【さくらしめじ】『さくらしめじ 春
のワンマンライブ「菌唱- KINSHOW-」
』 2016年4月23日 at 千葉県文化会館
大ホール

撮影:埼玉泰史/取材:土屋恵介

 中学生フォークデュオ、さくらしめじが、2度目のワンマンライヴを千葉県文化会館で行なった。ギターを抱えた田中雅功と、ギターを持ち首にタンバリンを下げた髙田彪我は、生バンドをバックに「せきがえのかみさま」から爽快にライヴをスタート。「いくじなし」「ふうせんはなび」などアップテンポの楽曲で観客を楽しませていく。ふたりの歌、ギターのスキルは確実にアップし、サポート陣との演奏も昨年末の1stワンマン以上にバンド感を増している。ライヴ中のVTRでは、ついに髙田が田中の身長を抜いたことが明らかになるシーンも公開され笑いを誘う。キンモクセイの「二人のアカボシ」、JITTERIN'JINNの「夏祭り」のカバー曲を挟んで、ふたりの弾き語りで「またたび」を歌い、髙田が“びろびろくん”と名付けられたアコーディオンを弾いての「こんこんずし」を奏でたりと、盛りだくさんの内容だ。さらに、枝豆をテーマとしたダンサブルな衝撃の新曲「いーでぃーえむ」を初お披露目したり、ひたすらたまごかけご飯への愛情を歌った「てぃーけーじー」では、髙田が客席でたまごを配ったりと観客を楽しませまくる。アンコールではポップさあふれる新曲「だるまさんがころんだ」を歌唱すると、MCでは田中が笑顔で“ライヴ楽しい!”と声にし、髙田も“言葉で表せないくらい楽しいです。またこのメンバーでワンマンをやりたいです”と続けた。最後に明るさいっぱいの「みちくさこうしんきょく」を観客と大合唱してライヴは締め括られた。ほのぼのとしたふたりの人柄や仲の良さが伝わり、また、演奏面では成長ぶりがしっかりと感じとれる温かいライヴだった。

セットリスト

  1. せきがえのかみさま
  2. かぜいろのめろでぃー
  3. いくじなし
  4. きみでした
  5. ふうせんはなび
  6. ぎふと
  7. 二人のアカボシ
  8. 夏祭り
  9. またたび
  10. こんこんずし
  11. きのうのゆめ
  12. まよなかぴくにっく
  13. さんきゅう
  14. いーでぃーえむ
  15. てぃーけーじー
  16. はじまるきせつ
  17. <ENCORE>
  18. だるまさんがころんだ
  19. みちくさこうしんきょく
さくらしめじ プロフィール

さくらしめじ:田中雅功と髙田彪我による、フォークデュオユニット。2015年3月に両A面シングル「いくじなし / きのうのゆめ」にてデビュー。フリーライヴで全国47都道府県を回る“菌活”の遂行など、精力的な活動を展開! 17年夏より1年をかけて月に1回、日本各地のライヴハウスでライヴを行なっていく『菌育 in the 家(はうす)』を実施し、18年4月には待望の1stアルバム『ハルシメジ』をリリースした。さくらしめじ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着