L→R KYOHEI(Vo&Gu)、MITSUAKI(Vo)

L→R KYOHEI(Vo&Gu)、MITSUAKI(Vo)

【Honey L Days】示したいものがひと
つのかたちとなった

9月に赤坂BLITZでのツアーファイナルを大成功に収めたHoney L Daysが早くもニューシングルをリリース! 3曲ともに応援歌でまとめ、それは彼らの今のスタンスを明確に示した作品となった。
取材:高木智史

1stアルバムのリリース後にツアーを行ない、ファイナルは赤坂BLITZでのワンマンでしたが、そのツアーはおふたりにとってどのようなものになりましたか?

KYOHEI
どのライヴも僕たちにとってすごく大事なものになりましたけど、赤坂BLITZでのファイナルはひとつの区切りになるものになりましたね。去年、デビュー記念日にShibuya O-WESTでワンマンをやらせてもらって、そこから考えると着実にステップアップしてるんだという実感もあります。でも、赤坂BLITZでライヴをやれたことで次への目標もできたと思います。
MITSUAKI
そういう気合いは入りましたね。それに4thシングルの「まなざし」が僕らにとってほんとに大きな存在だと思ったというか。ライヴで歌う度にお客さんから“元気をもらえました”という声を聞いて、これから自分たちはもっと人に元気を与えることができるような歌を歌っていかなければと思いましたね。

その言葉通り、今回のシングルは3曲ともに応援歌ですよね。

KYOHEI
3曲ともまったく違うかたちの応援歌ができましたね。特に「Believe」は「まなざし」の第二弾と言えるの曲で、どの曲も自分たちの真っ直ぐな気持ちが込めれたと思います。

両A面の「Believe」はそういう側面のある曲だったんですね。

KYOHEI
はい。最初から「まなざし」の遺伝子を持った曲を作ろうと思って作っていきました。ミドルテンポでサビではふたりで歌い上げるように。
MITSUAKI
誰が聴いても分かりやすいけど、力のこもった歌詞というね。
KYOHEI
この曲で一番伝えたいことはタイトルの通り、自分を信じることなんですけど、それって簡単なようで、すごく難しいことだと思うんです。この曲は『柔道グランドスラムTOKYO 2010』のテーマ曲になっていまして、柔道ってまさに自分を信じるということがすごく大切な競技だと思うんですよ。自分の中で何かを懸けて突き進んでいる人たちに聴いてもらいたい曲ですね。

一方の「My Only Dream」はバンドサウンド全開で、歌詞も感情的ですね。

MITSUAKI
きたー!って感じですよね(笑)。デモを聴いた時にもうイントロからKYOHEIワールドが全開やなってめっちゃ感じて。同時にこれは気合い入れて歌わないとあかんな、じゃないと埋もれる…みたいな緊張感も持てて。それで出だしの“限界を超えて 派手にブチかまそうぜ”っていうところに思いを込めて歌いました。そこがこの曲、自分の歌の肝ですね。このレコーディングの時も常に“限界を超えていこう!”っていうのが合言葉でしたし(笑)。
KYOHEI
この曲は『デュエル・マスターズ』の主題歌になっていて、朝の早い時間帯にやってるアニメなので、朝から元気にぶちかますようなイメージがいいなと思って作っていきました。この曲もそうですけど、このシングルで僕たちが示したいものがひとつのかたちとなったというか。真っ直ぐに頑張っている方たちに、届いてくれたらうれしいですね。
Honey L Days プロフィール

ロック・バンドでライヴ活動を行なってきた1981年11月29日生まれ、神奈川県出身のKYOHEIと、ゴスペル・グループに在籍し活動してきた1980年5月22日生まれ、大阪府出身のMITSUAKIが、 03年春に共演した舞台をきっかけに結成されたヴォーカル・ユニット、Honey L Days。

08年9月に<avex trax>より1stシングル「Go=Way/Center of the World」でメジャー・デビュー。3枚のシングルをリリースした後、10年5月に発売された4thシングル「まなざし」は、若手人気俳優・山本裕典主演のTBS系『タンブリング』主題歌に抜擢され、着うた(R)先行配信ではデイリーチャート1位を獲得。その後もチャート上位をキープし、CD売上げではオリコンデイリーチャートでは初登場15位を記録。ラゾーナ川崎で行われた発売記念イベントでは約3,000人が見守るなか、堂々たるパフォーマンスを披露し、大成功を収めた。満を持して、6月には1stアルバム『伝えたいことがあるから』をリリースする。

自分達の音楽だけでなく、俳優もこなすMITSUAKI(俳優として活動する際は東山光明名義)と、映画・ミュージカルの作曲や他のアーティストの音楽プロデュースもこなすKYOHEI。多才でありながら、ソロからハーモニーまでこなす2人のヴォーカリストとしての強力な個性がHoney L Daysの最大の魅力である。Honey L Daysオフィシャルサイト
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着