L→R 小谷嘉一(Vo&Ba)、岩元 健(Vo)、MOTO(Vo&Gu)、永井朋弥(Vo)

L→R 小谷嘉一(Vo&Ba)、岩元 健(Vo)、MOTO(Vo&Gu)、永井朋弥(Vo)

【+Plus】まだ頑張れてない人にも頑
張ってる人にも聴いてほしい

+Plusらしいポジティブなメッセージが乗るニューシングル「声」。もともとライヴでの定番曲でもある本作の制作背景について4人に語ってもらった。
取材:土内 昇

「声」はライヴでずっと歌ってきた曲ですよね。

MOTO
そうですね。去年の8月から本格的にライヴハウスを回るようになったんですけど、持ち曲が数曲しかなくて、どんどん曲を増やしていきたいっていう時期に作った曲です。

楽曲的にこだわったところは?

MOTO
こだわったっていうよりも、ライヴ用の曲っていうことで変に縛られずにメロディーが浮かんで、無駄なものもなく…だから、結果的にこれで良かったのかなって。まとめたんじゃなくて、自然にシンプルにまとまったんで。

歌詞はポジティブなメッセージを投げかける応援ソングっぽいけど、それは“ちっぽけな僕”に向けて言っていて、変わりたいという想いや葛藤、希望が歌われてますよね。

MOTO
テーマとしては応援歌とかじゃなくて…まだ夢が見つけられてなかったり、どうすればいいのか分からない人って多いと思うんですよ。それを自分に例えてますね。ちょっとしたきっかけでネガティブな自分から一歩踏み出せたりするから、そのきっかけになってくれればいいかなって。
小谷
自分の思い通りにならないことって結構多かったりするじゃないですか。それで自分を信じられなくなったり、周りが信じられなくなったりすることもあると思うんですけど、それってマイナスじゃなくて、その経験したことで逆にプラスになれると思うんです。そういう想いも込めているので、まだ頑張れてない人にも、頑張ってる人にも聴いてほしいですね。
岩元
僕らにも“こうなりたい!”と思ってもうまくいかない現実があるし。いろんな人に聴いてもらって、それぞれの受け止め方をしてもらえればいいんですけど、ステップアップした自分を想像して、理想に近づくように頑張ってもらいたいですね。

歌に関しては?

永井
毎回そうなんですけど、気持ちをマイクにぶつけるっていうことを大事にしましたね。
岩元
レコーディングした時って、まだライヴを本格的にやる前だったので、ライヴのイメージも自分の想像だったんですけど、とにかく言葉を大事に伝えたいと思って…それこそ滑舌とか意識してレコーディングに臨みました。
MOTO
思いきり良く歌うことを意識したので、ピッチ感はところどころアバウトになったりして、最初は録り直すことも考えたんですけど、歌に対する気持ちの部分だったり、この時にしか出ないニュアンスがあると思うので、それを優先したというか。今はライヴで繰り返し歌ってきているから、爆音の中でどう歌えば聴きやすいのかとかも意識するようにもなってるんですけど、当時はそういうことを考えずに、ただ“叫ぼう!”みたいな気持ちで歌っているので、そこを大事にしたかったんです。
小谷
僕は低音を歌っているんですけど、ライヴでは歌わないことにしたんですよ。サウンドがシンプルだし、MOTOがメインで歌っているってこともあって、そこに全員の声を重ねるのもどうなんだろうって。それよりも自分はベースを弾くことに集中したほうがいいというか。それも選択肢としてありかなって。

そして、4月からのワンマンツアーが発表になりましたが。

永井
対バンだと6曲ぐらいしかできないし、持ち曲が少なかった頃は限られたパターンしか作れなかったんですけど、今は曲もあるし、アルバムも見えているから、このワンマンツアーでは“今まで+Plusはこういうことをやってきたんだよ”っていうものが出せるので、素晴らしい時間を届けたいと思いますね。
+Plus プロフィール

小谷嘉一(vo&b)、永井朋弥(vo)とMOTO(vo&g)、岩元健(vo)からなる新世代4ピース・バンド、+Plus。ロックをベースにしつつも、ヒップホップ/レゲエ/R&Bなどあらゆるジャンルのエッセンスを取り入れ、彼らのハーモニーが奏でる等身大で飾らないストレートなメッセージが強みである。

小谷が出演する映画『イケメンバンク THE MOVIE』がきっかけで、08年12月に結成。同映画の主題歌「Answer」及び挿入歌「You」を担当。役者としても活躍する彼らが、09年8月に<ポニーキャニオン>より、1stシングル「日向に咲く夢」でメジャー・デビュー。新人としては異例の全曲タイアップ付きシングルとして話題を席巻中だ。+Plusオフィシャルサイト
オフィシャルHP
オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着