洋楽であり邦楽、しかもロックでありポップスでもある…そんなJAMILの音楽に対する想いに触れつつ、2ndシングル「二人でなくちゃ」について語ってもらった。
取材:土内 昇

いきなりですが、なぜ日本で音楽活動を?

最初はアメリカで音楽をやってたんですけど、高校1年生の時にタイに留学して、それから日本の大学に入ったんですね。ずっと音楽はやってたから、自然に仲間ができて…3人MCのKASUMIっていうグループを組んでインディーズで活動してたから、それが今の音楽活動につながっている感じですね。

母国に戻ることは考えなかったのですか?

お母さんの仕事の関係で2年置きぐらいに引っ越していたし、タイに住んだり、他の海外の国にも住んだりしたんで、あまり“実家”っていう感覚がないから、音楽があればどこでもいいって思っているところがあるんですよ。

バンドではなく、ソロでやっているのは?

KASUMIの時って、僕は英語担当で…いわゆる、“味付けの外人”って感じだった(笑)。僕は伝えたいことがあるから音楽をやっているわけだがら、日本語を使って日本人を感動させたいと思ってたんですよ。だから、ひとりで日本の音楽を聴きまくって勉強して、作詞作曲をやり始めたんです。

やはり意識的にJ-POPを作ろうと?

そうなんだけど、どれだけJ-POPに作ろうと思っても、やっぱり外人が作るからちょっとズレちゃう。でも、僕はそれでいいと思ってるんですよ。僕にしかできない音楽があると思うし、僕にしか書けない日本語があると思うし…自分で言うのも何だけど、今までにないものを作りたいと思ってます。

なるほど。では、「二人でなくちゃ」についてなのですが、デビューシングル「片思イノ想イカタ」はバンドサウンドでのギターロックだったのに対し、今作はポップスですよね。

僕はギターを使って音楽を作っているから、エレキだったり、アコギだったり、基本的にギターが入ったサウンドになるんだけど、デビュー曲はインパクトがあって、覚えやすいメロディーだったから、ギターロックになったんですよ。でも、ちゃんと聴かせられる曲も欲しいと思って、『二人でなくちゃ』を作った…タイの海でボーッとしながら歌詞を書いたんで、こういう夏系のやさしい感じの曲になったというか。だから、意識してこういう曲を作ろうとしたって言うよりも、たまたまその日はいい天気だったし、自然と夏系の曲ができたという感じですね。

歌に説得力があって、気持ちが乗っているのが印象的です。

特にBメロの“どれくらい私のことが好き?”っていうところは、わざとキーを高くしていて…地声だと結構苦しいんだけど、それぐらい強い気持ちで歌いたいパートだから、Aメロはやさしい感じで、Bメロではわざとそういう歌いかたにしましたね。日本語の曲ってストーリーがあるから、そうやって部分によって歌いかたを変えてます。

完成したものを客観的に聴いてどう思いましたか?

初めて生ストリングスを入れたし、やさしい曲になったと思った。友達にも聴かせたんだけど、やっぱり女性にすごく人気があったよ。日本語で作るようになって三番目ぐらいにできた曲なんだけど、すごく日本語を頑張ったと思うね(笑)

カップリング曲も含め、どんなシングルが作れましたか?

デビュー曲と『二人でなくちゃ』をパッと聴くと、同じ人が作っていると思わないかもしれないけど、パッケージされている曲を全部聴いたら、“あっ、JAMILだな”って思えるんじゃないかな。バランスを考えて作ったし、ちゃんと両方のシングルにJAMILの世界観が出ていると思いますね。
JAMIL プロフィール

JAMILは、約4年前に大分県の立命館アジア太平洋大学に奨学生として来日、在学中に友人6人とバンド「KASUMI」を結成。2007年3月にリリースされた1stアルバム『The Balance of Power』は、地道に全国行脚し8000枚を売り上げた。

また2007年11月21日には、自身が参加する作品が同時に3作品もリリースされるという彼の音楽人生で記念すべき日となった。まず、MySpaceを通じて繋がったスーパーユニット、タートルズ4 feat.Metis, SPEECH(ARRESTED DEVELOPMENT),WISE(TERIYAKI BOYZ),JAMILのシングル「Everybody」にも参加。同曲は、テレビ東京系アニメ「ミュータントタートルズ」主題歌に起用され、話題を呼んだ。次に、Aqua Timezの2ndアルバム『ダレカの地上絵』に、アーティスト&イングリッシュ・サポートとして参加。彼の人懐っこい性格が高じて、都内のクラブイベントで大志(vo)と意気投合したことが参加のきっかけとなった。そして最後に、KASUMIとしてリリースしたマキシシングル「Still connected」では、MySpaceを通じて繋がったニュージーランドの国民的アーティストNESIAN MYSTIK(ニージャン・ミスティック)とコラボ。収録曲「Dance Floor」がiTunesの<今週のシングル>に選ばれインディーズとしては異例の5万ダウンロードを記録。大分県のいち留学生とは想像し得ない、常識の枠を軽く飛び越える同日のトリプルリリースを果たした。
そして2010年、遂にソロ・アーティストとしてメジャーデビューを飾ることになった。オフィシャルHP
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着