こんなにも歌が胸に響いてくるのは、そこに彼女の想いや痛みなど、さまざまな感情が宿っているからだ。それを痛感する2ndシングルについて語ってもらった。
取材:土内 昇

メジャーデビューして、何が一番変わりました?

生活は何も変わってないんですけど(笑)、聴いてくれる人のために歌っているという責任感が出てきましたね。前までは“誰が聴いてくれているんだろう? これでいいんだろうか?”っていう不安が歌にも出ていたんですけど、迷いがなくなってきました。“辛い時期に、この曲を聴いて救われました”ってメッセージをくださる方もいて、私も頑張らないといけないって思うし、自分の弱さも堂々と出そうと思えるようになりましたね。

まさしく、今回の「HIDE&SEEK」もそういう曲ですよね。

この曲は2年前にできたんですけど、当時、大事に思っていた人がいたんですね。大切に思うからこそ、お互いが向かうべき道が違うって思うようになって…大事だから側に居たいっていうのが本音なんだけど、それは相手を大切に思っていることなのかって考えた時に、違うなって。自分にとっても、相手にとっても辛いことだけど、背中を押すべきだし、相手の背中を見送るっていうことは自分が背中を向けれていないってことだから、自分も自分自身の道を踏み出していこうっていう決意を表現したくて書いた曲なんですね。大事なものは大事にしているからこそ見えることがあったり、見えないことがあるという意味で、“HIDE&SEEK”ってタイトルを付けたんです。ライヴで歌うことも多いんですけど、節目節目で友達の決断だったり、ミュージシャン仲間の決断に出くわして、その中でこの曲を歌うことによって、自分の背中を押したり、相手の背中を押したり、いろんな出来事をともに経験して一緒に歩んできた気がしますね。私だけの歌じゃないっていうか。

2曲目の「LUV SICK」は、いつも何かのせいにして逃げてばかりいる自分に向けて言われているような感じでした(笑)。

すみません、口うるさい歌で(笑)。友達が就職や転職で悩んでいた時期に書いた曲なんですけど、私自身も同じように悩んだりする時があって、なのに少しでも華が欲しくて、憧れの人を作ったりしちゃうんですよね。 “そんなことしている場合じゃないだろ!”って。ほんとに大事なものっていうのはひとりになった時に見えてくるって思ったので、自分の運命の人は自分の中にいる…運命を変えるのは自分自身なんだって自分を戒めてるんです。対自分だから痛い言葉を投げ掛けていたりしていて…きっと不安だったんでしょうね。ちょうどデビューに向けて、打合せとかをし始めた頃だったんで、とても不安で、何かに寄り添っていたくて…でも、ひとりで考える時間が大事だったりするので、“そうじゃないでしょ!”って気持ちでしたね。すごく自分の理性の部分が出ている曲だと思います。

3曲目の「TOXIN」は“私を毒して”という言葉が印象的でした。“癒して”や“救って”ではないという。

確かにそうですよね(笑)。『LUV SICK』が理性だとすると、『TOXIN』は本能ですね。この曲は相手に求めている…自分に求めているんじゃなくて。だから、どうにもならなくてもがいてしまうっていう。『HIDE&SEEK』のちょっと前ぐらいにできたんですけど、“どうにでもなれ!”って自暴自棄になっていた気持ちの答えとして、すごく悩んだ結果として『HIDE&SEEK』に辿り着いたというのを、この一枚で見せられたらいいなと思っていて。だから、3曲で一枚というか。『HIDE&SEEK』の根っこにあるのが『TOXIN』で、本能の『TOXIN』が理性と葛藤している様が『LUV SICK』なので、3曲がつながっていて1曲ごとに内面に入っていく一枚だなって思います。
HIDE&SEEK
    • HIDE&SEEK
    • COCA-16448
    • 1260円
NIKIIE プロフィール

ニキー:茨城県出身。4歳でピアノ教室に通い、16歳の夏に作詞作曲を始め音楽活動を開始し、高校卒業後に上京。2010年12月にシングル「春夏秋冬」でデビューすると、同曲はパワープレイ歴代女性アーティスト獲得記録を更新した。そして、翌年7月には1stフルアルバム『*(NOTES)』を発表し、初の全国ツアーも成功させた。オフィシャルHP
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着