L→R EBI(Ba)、奥田民生(Vo&Gu)、手島いさむ(Gu)、阿部義晴(Key)、川西幸一(Dr)

L→R EBI(Ba)、奥田民生(Vo&Gu)、手島いさむ(Gu)、阿部義晴(Key)、川西幸一(Dr)

【UNICORN】より明確にそれぞれの芸
風が出てきた

再結成後、2枚目のアルバムとなる『Z』が完成! メンバーの個性とバンドの一体感が絶妙のバランスで混ざり合った本作。そして2年振りの全国ツアーについてメンバー5人にたっぷり(ゆるゆると)語ってもらった。
取材:森 朋之

絶対に他ではあり得ない、濃密で自由なバンドサウンドが詰まったアルバムだと思います! まず“Z”(ゼーット)というタイトルについて教えてもらえますか?

奥田
EBIさんが考えたんですよ。
EBI
はい、“EBIゼット”ですから(笑)。
奥田
“なんとか~ゼット!”って言えば盛り上がるし。
阿部
“テッシー(手島いさむ)・ゼット”とかね。

戦隊モノみたいな感じで。

奥田
そうね。勢いがあるかもね、くらいで。
川西
『服部』(’89年リリースの3rdアルバム)みたいなもんかな?
奥田
あれは…やりすぎたね。
阿部
若いからね。
奥田
バカだから。
阿部
ホントにね、若い時の映像とかやめてほしい。カッコ付けちゃって、最悪だよね。殴ってやりたいもん。
奥田
(笑)。偉そうなこと言って、周りにもやらせてたんだもんねえ。

『服部』の頃のユニコーンも最高ですけど、2011年のユニコーンはさらに素晴らしいと思います。阿部さんが作詞・作曲した「Z LIFE」にも“愛する時は今 美しいのは今”っていうフレーズもあるし。

手島
あるがまま、このままで行こうっていうね。
奥田
阿部Bの曲は前向きっていうか、まじめな歌詞が多いかもね、今回。だから、ちょうどバランスがいいんじゃないかな、と。

「手島いさむ物語」もすごいですよね。本格的なハードロックなのに歌詞が“荒れた心には 散歩がええんじゃ”っていう…。

手島
こういうのが芸風になってきてますね。5人でスタジオに入ると、まずこの曲をやるんですよ。
奥田
テッシーはね、自分に何を求められているかイマイチ分かってないんですよ。さわやかな曲とか作ってきたりするから、“それは違うんだ”ってことを分かってもらうために、この曲から始めるんです(笑)。

では、EBIさんが作った「AGONY」はしっかりとメンバーから求められていることを分かった上で…。

EBI
ええ、そうですね(笑)。民生くんには“変な曲だな”ってしみじみ言われましたけど。

ブルースっぽくもあり、ラウンジっぽくもあり、サイケ感もあり。確かにユニークですよねえ。

奥田
“変わってる”っていうのは“いい”ってことですからね。まぁ、でも、より明確にそれぞれの芸風が出てきたのかもしれないですよね。棲み分けっていうか。

民生さんの「頼みたいぜ」はすごくシンプルなロックンロールですね。

奥田
僕は曲作りのスタートが遅れちゃったから、みんなの曲を聴いてから書き始めたんですよ。個人的には“シンプルなのがいいな”って思ってましたけどね。あと、みんなでワーッと歌える感じとか。

なるほど。じゃあ、EBIさんと川西さんがラップをやってる「さらばビッチ」は…。

奥田
求められてたんじゃないですか? 世間から求められてるかどうかは置いといて。あと、これは(作曲者の)阿部Bの優しさですよね。
阿部
ははははは! やらせとくか、っていう(笑)。予想通り、張り切ってやってくれましたけどね。
EBI
川西さんがグイグイ引っ張ってくれて(笑)。ずっと歌詞書いてたよね?
奥田
リリックね。
川西
最初から“さらばビッチ”っていうタイトルだったんですよ。阿部Bに“これ使って”って言われたから、そのまま使いました(笑)。

個人的には阿部さんの作曲、民生さんが歌詞を書いた「ライジングボール」がめちゃくちゃグッときまして。“想像の上をいく”“強い強いボール”っていう歌詞が、まさに今のユニコーンだな、と。

奥田
それもね、阿部Bのデモに入ってたんですよ、“ライジングボール”って。
手島
でも、これはいい曲だよ。“ライジングボール”もそうだけど、阿部Bの大作がいくつかあるでしょ。感動するよね。ぜひ売れてほしいです!

(笑)。すごく濃密ですよね、ホントに。

手島
アルバムのあとはツアーもあるしね。
奥田
段取りいいなあ(笑)。でも、テッシーはよく喋るようになったよね。前はそんなに喋らなかったのに。
阿部
じゃあ、ツアーのMCは任せよう。

前回のツアーは再結成直後だったし、“まさかユニコーンのライヴが観れるなんて!”という驚きもあったと思うんですが。

奥田
うん、そうですよね。じゃあ、今回は…“観るんじゃなかった”っていう感じを出していこうかな(笑)。
手島
いやいや(笑)、面白いと思いますよ。濃密な6月、7月になると思います!
『Z』2011年05月25日発売Ki/oon Records
    • 【初回生産限定盤(DVD付)】
    • KSCL-1796〜7 3570円
    • 【通常盤】
    • KSCL-1798 3059円
    • 【Blu-spec CD】
    • KSCL-20011 3200円
    • 【アナログ盤】
    • KSJL-6159〜60 3500円
UNICORN プロフィール

奥田民生(vo&g)を筆頭に、阿部義晴(key)、手島いさむ(g)、EBI(b)、川西幸一(dr)と現在も第一線で活躍中の名うてのミュージシャンを輩出したことでも知られるロック・バンド。85年、広島にて結成しその2年後、アルバム『ブーム』にてデビューを飾る。89年の大ヒット曲「大迷惑」を収録した3rdアルバム『服部』より、徐々にその音楽的才能/造詣の深さが顕在化し『ケダモノの嵐』『ヒゲとボイン』にて、さらにその屈強なるアーティスト性に拍車がかかっていく。奥田のフェイヴァリットである後期ビートルズを意識したサウンド・プロダクツ、シリアスな中にも遊び心を忘れない詞世界、鬼才トッド・ラングレンを思わせる珠玉のメロディ・ライン……。こうして当代随一のポップ・ミュージック集団へと華麗なる変貌をとげていったのだ。しかし、続く『スプリング・マン』制作途中に川西が脱退。アルバム完成後1993年9月に解散を発表。解散から15年後の2009年元旦に奥田、阿部、手島、堀内、川西の5人がオフィシャルサイトで新年の挨拶ムービーで再結成を発表。アルバム『シャンブル』のリリースと全国ツアーを行うことを明らかにした。UNICORN オフィシャルHP(アーティスト)
UNICORN オフィシャルHP(レーベル)
UNICORN オフィシャルYouTube
UNICORN オフィシャルブログ
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着