【Ame】素晴らしいメンバーに支えら
れてできた作品

これまでに自分が経験して感じたことを素直に歌う。人にどう思われようと、それが自分であるんだと強い意志がうかがえる渾身のミニアルバムが完成した。
取材:ジャガー

本作はアドバイザーに松井常松(ex.BOOWY)氏を迎え、you(Ba)さん、赤井 Baron 茂(Dr)さん、斉藤雅人(Gu)さんらとTeam Ameというバンド編成で挑んだアルバムですが、なぜバンドサウンドにこだわったのですか?

前作シングルの『道標』を出す時点で、ミニアルバム『幻灯』までの流れは組んでいたんです。『道標』は路上から得たものをかたちにして、今作でサポートバンドではあるんですけど、Team Ameとして結束力のある仲間とともに、俺が頭の中で思い描いていた音楽を忠実に再現していこうと。『BRAND』と『同じ月を見上げたら』のピアノはYADAKOさんにお願いしました。

頭の中にあった構想は、バンドにすることで活きると?

そうですね。これまでシンガーソングライターとしてひとりでやってきましたけど、どこかバンドに憧れている部分がありまして。曲を作っている時でも“ここでドラム、ここでベース”みたいな、漠然とではあるけどイメージはあって。それを素直に出したかったんです。ただ、Team Ameと言いつつも僕が一番下っ端で、ちょうど取材前にライヴのリハをやってたんですけど、何回メンバーに圧倒されたことか(笑)

レベルの高い仲間と制作やライヴができることは刺激的ですよね。一枚の作品として流れも良かったですし、バンドサウンドが結構鳴っている中で歌も入ってくる充実した内容でした。

例えば、1曲目と2曲目の間の数秒に雑踏の音を組み込んで、つながりを持たせたり。あと、感性のまま曲作りを始めた人間なので音楽の根本をちゃんと知らないんですけど、メンバーは理論立てて曲に深みを与えてくれて。“この不協和音を入れるんだったら、こういうフレーズにした方が引き立つよ”や“こう言いたいんだったら、こっちの流れにしてみたら?”とか。自分の作った音楽を本人以上に理解してくれてることがうれしかったですね。本当に素晴らしいメンバーに支えられながらできた作品なので、今の自分の50歩先を行く完成度に仕上がりました。

そんな自信作の中で、アコギ1本で歌われている「Ua」がすごく耳に残りました。“歌う”という表現よりも、“叫んでいる”と言った方が正しいぐらい感情を出されていますよね。

アルバムの肝ですね。もしかしたら一番聴いてもらいたい曲かもしれない。最後に“殺してくれ”って言葉があるんですけど、どうしても言いたかった。誤解を招きやすい言葉だけど、すごく重みがあるし、自分をさらけ出す上でどうしても必要な言葉でしたね。その言葉を歌うために曲ができたと言ってもいいぐらいです。最初からきれいに歌いたくはなかったし、それこそ心の叫びであって。でも、音楽としてはいただけない(笑)。これは歌のキーも結構限界まで高いところに設定しているのでキツい部分もあるし、あえて細かな修正もせず、歌った最初の状態を残しているので、音楽的ではないかな。僕は歌詞重視で、メッセージ性を強く打ち出したいので、“Ameというアーティストはどんな人間なんだ?”って感じで聴いてもらいたいですね。

確かに場面は違えど、歌詞から一貫した思いを感じます。

皮肉ぶってるだけですけど(笑)。『幻灯機』や『Leopard』だったりは皮肉ぶってて、それでも俺はやるっていう意志が一番分かりやすいかと。それが今の自分の精神や置かれている状況なんじゃないかって歌にしてみて思いましたね。今は作り終えたことへの開放感が大きいんですけど、実際に完成したCDを手にすると実感は沸くんじゃないかな。とにかくいい作品になったことは間違いないです。
Ame プロフィール

アメ:沖縄県出身のシンガーソングライター。2006年に上京、音楽活動を本格化させ、09年シングル「道標」を発売。自身の答えをみつけるべく、楽曲制作とともにストリートを中心としたライヴ活動を行なう。Ame オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着