【石橋 凌】『Neo Retro Music 2016
』2016年3月6日 at EX THEATER ROPP
ONGI

撮影:竹川潤二/取材:石田博嗣

 今年の7月20日に60歳の誕生日を迎えることから、“R-60 PROJECT”を立ち上げた石橋 凌。第一弾はライヴアルバムのリリースであり、第二弾が今回のツアーである。オープニングで伊東ミキオが奏でる鍵盤をバックに、スツールに腰掛けて歌う石橋。しっとりとした静かな幕開け…だったのだが、曲が進むつれ石橋のテンションは上がり、楽曲に込めたメッセージを届けるように全身を使って熱唱する。今日のライヴが熱いものになることは、もうこの時点で約束されたようなものだ。アコーディオンとアコギで「Just a 16」を披露した後、続く「PALL MALLに火をつけて」からはバンドスタイルとなり、時にバイオリンやホーンも加わって、クールでシック、ジャジーでスタイリッシュなサウンドで観る者を酔わせていく。前述の伊東をはじめ、藤井一彦(Gu)、渡辺圭一(Ba)、池畑潤二(Dr)、梅津和時(Sax)という百戦錬磨の強者メンバーが繰り出す、余裕があるのに隙がないグルーブは、まさに圧巻のひと言。もちろん、それは石橋の歌力があってこその演出だ。ARB時代からワークソングを歌い、今なおプロテストソングを歌い続けているだけに、届けられる一曲一曲にはドラマがあり、リアルがあり、胸の奥まで震わされる。戦場ジャーナリストや戦場カメラマンの功績を讃える「ROCK'N ROSE」や、自分を鼓舞するために書いたという「我がプレッジ」は特に心に染みた。また、ライヴ中に重大発表も! “R-60 PROJECT”の第三弾として、60歳の誕生日に赤坂BLITZにて一夜限りのスペシャルライヴを開催することがアナウンスされた。60歳は“還暦”ではなく、“感激”だと語る石橋が、どんなステージを観せてくれるのか興味津々である。

セットリスト

  1. RESPECT THE NIGHT
  2. Just a 16
  3. PALL MALLに火をつけて
  4. 乾いた花
  5. Heavy Days
  6. TOKYO SHUFFLE
  7. ROCK’N ROSE
  8. 最果て
  9. 形見のフォト
  10. ヨロコビノウタを!
  11. 駄馬のいななき
  12. 抵抗の詩
  13. ダディーズ・シューズ
  14. ラ・ラの女
  15. Dear My Soulmate
  16. Do it ! Boy
  17. 喝!
  18. 我がプレッジ
  19. <ENCORE1>
  20. R&R AIR MAIL
  21. Got My Mojo Working
  22. 縁のブルース
  23. <ENCORE2>
  24. What a Wonderful World
  25. Route 66
  26. <ENCORE3>
  27. パブでの出来事
  28. ピカドンの詩
石橋凌 プロフィール

約20年ものキャリアを誇る硬派ロック・バンド、ARBのフロント・マンとして、また、ダンディーな味わいの演技派アクターとして輝きつづける男の中の男、石橋凌。クールでありながらも熱情にあふれるパフォーマンス/言動で、30代/40代の男性を中心にカリスマ的な支持を有している。
02年7月には、ソロ・アーティストとしてシングル「カクテル・ナイト」でデビュー。大人の色香漂うジャジー・サウンドのなか、スマートかつシャープに唄いあげるアーバン・アダルト・チューンに仕上がっている。ARBとはまた一味違った凌を堪能してほしい。オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着