L→R B-BURG (Hybrid Programmer)、Tack (Vo&MC)、KAZ (Dr)、Ko-KI (Vo&MC)、SIG (Gu)

L→R B-BURG (Hybrid Programmer)、Tack (Vo&MC)、KAZ (Dr)、Ko-KI (Vo&MC)、SIG (Gu)

2010年1月に名古屋発のハイブリッドロックバンド、Hundred Percent Freeがメジャー進出を果たす。まずはデビューに先駆けて、彼らがどんなバンドなのかを探った。
取材:石田博嗣

2003年7月に結成されたわけですが、その時からバンドコンセプトには“HYBRID ROCK”があったのですか?

SIG
まったくなかったです。Linkin Parkみたいなバンドをやりたいと思ってて…ミクスチャーをやりたくて、KAZとで母体となるバンドを作ったんです。

Linkin Parkということは、最初からツインヴォーカルのバンドをやろうと?

KAZ
なかなかメンバーが見つからなかったんですけど、ヴォーカルがふたりっていうのは念頭にありましたね。
Ko-KI
僕はメンバー募集でこのバンドを知ったんですけど、スタジオに遊びに行ったら曲はできていたんで、そこにラップを乗せたりしていたら、いつの間にかメンバーになっていた(笑)。
Tack
その頃はまだ僕はいなくて…僕はSIGと高校の時に一緒にバンドをやってたんですよ。その後は全然違うことをやってたんですけど、“こういうバンドをやりたいからちょっと歌ってみて”って言われて。ブランクがあったからいろいろ戦いながらやってたら、気付けば今に至るっていう感じです(笑)。
SIG
でも、結局は何かに寄せたり、何かを目指すっていうよりも、“このメンバーでやれることをやろう”というのが基本的な姿勢なんですよ。というのも、メンバーチェンジがすごく多かったんです。だから、メンバーが変わっていく中でやれることを追究していったから、ルーツはLinkin Parkであっても同じものにはならないというか。

08年8月に1stミニアルバム『Hundred Percent Free』を、09年5月に2ndミニアルバム『REBOOT』を発表されたのですが、『REBOOT』を最後にベーシストが脱退。そして、現在の編成となるのですが、ベースレスで続けていこうと?

SIG
思い入れがあったというのが正直なところで…長い間、バンドを支えてくれたメンバーなんで。あと、バンドを止めたくないっていうのもあって。ベースレスになることで負担も増えるんですけど、やれないことはないからやってみようって。
KAZ
今まではベーシストがやってくれていたことを、自分らが考えないといけなくなったということで勉強にもなるし、プレイも変わってくるから成長にもつながりましたね。
B-BURG
バンドにとってベーシストとドラマーって肝心要な部分なので、そこが変わるというのは、すごく大きなことだと思うんですね。でも、ベースがいなくなったことを5人全員が大きく重く受け止めて、5人で新しいかたちを見つけていこうってなって。だから、得るものも大きかったって思います。

また、CDだけじゃなく、配信でのリリースもされているのも興味深いのですが。

Ko-KI
今って誰でも携帯電話を持ってるじゃないですか。ライヴを観てもらって、そこで“うわっ、カッコ良いな”と思ったら、すぐにダウンロードできるんで、すぐに聴いてもらえるっていうのがひとつの狙いですね。CDを作るとなると時間がかかるけど、配信だと手早く聴いてもらえるし。
Tack
1曲単位で買えるし、着うたとかもあって、携帯やパソコンで簡単に手に入れられるわけだから…
SIG
時代の波も取り入れてるわけです(笑)。

デビューを控え、どんなバンドにしたいと思っていますか?

SIG
結成当初からメジャー指向でやってたし…とにかく、たくさんの人に曲を届けたいと思ってます。あと、時代に曲を残していきたいですね。
Hundred Percent Free プロフィール

ハンドレッドパーセントフリー:2003年7月に名古屋にて結成。幅広いジャンルを飲み込んだフリースタイルなサウンドでライヴハウスシーンを席巻し、ついに10年1月にメジャーデビューを果たす。Hundred Percent Freeオフィシャルサイト
オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着