4枚目のシングルは、諦めかけた夢や大切なことを“オトシモノ”に例えたという、赤裸々な胸の内が描かれた初のバラード。彼女がここから伝えたかった真意とは?
取材:武市尚子

今回は最初からバラードでいこうと?

リリースされるのが冬だったので、季節的にもバラードがいいなぁって思ってたんです。もともと曲を作り始めた頃はバラードが多くて。自分の原点でもあるので、いつかシングルでも出してみたかったんです。

そんなバラードに乗る歌詞は、どういう気持ちを描こうと?

すごくリアルな感情ですね。みんなから見たら、デビューして自分の夢を叶えることができた私は悩むことなんて何もないんだろうなって思われてると思うんですが…その一方で失ったものや、夢が叶ったからこその苦労もあったりするんです。今回の歌詞は、そんな自分の想いを包み隠さず書きました。今までは自分の内面だったり、弱い部分は、隠そうと思っていたんですけど、今回はこういう感じのバラードなので思い切って吐き出してみることにしたんです。

TBS系ドラマ日曜劇場『獣医ドリトル』の挿入歌でもありますが、そことのリンクは?

もともと歌詞のテーマや曲調は自分の中でずっと温めてきたものだったんですが、ドラマのお話をいただき、原作やドラマの台本を読ませていただいた時に、自分が書きたかったこととリンクしているなと感じたんです。『獣医ドリトル』は命の大切さが描かれている物語なんですが、『獣医ドリトル』のスタッフの方にこの作品で描いている、助からないかもしれない命が運ばれてきた時でも何とか助けようと諦めないで頑張る想いと、大切なモノをオトシモノに例えて書かれた、諦めかけた夢を諦めてしまわず、何としてでも叶えたいという気持ちに変えていこうとする歌の想いがリンクしているって言ってもらえて、この曲を選んでいただけました。ドラマの挿入歌になることが決まってから、もう一度歌詞を見直して、今までにないくらい悩んで書き上げました。いろんな角度や視点に立って言葉の表現を変えてみたりして…それこそこの歌詞のためだけにノート1冊使ってしまったぐらい(笑)。でも、それだけ悩めただけ、今のかたちにはすごく満足しています。

ずっと温めてた大切なテーマだったからこそ、ご自身でも悩まれる部分が多かったんでしょうね。サウンドは、ギター以外の弦の音も加わることで厚みを出していますよね。

はい。大人数での生の弦の演奏を入れてみたかったんです。でも、ただ綺麗なバラードにはしたくなくて。この曲が持っている、苦しみながらの前向きさを表現するためにエレキの音色を加えました。歌う時も、音色に感情を押し上げられた感じでエモーショナルに歌いました。

なるほど。2曲目の「ウソつき」は、miwaさんの奏でるギターの音がダイレクトに響く曲ですね。

ずっと生にこだわってきたドラムを打込みのループにしてみたり、スクラッチ音を入れてみたんですよ。そのおかげで、よりギターの生音が前に出た感じになりましたね。歌詞は友達との会話の中で感じる共感する想いに対して書いたものです。

3曲目はデビュー曲である「don’t cry anymore」のピアノバージョン。入れようと思ったのには意味があったのですか?

デビューした年の最後を締め括るように、1年の成長を残す意味でもデビュー曲をここに入れたかったんです。武部聡志さんのピアノの伴奏で一発録りで録ったんですけど、すごく素敵な経験になりました。来年はアルバムも出したいと考えてますし、さらに多くの経験をしていけたらいいなと思っています。
「オトシモノ」2010年12月01日発売Sony Music Records
    • 初回生産限定盤(DVD付)
    • SRCL-7427〜8 1575円
    • SRCL-7429 1223円
miwa プロフィール

1990年6月15日生まれ、東京都出身の女性シンガーソングライター。音楽好きな父親の影響でいつも音楽が身近にある環境で育ち、15歳から曲を書くようになる。2010年に1stシングル「don't cry anymore」でメジャーデビュー。同年4月にニッポン放送『miwaのオールナイトニッポンR』がスタートし、8月にカバー曲「僕が僕であるために」(原曲:尾崎豊)、「青空」(原曲:THE BLUE HEARTS)をデジタル・リリースした。11年1月、『第25回日本ゴールドディスク大賞』にてザ・ベスト5ニュー・アーティストを受賞。2月発表した5thシングル「春になったら」は、期間限定でJR東日本山手線原宿駅の発車メロディに起用された。同年4月にニッポン放送『miwaのオールナイトニッポン』が放送開始。同月に発売した1stアルバム『guitarissimo』はオリコン週間チャート1位にランクインした。12年3月に『COTTON USA』のイメージ・キャラクターに抜擢され、8月にシングル「ヒカリへ」をリリース。13年1月に発表した10thシングル「ホイッスル~君と過ごした日々~」は『第91回全国高等学校サッカー選手権大会』の応援歌に決定。3月に自身初となる武道館公演『miwa live at 武道館 ~卒業式~』を実施し、12月に『NHK紅白歌合戦』初出場を果たした。14年2月に13枚目となるシングル「Faith」を発表。3月に『miwa spring concert 2014 "渋谷物語~完~"』と題し、国立代々木競技場第一体育館にて2日間連続単独公演を実施した。miwa オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着