【AK-69】『NON FICTION 一夜限りの
プレミアム・ライブ』2016年2月27日
at 豊洲PIT

取材:土屋恵介

 自身の事務所『Flying B Entertainment』を立ち上げ、新たなスタートを切ったAK-69がワンマンライヴ『NON FICTION 一夜限りのプレミアム・ライブ』を開催した。本公演はバックバンドを従え、自身の歴史を綴っていくという、まさにプレミアムな内容だ。

 「The Cartel From Streets」「The Throne」などを歌い終えたあと、“名古屋で荒んでいた時にヒップホップと出会い、俺は俺のやり方で、底辺から這い上がってきた”と語り「雨音」を披露し、彼の原点的なB-NINJAHとの「Move on」など次々と投下。そして、MCでは紆余曲折あったこれまでを赤裸々に語る。その出来事がリアルに楽曲に反映されているだけに、ドキュメントムービーを生で観ているような感覚だ。さらに、単に彼のストーリーを追うだけでなく、トークボクサーのLIL'Jやダンサーが入ったりとエンターテインメントされたステージングに、観客の熱量もグングン上昇していく。「THE RED MAGIC」やアメリカのラッパー、ファボラスとの「Oh Lord Featuring Fabolous」など、彼のターニングポイントとなったナンバーを歌唱し、「THE INDEPENDENT KING」をパワフルにラップ。そして、“俺みたいなB級でも、ひとつのことを思い続けて、研ぎ澄ませていけば何かが生まれる。“諦めなかったら夢叶う”とか、そんな綺麗事を言うつもりは一切ありません。だけど、踏み出す一歩がなかったら夢や目標は叶わない。それだけは断言しといてやる”と声を上げた。新たなスタートを歌う新曲「Flying B」を歌い上げ、ライヴ本編をフィニッシュ。アンコールを含め約3時間。AK-69のこれまでとこれからを感じさせる濃密なライヴだった。

セットリスト

  1. The Cartel From Streets
  2. Prologue -The Man They Call Rain Man-
  3. The Throne
  4. 雨音
  5. Underground Kingz
  6. NGY
  7. Click da trigger
  8. CROWZ
  9. From the street
  10. Move on
  11. WHO ARE U ?
  12. You don’t care
  13. Ding Ding Dong ~心の鐘~
  14. IRON HORSE -No Mark-
  15. THE RED MAGIC
  16. SWAG WALK
  17. Oh Lord feat.Fabolous -REMIX-
  18. ICU
  19. START IT AGAIN
  20. Warriors
  21. Lookin’ In My Eyez
  22. ロッカールーム -Go Hard or Go Home-
  23. Rolls-Royce,Diamonds,Bixxhes -Remix-
  24. Buzzin’
  25. #BOSSLIFE
  26. THE INDEPENDENT KING
  27. Flying B
  28. <ENCORE>
  29. PUBLIC ENEMY
  30. Only God Can Judge Me
  31. Give Me Just One Night
  32. And I love You So
  33. YELLOW GOLD
  34. A Hundred Bottles
  35. We Don’t Stop feat.Fat Joe
  36. ONE
  37. IT’S OK
AK-69 プロフィール

エーケーシックスティーナイン:孤高のヒップホップアーティスト。“険しい道を敢えて選ぶ”という自身の歌詞にもある通り、勝ち上がり辛い環境から、頂点を目指すラッパーである。2016年4月、米国の伝説的なヒップホップレーベル「Def Jam Recordings」と契約。最大の魅力であるライブでは音響、照明、演出を全てセルフプロデュースで行い、19年3月には自身4度目の日本武道館ライヴ2デイズを完売し大盛況を収めた。スポーツ選手からの支持も厚く、プロ野球選手の入場曲使用率はNo.1など様々なジャンルのアスリートが楽曲を使用している。またライヴ中のMCの評価が高く、己の生き様から生まれる“言霊”が男女問わず競争社会で戦っているアスリートや経営者にも共感を生み、高級自動車メーカー、高級時計ブランド、スポーツチームなどさまざまな企業のアンバサダーも務めている。AK-69 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着