【Honey L Days】がんばっている人の
テーマソングになってほしい

「まなざし」「believe」に続く三部作の最終章が、今作「がんばれ」でついに完結! 真っ直ぐで熱い想いのこもった新曲と、これからの展望を語ってもらった。
取材:高木智史

「がんばれ」は「まなざし」「believe」に続く応援歌三部作の最終章ということですが、タイトルからしてストレートで真っ直ぐな応援歌になっていますね。

KYOHEI
これまでの2曲は僕たちが普段思ってるような悩みだったり、夢に対することを切々と歌い上げることで誰かが一歩を踏み出せるような、どこか間接的な歌になっていたと思うんです。だから、そうじゃないところの歌が欲しいなと思っていて。“がんばれ”という歌を作ろうと思って作ったものではないんですけど、曲の歌詞だったり、持ってるパワーがそういうストレートなものだったので、この曲のタイトルは“がんばれ”しかないなと思ったんですよね。

“がんばれ”というフレーズが何度も出てきますよね。

KYOHEI
そうですね。でも、押し付けがましい“がんばれ”ではなくて、自分に言い聞かせてるような感じなんです。がんばっている人のテーマソングになってほしいなと思いますね。ただ、一番最後の“がんばれ”は僕らの想いを込めて歌っています。

最後の“がんばれ”はすごくパワーがこもってました。

MITSUAKI
はい。プリプロの段階ではそれはなかったんですけど、レコーディングで、全部録り終わって聴いた時にKYOHEIが“最後にもう1回、がんばれって入れていいですか?”って言って。で、ハモリも入れてふたりで叫ぼうぜって。だから、最後の最後に決まったんです。あと、他の部分で“きっかけはいらない 遅くはないさ”というところがあるんですけど、ここの歌詞が個人的にもすごく納得できるところだったんですよね。一曲の中でそれぞれ聴いてくださった方で納得できる歌詞があると思うのでじっくり聴いてほしいですね。

カップリングも今作は充実していますね。「キセキ」に関しては「ホントの自分」(『天才てれびくんMAX』3月MTK、歌唱:脇菜々香、KYOHEI楽曲提供)のアンサーソングになっていて。

MITSUAKI
始めはアンサーソングをどういうスタンスで書くのかが分からなくて、頭でいろいろ考えていたんですね。でも、結局は今の自分がどう思っているのかを込めることが、そのまま「ホントの自分」のアンサーソングになるんだってKYOHEIと相談して思ったんですよね。だから結果、すごく等身大な歌になったと思います。

「低温ロマンチスト」は音的にエレクトロもあって新しいですね。

KYOHEI
そうですね。これに関してはとにかくライヴでやりたい曲を入れたくて。候補曲はいくつかあったんですけど、一番攻めてるというか、ハニエルのライヴに来て“こういう一面もあるんだ”って思ってもらえるような曲を入れたかったんです。音に関しては“2011年は攻めていこう!”というテーマがあるので、すごく熱い曲になっていると思います。

今作で三部作完結ということですが、今後はどんなことを歌っていきたいと思っていますか?

KYOHEI
現時点で強いて言うなら、ラブバラードですかね。これまでわりと暑苦しいものが多かったですから(笑)。日常の恋愛とか、切ない恋愛の歌でまた共感してもらいたいですね。
MITSUAKI
「まなざし」がきっかけで聴いてくださるいろんな人に出会ったし、その中で得た経験は活かしていきたいですね。やっぱり歌詞で強く共感してもらえるような歌を作っていきたいなと思います。
Honey L Days プロフィール

ロック・バンドでライヴ活動を行なってきた1981年11月29日生まれ、神奈川県出身のKYOHEIと、ゴスペル・グループに在籍し活動してきた1980年5月22日生まれ、大阪府出身のMITSUAKIが、 03年春に共演した舞台をきっかけに結成されたヴォーカル・ユニット、Honey L Days。

08年9月に<avex trax>より1stシングル「Go=Way/Center of the World」でメジャー・デビュー。3枚のシングルをリリースした後、10年5月に発売された4thシングル「まなざし」は、若手人気俳優・山本裕典主演のTBS系『タンブリング』主題歌に抜擢され、着うた(R)先行配信ではデイリーチャート1位を獲得。その後もチャート上位をキープし、CD売上げではオリコンデイリーチャートでは初登場15位を記録。ラゾーナ川崎で行われた発売記念イベントでは約3,000人が見守るなか、堂々たるパフォーマンスを披露し、大成功を収めた。満を持して、6月には1stアルバム『伝えたいことがあるから』をリリースする。

自分達の音楽だけでなく、俳優もこなすMITSUAKI(俳優として活動する際は東山光明名義)と、映画・ミュージカルの作曲や他のアーティストの音楽プロデュースもこなすKYOHEI。多才でありながら、ソロからハーモニーまでこなす2人のヴォーカリストとしての強力な個性がHoney L Daysの最大の魅力である。Honey L Daysオフィシャルサイト
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着