L→R 近藤洋一(Ba&Cho)、山口 隆(Vo&Gu)、木内泰史 (Dr)

L→R 近藤洋一(Ba&Cho)、山口 隆(Vo&Gu)、木内泰史 (Dr)

【サンボマスター】世界一キラッとす
るソウルミュージックがやりたかった

サンボマスター史上、最も美しく切ないバラード「ラブソング」が完成。ピアノをメインとした音編成も新しいこの曲。CMソングとして話題騒然「世界をかえさせておくれよ」も収録された、濃厚すぎるシングルの完成です!
取材:フジジュン

シングル「ラブソング」をリリースするサンボマスターですが、近況的には現在はアルバム制作中なんですね。

山口
今回はね、1stアルバムより早く録ろうって。プリプロもしっかりやって、各自でスゲェ練習してきて、最初の音出しから録音するくらいの勢いでやって。そうじゃないと違うんですよ、なんかプロみたいで(笑)。昔は全部そうだったでしょ? 曲もツアーでガンガンやって、“レコーディングやるよ”って時にウワッとやる。アレを今の感覚でやったら、絶対今までの作品を越えられるだろうって。

ちゃんと体に馴染ませて、満を持して録音に挑むと。

山口
そうです。だから前作以降、試行錯誤はあったけど、悩みっつうのはなかったんです。ライヴもいっぱいやったし、曲もいっぱいできたし。ガンガン音楽ができて、バンドとしては今まででも一番良い状態なんじゃないかなぁって。

前作「君を守って君を愛して」にも新曲「ラブソング」にも、バンドの状態の良さが表れてますよね。すごい良い!

山口
今回のシングルは自分の中でも一番良くできましたね。冒険してるつもりはなかったけど、“新しい!”と思う曲になって。結局ね、自分たちの好みで“これは新しい!”と思うことをやろうとすると2年前の自分たちがやっちゃってる気がして、これは参っちゃったなと思ったんだけど、3人がまたいろんなことに気付き始めると、どんどん新しいこともできてくるというかね。今回はまず、音編成に驚かれたと思うんです。

はい。なにせ、ピアノとストリングスがメインで、ギターが入っていないですからね。

山口
でも、僕ら的にはそんな驚きではないというか。僕らのプロデュースなわけで、最終的に決めるのは僕らですから。

バンドサウンドにこだわらなくても、結果、サンボマスターの音になることは間違いないと。

山口
だからね、気負いもなかったですよ。曲を良くするための工夫はありましたけどね。例えば、ストリングスの人たちが何度も繰り返し演奏して構築していくやり方はちょっと違うと思ったから、“ワンテイクでやってくれ”って。それってあり得ないことらしくて、みんな首傾げてましたけど(笑)。
近藤
「ラブソング」はライヴでは1年くらい前から演奏していた曲で、もう4回くらいレコーディングしているんですよ。バンドでやってみたり、ピアノだけでやってみたり…。

じゃあ、ピアノだけになる可能性もあったんだ!

近藤
そう。それが一番良いのであれば、誰も楽器持たなくても良いんじゃないかって。
山口
いっそ、3人でダークダックスみたいな合唱団やってやろうかって。1曲目は「しょじょ寺のたぬきばやし」で(笑)。
近藤
でも、だからこそテイク選びもすごく重要で、“こっちだ!”ってのは俺たちの感覚で選ぶしかないという。
山口
とにかくね、僕は世界で一番キラッとするソウルミュージックをやりたかったんです。男も女も若者もおじいちゃんもも“これだ!”と思うようなソウルミュージックがやりたいんです。そこをふたりとも分かってくれているんだろうなってのは思いましたね。最後までギターは用意したんですけど、入れた途端に新しくないんですよ。なんか違うって。

別れを歌った歌詞やメロディーもすごく良かったです。新しさだけでなく、当然、楽曲の世界観や雰囲気も重要なわけだし。

山口
歌詞もね、別れをテーマに最初作って、2年の間にいろんな別れもあって、だんだん変わってきたんです。
木内
だから、ようやく音源になった感じもありますね。ライヴに来てくれるお客さんの中ではすごく評判の良かった曲だったんですけど、音源になるとライヴとはまた全然違った雰囲気になって、それもすごく良かったし。

「世界をかえさせておくれよ」もすでにライヴで演奏しているし、CMでもお馴染みの楽曲ですね。

山口
「世界を変えさせておくれよ」はいろんな人の声が入ったジェットコースターみたいな曲にしたくて。近ちゃんや木内のパートがあったり、伊藤 歩ちゃんの声も入れて。究極的にノリノリで、ワッと盛り上がれればいいかなって。
木内
縦横斜めと全部の景色を一曲に入れて、パッパッパッと景色が変わっていく。モタモタしてたら置いていかれるようなイメージがしっかり曲に出せたので良かったですね。
近藤
僕はメインボーカルもありますから。ライヴでみんなが踊ってるのを観ると3倍くらい気持ちがこもっちゃって。
木内
気持ち込めすぎて、サビのテンポがもたつくんですよ。
山口
アハハ。でも叫んだ時にね、みんなが笑っちゃうくらいじゃなきゃダメなんですよ! すごすぎて笑っちゃうくらい。

笑いが止まらないアルバムの完成も期待します! 最後にそれぞれ思い出のラブソングを聞かせてください。

近藤
僕はこの間、沖縄のモンゴル800のイベントで、モンパチの演奏で聴いた、小田和正さんの「ラブストーリーは突然に」。あのイントロのテュキュテューンはズルいですね!(笑)
木内
僕は怒髪天の「サムライブルー」。『極東最前線』のコンピレーションで聴いて、“なんだコレは!?”って。
山口
僕はね、小坂 忠さんの「機関車」って曲なんですが。矢野顕子さんが『ピアノナイトリー』でカバーしててね、これが涙なしには聴けない名曲なんですよ!

“機関車”なんてタイトルのラブソングあるの?

山口
ポッポー!って… 違いますよ。悪いよなぁ、すぐ面白い話にしたがるんだから(笑)。
「ラブソング」2009年11月18日発売Sony Music Records/MASTERSIX FOUNDATION
    • 初回限定盤(DVD付)
    • SRCL7155〜6 1575円
    • 通常盤
    • SRCL7157 1223円
サンボマスター プロフィール

山口隆(vo&g)、近藤洋一(b&cho)、木内泰史(dr&cho)が00年に結成。山口の狂気じみた渾身のヴォーカルと、ソウル魂が炸裂するファンク・サウンドでインディーズ・シーンの中でも異彩を放つ存在となり、様々なコンピレーションに参加。03年、オナニーマシーンとのスプリット・アルバム『放課後の性春』をメジャー・レーベルからリリース、同年リリースした1stフル・アルバム『新しき日本語ロックの道と光』が爆発的ヒットを記録した。その後、“コザック前田と泉谷しげる”やYO-KINGのシングル「審美銃」のバック・バンドをつとめたり、松尾スズキの映画『恋の門』の主題歌に「月に咲く花のようになるの」が選ばれたりと、音楽関係者やアーティスト筋にもに絶賛されている。要チェック。サンボマスターOfficial Website
オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着