【水曜日のカンパネラ】『ワンマンラ
イブ「OEDO!」』2016年2月28日 at Z
epp DiverCity Tokyo

撮影:yuya shimahara/取材:田山雄士

 “今日は私の父親が来てます。マコトっていうんで、マコトコールしてもらっていいですか?”というMCで一気に盛り上がる2,000人の観客。コムアイ(主演&歌唱)がモーゼのように客席を割って隔たりがなくなるそんな瞬間こそ、コスモが感じられる、水カンのライヴの醍醐味だ。大阪に続くワンマン東京編。即完と言えど、物見遊山で来ているオーディエンスも多い。そうした連中を「猪八戒」「小野妹子」でプチャヘンザに誘い、「ツイッギー」のセグウェイランで驚かせ、「ナポレオン」ではいよいよ神輿に乗ってフロアーを練り歩き、《俺が皇帝だ》と言い放つコムアイ。こうなればもう止まらない。今度は「モスラ」を歌いながら2階席をぐるりと一周。そして、満員御礼の1階を見下ろして沸かせたあと、「桃太郎」で最大の遊びが待っていた。なんと、ウェイン・コイン(フレーミング・リップス)よろしくスペースバブル(!?)がステージに出現! 中に入ったコムアイのクラウドサーフが始まる。しかも、彼女の場合はマイク片手に歌いっぱなし。絶対正気じゃない!! その後もハウス、テクノ、EDMなどがリズミカルに投下される中、「ラー」ではゴールデンテープが場内を舞う。“特効って、ミュージシャンには憧れのステップなんです”と嬉しそうに語るコムアイは、“くだらない番組は出ない”“賞をもらうなら甘やかされるほうじゃなく、無視できない側になりたい”と高い志も表明。「マッチ売りの少女」「メデューサ」での華麗なグラフィックポイ演出、ケンモチヒデフミ(音楽担当)初の生歌「ドラキュラ」含め、さらなる進撃を期待させる公演だった。

セットリスト

  1. 西玉夫
  2. ウランちゃん
  3. ユタ
  4. 猪八戒
  5. 小野妹子
  6. ライト兄弟
  7. ツイッギー
  8. ナポレオン
  9. モスラ
  10. 桃太郎
  11. ディアブロ
  12. ラー
  13. シャクシャイン
  14. モノポリー
  15. ミツコ
  16. マッチ売りの少女
  17. メデューサ
  18. <ENCORE>
  19. ドラキュラ
水曜日のカンパネラ プロフィール

主演・歌唱を担当するコムアイを中心とした、J-POPユニット。12年夏、初のデモ音源となる「オズ」「空海」をYouTubeに配信し、活動を開始。“水曜日のカンパネラ”の語源は、水曜日に打合せが多かったからという理由など、さまざまな説がある。13年3月、マネージャー兼ディレクターであるDir.Fの指令でライヴ活動を開始。同年5月に『クロールと逆上がり』、10月に『羅生門』と立て続けにミニ・アルバムを発表。トラック・メイカーであるケンモチヒデフミによる本格エレクトロ・サウンドとコムアイのキュートな脱力ヴォーカルやシュールなラップが中毒性を生み、熱狂的なファンが増える中、ワンマン・ライヴで鹿の解体を行うなどの不可解な活動でも話題を集める。14年11月、カバー・ミニ・アルバム『安眠豆腐』とミニ・アルバム『私を鬼ヶ島に連れてって』を同時リリース。15年4月、1stEP『トライアスロン』を全国流通盤としてリリース。同年6月より、初のワンマン・ツアーとなる『トライアツロン』を開催。水曜日のカンパネラ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着