L→R 田中未希(Vo&Ba)、影山広輔(Dr&Cho)、湊 梨央子(Vo&Gu)

L→R 田中未希(Vo&Ba)、影山広輔(Dr&Cho)、湊 梨央子(Vo&Gu)

女性ツインヴォーカルの3ピースバンド、BARBARSがメジャー進出を果たす。デビューアイテムであるアルバム『OPEN!!!』について3人に語ってもらった!
取材:石田博嗣

メジャーデビューアルバム『OPEN!!!』が完成しましたが、初のアルバムでもあるし、今までの集大成的な作品ですか?

梨央子
そうですね。かなり古い曲も入っているし、すごく最近にできた曲も入っているので、今までの私たちと現在の私たちが全部入っている感じです。なんか、必死でしたね。ベストを尽くしてやったら、こういう選曲になったというか。

ポップなものからブルージーなものまで、いろいろな曲調のものが収録されていますよね。

梨央子
最初は1stアルバムだから固めてしまった方がいいのかなって思っていたんですけど、せっかくいろんなタイプの曲があるんだからって意識的にちりばめました。

レコーディングはどうでしたか? テンションも高くて、ライヴで観た感じのままでしたよ。ノーギミックで、ギターも何本も重ねるわけではないですし。

梨央子
それは一番うれしい、お言葉です(笑)。CDとライヴのイメージが違うって言われたらどうしょうって思っていたんで。ライヴ感を大切にしたというか、3人でやっているっていうことが聴いていて見えるようなアルバムにしたかったんです。
未希
3人で出すグルーブってのを出したいと思ってましたね。作られた感じにはしたくなかった。歌入れの時も…足ができて、手ができて、体ができて、最後に心臓を入れるっていう気持ちでやってたし、曲が出来上がっていく感じがすごく楽しかったです。お産? 生まれた!って感じ(笑)。
影山
お産!(笑) でも、分かる。確かに、勢いはどうしてでも出したかったんですよ。例えば、“ここのスネア、気合いが足りないから録り直したいんですけど”みたいな。そういう細かいこだわりがあるから、良い子供が生まれるんですよ(笑)。

歌詞は無邪気で能天気な感じなのに、どこかネガティブなところが感じられたのですが。

梨央子
うじうじしてるところはありますよね。私が書いた歌詞の方がネガティブなところがあるかもしれない…。
未希
梨央子の歌詞って最初はうじうじだらけなんですよ。でも、今回は周りのスタッフからも意見をいただいているので、“これじゃ、うじうじだらけで何も伝えられていない”って言われて、そこからまた書き直しすっていう(笑)。でも、それは私も一緒ですね。出口が見つからなくなっちゃう。だから、今回は歌詞の書き方に関してもすごく勉強になりました。
梨央子
“人に聴かせるんだったら、こうした方がいいな”ってところで書けた…“書かなきゃな”じゃなくて、“書きたい”と思えるようになったんで、人間的にも成長させてもらえましたね。

まさに渾身のアルバムが出来上がったという感じですね。

梨央子
録り終わった時に“これ以上はできない”って思えたし、すごくカッコ良いものができたと思ってます。
未希
ライヴでオープンな感じになりたいんですよね。自分たちもオープンになりたいし、お客さんにもオープンになってほしい…っていうのをずっと思ってたんですけど、アルバムが出来上がった時に、飾り立てたものじゃなくて、自分たちのそのままが出ていると思えたし、裸の自分たちが出せたなって思いましたね。“OPEN!!!”できました(笑)。
影山
ほんと、そうなんですよね。例えば、失敗したところがあっても、それは失敗であって失敗じゃないんですよ。気合いが入ってるし、その時に録れた音が入っている。なので、ストレートなものが作れてすごく良かったと思ってます。
BARBARS プロフィール

バーバーズ:2004年に結成。06年の活動一時休止後、ライヴの観せ方等を変え、歌詞も日本語にし、女性ツインヴォーカルバンドとして再出発! 11年1月1日に“BARBARS”と改名した。 オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着