L→R 小谷嘉一(Vo&Ba)、岩元 健(Vo)、MOTO(Vo&Gu)、永井朋弥(Vo)

L→R 小谷嘉一(Vo&Ba)、岩元 健(Vo)、MOTO(Vo&Gu)、永井朋弥(Vo)

2011年第一弾アイテムは両A面シングル「Fiesta/エール」。+Plusらしさと、進化した姿の両方が垣間見れる作品に仕上がっている。
取材:土内 昇

「Fiesta」はパーカッシブでサンバっぽいサウンドなのですが、新しい要素を取り入れたという感じですか?

MOTO
コニー(小谷)とトモ(永井)が出演した『メンズ校』っていう舞台があったんですけど、その主題歌を+Plusが担当する話から始まって…ある島を舞台としたストーリーだったし、学園祭っていう体でライヴもやったんで、『メンズ校』に触発されたって感じですね。だから、極端なサンバのリズムで始まって、疾走感もあるパーティーチューンになったというか。あと、サウンドが生っぽくなっている…今までは生の音に機械的なグルーブを絡めることにこだわっていたんですけど、今回は生のドラムにシンプルなベースとハードなギター、そしてストリングスっていう感じなので、ポイントはここかなと。

歌詞はアニメ『FAIRY TAIL』のオープニングを意識して?

MOTO
すでに夏からライヴでは歌い続けている曲で、それを気に入って選んでいただいたというかたちなんですよ。
小谷
実際にオープニングに決まってから『FAIRY TAIL』の原作を読ませてもらったんですけど、「Fiesta」と世界観がマッチする…主人公たちは前向きに生きていたり、ストーリーも冒険ものだし、いい感じにリンクしていると思います。
永井
人生とか航海っていろいろなことがあるだろうけど、周りを見れば一緒に騒げて、支え合える仲間がいるっていうのは、その人にとって楽園じゃないのかなって。そういう仲間たちと辿り着いた場所も楽園じゃないかなって。そういうメッセージを歌詞に込めました。
岩元
今までの曲だと未来に向かって頑張ろうっていう感じだったけど、この曲はそこに向かうまでの“今”を楽しむっていうイメージで書いていきましたね。

両A面のもう1曲「エール」は+Plusらしい曲でありながらも、ロックテイストの強いものに仕上がりましたね。

MOTO
楽器さえあればライヴで表現できるものっていうこだわりはありましたね。サウンドの流れとして、「Fiesta」があって「エール」があるっていう意識があったというか。
岩元
自分らでも“+Plusらしい”ってどういうことなんだろうって考えることがあるんですけど、夢に向かってがむしゃらに頑張っている人に対して“それは間違いないじゃない”って歌ってるイメージが自分たちにもあるんで、まさにそういう曲になったなって思いますね。頑張っている人を応援するっていうか、自分たちの背中も押すような曲でもあるという。
永井
たくさんの人から受けてきた応援によってできた曲なので、“+Plusらしい”って言ってもらえることはうれしいんですけど、今までやってきたことから生まれた新しさも表現できたと思います。1年前だったら歌えていない歌詞だし、そんな僕らが発信する“エール”だったらいいなと思ってます。
小谷
やっぱり“進化”なのかな。これが+Plusが得意としているもののひとつなのかなって思いますね。

では、今作は新しいものにチャレンジし、もともと持っているものをさらに掘り下げた感じですか?

MOTO
“掘り下げた”って言うよりも、取っ払ったものの方が多いかもしれないですね。今までだったらシンセとかの中にバンドサウンドがあったけど、バンド自体がグッと前に出てきたような、4人の人間味が見えてきたイメージがあるんですよ。それは“成長”と捉えていいと思うし、それだけシンプルになったと捉えてもらってもいいですね。
+Plus プロフィール

小谷嘉一(vo&b)、永井朋弥(vo)とMOTO(vo&g)、岩元健(vo)からなる新世代4ピース・バンド、+Plus。ロックをベースにしつつも、ヒップホップ/レゲエ/R&Bなどあらゆるジャンルのエッセンスを取り入れ、彼らのハーモニーが奏でる等身大で飾らないストレートなメッセージが強みである。

小谷が出演する映画『イケメンバンク THE MOVIE』がきっかけで、08年12月に結成。同映画の主題歌「Answer」及び挿入歌「You」を担当。役者としても活躍する彼らが、09年8月に<ポニーキャニオン>より、1stシングル「日向に咲く夢」でメジャー・デビュー。新人としては異例の全曲タイアップ付きシングルとして話題を席巻中だ。+Plusオフィシャルサイト
オフィシャルHP
オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着