【JASMINE】黄金のきらめきを放つ珠
玉の曲たち

驚異的なヴォーカルパフォーマンスと、繊細と大胆が同居する歌詞で同世代の女性リスナーから絶大の支持を得るJASMINE。華麗なるデビューイヤーの足跡が描かれた1stアルバムは、まばゆいまでの輝きを放つ強力盤に仕上がった。
取材:金澤隆志

2009年6月に「SAD TO SAY」でデビューを飾ってから1年が経ちました。1年間でシングル5枚というのは結構忙しいペースだったと思いますが、振り返ってみていかがですか?

最後の3枚は1カ月に1枚だったので、あの時は特に大変でしたね。ジェットコースターに乗っているような毎日でした。アトラクションいっぱいのUSJのような1年ですね(笑)

デビューの前後における最大の変化というと?

JASMINEというアーティストとしてやっていく上で、関わってくる人の人数がすごく増えたということですね。クラブで歌っている頃は基本的に私だけのことだったので。たくさんの人たちがブログやmixiのコメントを書いてくれていることも大きな変化かな。みんなの反応を見て、私のこういうところが好き、私の歌詞のこういう気持ちが好きと言ってもらい、それを意識するようになったりしますし。

そういった変化を経て、アーティストとしての自我に目覚めていったと。

ひとり暮らしを始めたことも変化のひとつですね。自分が望むタイミングで曲作りに集中できる環境が欲しかったので。あと、だらしない人間だったので、独立して自分の行動に責任を持てるようになりたいなと思って(笑)

1stアルバム『GOLD』を作るにあたって、“こういうアルバムにしたい”というイメージはありましたか?

これはシングルなどを出す前からずっと描いていたことなんですけど、パレットのようなアルバムを作りたいと思っていたんです。それぞれの曲が違う色で、聴いた人がそれぞれの人生を好きな色を使って絵を描いてほしくて。私がそういうつもりで書いたわけではない曲だとしても、聴く人によって受け止めかたは自由なので、好きなように感じてほしいです。“絵本よりも本がいい”という人の感覚というか。文字だけの本のほうが自分の想像で読めるから。

“GOLD”も色ですが、このタイトルにはどんな想いが込められているのですか?

単純に銀よりも金のほうが好きということなんですけどね。最初は、以前からパレットというイメージがあったので、虹色かなと思っていたんだけど、それでは面白くないなと思って。じゃあ好きな黒かなと思ったんだけど、それも違うなと。それで金に行き着いたわけです。

シングル既発曲以外の新曲を中心にお聞きします。「PRIDE」はオープニングにふさわしい力強い曲ですね。特に“HeiSei!!”という部分が。

若気の至り的なノリですね。“勢い余ってるぜぃっ!”みたいな(笑)。昔そういう曲を書いて面白がられたことがあったんです。“平成”という言葉が出てきたり、やたら強気なところが。改めてやってみたら言葉のハマリもすごく良くて。メッセージ性も含めて、アルバムの入口として相応しい曲かなと。

「Bad Girl.」は一見やさぐれてるんだけど、内面はデリケートな女性の感情を描いているように感じました。

まさにその通りですね。思春期の頃の自分の気持ちを思い出しながら書いたんです。あの頃は言いたいことがたくさんあったのに、曲を書くという表現手段がなかったから曲にはしていなかったので。あの頃一番言いたかったことは、友達もみんなやさぐれていたけど、この中から必ず夢を叶える人が出るよということだったんです。やさぐれロマンスですね(笑)。思春期の頃って、自分の見方が分からないんですよ。自分が一体何者なのか分からなくなって、グチャグチャになっちゃう。だから、今、思春期を送っている子たちにも、自分としっかりと向き合って、自分の見方さえ分かればいいということを分かってほしくて。

「dear my friend」は優しい応援歌といった趣ですね。

単純に、友達に対して思ったことを書いた曲なんですけどね。応援歌なんだけど、背中を押すというよりは、“よく頑張ったね”と言ってあげたい感じというか。

いずれの曲も言葉のチョイスがとても個性的で、印象に残ります。

よくあるような言葉に落とし込もうとしないで、思ったことをダイレクトに歌詞にするというだけです。それがルールというか、逆にルールがないんです。頭の中で引っかかった言葉を歌詞にする作業が面白いんです。

アルバムの中で特にお気に入りの曲はありますか?

特に気に入っているのは『Jealous』ですね。意中の人に好きな人がいた時にこの曲を聴いてもらったら、私のことを仲間と思ってもらえるかも(笑)。ヴォーカリストとして、ライヴで歌っていてすごく楽しい曲でもあります。

やはり、描いているリスナー像は同世代の女の子ですか?

そうですね。彼女たちに共感してもらえればラッキーだし、聴いてくれた人の日常に溶け込んでいければ…というより、むしろ曲がその人の人生をリードしていっちゃうぐらいになれば最高ですね(笑)

最後に、このアルバムを漢字一文字で表すと?

“我”かな。JASMINEそのもの、ということで。名刺代りになる作品になったと思っています。
JASMINE プロフィール

ジャスミン:1989年5月19日生まれ、東京都在住の女性R&Bシンガー。家族の影響で幼い頃から音楽に慣れ親しみ、ゴスペルを通してブラックミュージックと出会い、17歳で本格的にシンガー活動をスタート。その年齢では考えられない驚異的なヴォーカルパフォーマンスと10代の気持ちや感情を見事に表現した歌詞ですぐにその名が噂になり、わずか1年あまりでメジャー契約。ポップスとして驚愕のクオリティーとストリートR&Bのエッセンスを見事に融合させ、今までとはまったく違う新たな世代の登場を実感させた。JASMINE オフィシャルHP
Sony Music Associated Records

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着