【Lily.】1曲1曲にこだわった
愛のメッセージ

“女神の声”と称され、その歌声が聴く者の心を惹き付けてやまないLily.。ポリシーを明確にしながらも、CLIFF EDGEとのコラボなど幅の広さを見せる1stアルバムが完成!
取材:竹内美保

多彩な声の魅力に驚かされるヴォーカルアルバムの『LOVE Lily.』ですが、1stアルバムということで、描いていた理想やいろいろ心がけたこともあるのでは?

このアルバムは“みんなの心の支えになったり、背中を押してあげたい”という、私からみなさんへの愛のメッセージを込めた作品なんですね。その曲でしか伝えられないこと、表現できないこともあるので、1曲1曲すごくこだわって制作しました。レコーディングしている時は結構頑固でしたよ(笑)

あらっ(笑)。例えば、どういうところが一番?

私、ビブラートを使う部分にすごくこだわるんです。ほんの少しでもうまくいかないところがあると嫌なんです。変な完璧主義というか(笑)。でも、やっぱり曲の中の一番最高のところでレコーディングして、曲の一番素敵なかたちを残したいので…そこに向けて追求していくことも楽しいです。だから、プリプロの段階から本番を意識して、1曲1曲のイメージを広げながら大切に歌っていきました。

「Intro ~Venus beat~」や「Interlude ~Dear You~」もひとつの作品として確立されていますものね。

ありがとうございます。どちらもすごく意味を込めたものなんです。『Intro ~Venus beat~』は心臓の鼓動音から私のアカペラに入るんですけど、うれしいことに私は“女神の声”と言われているんですが、そんな“Lily.=Venus”がこのアルバムで生まれるドギドキ感と幻想的な世界を表現しています。『Interlude ~Dear You~』は私の歌を聴いてくれる人へのお手紙のつもりで詞を書いたし、私が小さい頃から大切に思っているクラシックの曲をベースに作りました。決して単なるイントロやつなぎではないので、何かを感じていただければと思います。ただ、私自身が一番聴いていただきたいのは『もう一度 ~Love me again~』という曲なんです。この曲は“好き”という気持ちを残したまま失恋してしまうという私自身の経験が基になっていて、“この人とはもう二度と会うことができないんじゃないか”という別れをした後、深い悲しみがある中で相手を思う気持ちがさらに大きくなっていってしまう…そういう歌なんです。でも、根底には“今大事な人がいる人は、一瞬一瞬を大切に。相手をやさしく思う気持ちを持ってほしい”という想いを込めているので、そのメッセージが伝わればと思ってます。

個人的には「この手をつないで」の“もっと頼っていいよ”という言葉、そして「ALONE」の最後の英語部分の歌声にグッとくるものがありました。「ALONE」はすごくドラマを感じる作品でもありますし。

そう言っていただけるとうれしいです。『ALONE』はロック調の曲なんですけど、心の弱さや奥底の孤独を表現しました。最後の英語の部分は特に心の叫びを表したかったので、私自身もすごくこだわりましたね。『この手をつないで』は“今すごく悩んでいる人がいて、闇にいるのだったら、私が温かい光になって照らしてあげたい。一緒に前に進んでいきたい”という想いを込めたメッセージソングで、この曲はすごく言葉を選びました。日本語の大切さを考えて、温かみがあって包み込めるような表現をしているので、他の歌詞とは違うものになっていると思います。

では、今作でLily.さんと出会う方へのメッセージを。

心が温まったり、今日より明日は一歩前に進めますように、という想いを歌に込めました。この作品を聴いて、Lily.が隣にいるように感じてもたえたらうれしいです。
Lily. プロフィール

音楽好きな両親の影響で、歌うことが大好きだったLily.は歌手を夢見て、09年に<Venus-B/KING RECORDS>へ送ったデモ・テープの歌声がスタッフの心を動かし、メジャー・デビューに向けてのプロジェクトがスタート。1/fのゆらぎ成分に立証された女神の声ともいうべき、透明感のある癒しの歌声、人々の琴線に触れる歌声は、音響研究の専門家も絶賛の声を上げる。

10年7月、着うたフル(R)先行配信において、【レコチョク】クラブフルウィークリーランキング1位を獲得した1stシングル「遠く離れた場所で feat. C」でメジャー・デビュー。歌声に加え、キュートで親近感溢れるルックスと友達感溢れるキャラクターは、新世代歌姫として今後の活躍を十分に予感させる。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着