L→R 石島直和(Ba)、清水葉子(Vo)、郡島陽子(Dr)、大月義隆(Gu)

L→R 石島直和(Ba)、清水葉子(Vo)、郡島陽子(Dr)、大月義隆(Gu)

【UNLIMITS】愛すべき曲たちが増えた
という手応え

約2年半振り、リスナー以上に本人たちも待ち望んでいたというフルアルバム『トランキライザー』が完成した。今回は本作のさわりを語ってもらい、次号でさらに追求していく!
取材:ジャガー

フルアルバムとしては久しぶりのリリースであり、これが2 枚目という。

清水
とにかく早く出したいというのはありました。1stフルアルバム『夢幻シンドローム』を出した時にすごく手応えがあったんで、早くフルが出したくてがむしゃらに曲を作り続けてきました。

そうすると、『茜 -アカネ-』『蒼 -アオイ-』というミニアルバムは、来るフルアルバムへ向けた挑戦でもあったと?

清水
それもありましたね。『茜 -アカネ-』『蒼 -アオイ-』は、自分たちにとっては実験的というか。新しい試みをたくさんしていて。あの2枚で世界が開けたので、次に出すフルはとんでもないことになるなと思いましたね。

ミニアルバムがちゃんと布石になっていて、より高揚できる内容でした。ライヴの画が浮かぶことを軸に、いろんなアプローチをされているのも驚きと新鮮さがありました。今回、初期段階でのみなさんの意気込みなどはいかがでした?

大月
『夢幻シンドローム』は、それまでの自分たちを詰めることで成立できるものだったんですけど、その次ってなると、単純に“1st以降からここまでの自分たち”を全部詰めるだけじゃダメで。自分たちとしても、ある種一枚目で集大成を出せたわけだから、同じようなアルバムを作るのも嫌だなって気持ちもあって。そこへ『茜 -アカネ-』『蒼 -アオイ-』の2作品を生むことができて、ホップ、ステップができたというか。その反面、“大丈夫かな?”みたいな気持ちを瞬間瞬間たくさん感じることもあったんですよ。“こんなフレーズ弾いちゃっていいのかな?”とか。善くも悪くも、UNLIMITSらしさにとらわれていたところが前作はあったんで…“UNLIMITSってバンドはこうだから”っていうバンドの主張をストレートにかたちにできたことで、今回はより自由に挑戦できたかなと。
石島
『トランキライザー』を作るにあたっての制作時間に余裕があり、1曲1曲に取り込んで、理解していく時間が長いおかげで、前作以上に精度は高いと思ってて。ベースだったり、リズムセクションのことに関しては、“よりシンプルに”。どういうアルバムを作りたいのかを考えた時に、今の自分たちの気持ちを明確に、いろんな人に伝えたかったんですね。だから、分かりやすく…なってるのか分からないんですけど、間口を広げていこうという意識はありました。
清水
何回も聴き返すほど『夢幻シンドローム』は大好きな作品だったので、それが最大の敵でした。周りの評価も高かったし、自分たちの中でも基準値も上がってたんで、ドキドキしてたと思うんですよ。どんなものになるのか、自分でも想像が付かなかったし。でも、出来上がってみると、1曲1曲すごく雰囲気があって、UNLIMITSらしさがあって、まとまった12曲だなと思います。愛すべき曲たちが増えたという手応えがあるんで、嬉しいですね。ライヴが本当に楽しみで。私の愛すべき曲たちの中に、新たに加わる『トランキライザー』… 嬉しいです。
郡島
周りを意識した作品。前作は、自分たちのことを好きな人たちに向けて、または自分たちに向けて贈られた作品だったと思うんですけど、今回は他の人たちを振り向かせたいなって気持ちが強くなって。そうすると、必然的になんか分かりやすさとか、シンプルな感じにすべきなんじゃないかなっていうのを考えました。別に軸だけしっかりとあれば、何をやってもいいのかなって改めて思えた作品です。
UNLIMITS プロフィール

アンリミッツ:激しく、切なく、真っ直ぐに突き刺さるヴォーカルと哀愁漂うメロディーライン、そして清水葉子と郡島陽子のコーラスワークを武器とするライヴバンド。オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着