOZ blog 2011 SPRING/SUMMER』でこの曲を披露した時はどうでしたか?

良かったですよ。やっぱり歌の存在感がすごい。一瞬、倉木さんと同じステージで一緒に歌ってるのが不思議に思えたりもして(笑)。これからも、ライヴで一緒に歌えるタイミングがあったら歌っていきたいですね。

ぜひ、お願いします。では、改めて「どうして好きなんだろう feat. Mai.K」を聴いてくれる人へメッセージをお願いします。

やっぱり、複雑な感情、歌詞の世界に自分を重ね合わせて聴いてもらえたらいいなと思いますね。みなさんも、こういう気持ちは分かると思うので。

NERDHEADとしてここから活動を活発にしていく予定ですか?

はい。もう次のアルバムの準備も進めてるんです。アメリカとか見ても分かるように、フィーチャリングやコラボって当たり前のことなんですよね。僕は曲作りって、どう楽曲をよくするかしか考えてないんです。その上で、すごく楽しみな人たちと一緒に作っていこうかなと思ってます。ちゃんと、NERDHEADのR&Bをベースにした音楽の世界を表現できる人が参加してくれる予定です。初めましての人が多いのもすごく楽しみなんですよね。期待しててほしいです。
NERDHEAD プロフィール

音楽プロデューサー、アーティストである、GIORGIO "13" CANCEMI (ジョルジョ・サーティーン・カンチェーミ)が、ヒップ・ホップやR&Bのテイストをベースに、さまざまなジャンルのサウンドをトッピングした楽曲とフューチャリングアーティストによる共演を行なうソロプロジェクト。プレイヤー・メンバーとして、山田祐一(Keyboard)とSo-HEY!(ヴァイオリン)が参加。2009年、ソロ活動の一環としてNERDHEADを始動。NERDHEADのデビュー曲「BRAVE HEART feat.西野カナ」は着うた(R)ランキングで1位を獲得。 2010年4月、1stアルバム『BEGINNING OF THE END』を発売。2010年より<ユニバーサル・ミュージック>に移籍。2011年10月、Mai.K、TSUGUMI (SOULHEAD)、Ms.OOJA、REDRICE (湘南乃風)ら豪華アーティストを迎えたアルバム『BEHIND the TRUTH』をリリース。その5カ月後の2012年5月にはミニアルバム『CRUISE WITH YOU』を発表し、2013年3月にデビューアルバム『BEGINNING IF THE END』からシングル「My Girl」(2012年11月発売)までの作品から本人セレクトによる選りすぐりの楽曲を収めた初のベストアルバム『SHUFFLE BEST MIX』をリリースした。オフィシャルHP
GIORGIO "13" CANCEMI Official Twitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着