L→R 阿部義晴(Key)、EBI(Ba)、川西幸一(Dr)、奥田民生(Vo&Gu)、手島いさむ(Gu)

L→R 阿部義晴(Key)、EBI(Ba)、川西幸一(Dr)、奥田民生(Vo&Gu)、手島いさむ(Gu)

【UNICORN】ユルユルだけど濃密。ユ
ニコーンの2011年がスタート!

レコーディングは“合宿な感”ガッチリ
やりました(EBI)

(笑)。前回の『シャンブル』のレコーディングと違っていたところもありましたか? モチベーションだったり、録音の方法だったり。

手島
どうかな? まあ、一緒じゃない?
奥田
うん。曲を作ってる段階では違ってたかもしれないけど、やることは一緒だから。
阿部
全然変わらないですよ、スタジオ作業自体は。まあ、出てくるものが違うから、見えてくるものは違うんだけど。
川西
ドラムは全部レンタルだったから、それが違いと言えば違いですけどね。あと、ロスに着いたばかりの時に楽器ショーをやってて、そこでシンバルとか手に入れたんですよね。それも結構良かったかな。

EBIさんはどうですか? 前回は“16年ぶりに再結成”ということで、かなり久しぶりだったわけですが。

奥田
EBIはね、前のことを覚えてないと思う。
EBI
いやいや(笑)。確かに前回は久しぶりだったから、なんかこう、浮き足立ってた感じはありましたね。
奥田
楽しそうだったもんな、確かに。今回はもう、とにかくテンションが低くて。
EBI
やっぱり“合宿な感”がありましたからね。前回以上にガッチリやったというか。
奥田
だから、煮詰まってたのか(笑)。
川西
時差ボケだったし。
阿部
ずっと“寝れねえ”って言ってたよね。
EBI
もしかしたら、実はテンションが高くて寝れなかったのかも(笑)。寝る時間を惜しんで練習してましたから。
川西
ホントに練習好きだよね。
EBI
でも、夕方くらいになると眠くなるんだよね…。

完璧に時差ボケですねえ。

川西
そう言ってるじゃないですか!(笑) でも、“合宿の感”は良かったかもね。その効果も出てると思うし。

さらに濃密にバンドらしさが出てるというか。まずはシングル「デジタルスープ/ぶたぶた」がリリースされますね。

奥田
はい。

サイケデリックな雰囲気の「デジタルスープ」と脱力しまくりの「ぶたぶた」という両極端の楽曲が収録されていて。

奥田
えーと、シングルはですねえ、出した理由っていうのがイマイチ分かってないんですよ、本人たちが。そもそも、シングルを作るっていう心構えもなかったし。他の曲がシングルでも良かったしね。
手島
まあ、「ぶたぶた」は映画(『これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫』)の主題歌ですから。映画用に阿部くんが曲を書いて、それが見事に当選して。
阿部
当選なのか(笑)。まあ、テレビ番組とかに出た時に「ぶたぶた」だけだと辛くなっちゃうかなって思って。
奥田
「ぶたぶた」で初めてユニコーンのことを知る人もいるかもしれないし。
阿部
それでもいいんだけどね。

ゆるくてフザけたバンドだなって思っちゃうかも(笑)。

手島
そういうわけで、「デジタルスープ」と合わせた2曲でシングルにしよう、と。「デジタルスープ」がシングル向きかどうかは分からないけど、「ぶたぶた」だけを推すよりもいいかなっていう。
奥田
そうなると、「ぶたぶた」が可哀想になってくるな。
手島
映画の公開が近づけば、「ぶたぶた」を演奏する機会もあるんじゃない? テレビにしても、「デジタルスープ」5回、「ぶたぶた」2回くらいの感じで…。
奥田
そんなに出ないでしょ、テレビ(笑)。

「デジタルスープ」、カッコ良いですよね。中期のビートルズっぽい逆回転サウンドが印象的で…。

阿部
あ、そう言えばイントロのところって、6弦がルート音になってるでしょ? あれ、5弦をルートにしたほうが良くない?
奥田
今頃言うなよ!
EBI
録り直しか!?(笑)
阿部
…まあ、そういうことがいろいろあるんですよ。だから、もうちょっと時間を置いてからリリースしたかったんですよね。
奥田
(笑)いくらなんでも、もうちょっと早く気付けよ。
手島
まあ、どっちも良い曲ですから。ふたつとも代表曲ですよ。

今のユニコーンの個性がすごく出てると思います、ホントに。次号ではアルバム『Z』の話をたっぷり訊かせてください。

奥田
はい。よろしくお願いします(笑)。
「デジタルスープ/ぶたぶた」2011年04月27日発売Ki/oon Records
    • 【初回生産限定盤(DVD付)】
    • KSCL 1780〜1 1782円
    • 【通常盤】
    • KSCL 1782 1020円
UNICORN プロフィール

奥田民生(vo&g)を筆頭に、阿部義晴(key)、手島いさむ(g)、EBI(b)、川西幸一(dr)と現在も第一線で活躍中の名うてのミュージシャンを輩出したことでも知られるロック・バンド。85年、広島にて結成しその2年後、アルバム『ブーム』にてデビューを飾る。89年の大ヒット曲「大迷惑」を収録した3rdアルバム『服部』より、徐々にその音楽的才能/造詣の深さが顕在化し『ケダモノの嵐』『ヒゲとボイン』にて、さらにその屈強なるアーティスト性に拍車がかかっていく。奥田のフェイヴァリットである後期ビートルズを意識したサウンド・プロダクツ、シリアスな中にも遊び心を忘れない詞世界、鬼才トッド・ラングレンを思わせる珠玉のメロディ・ライン……。こうして当代随一のポップ・ミュージック集団へと華麗なる変貌をとげていったのだ。しかし、続く『スプリング・マン』制作途中に川西が脱退。アルバム完成後1993年9月に解散を発表。解散から15年後の2009年元旦に奥田、阿部、手島、堀内、川西の5人がオフィシャルサイトで新年の挨拶ムービーで再結成を発表。アルバム『シャンブル』のリリースと全国ツアーを行うことを明らかにした。UNICORN オフィシャルHP(アーティスト)
UNICORN オフィシャルHP(レーベル)
UNICORN オフィシャルYouTube
UNICORN オフィシャルブログ
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着