【INFINITY 16 welcomez 若旦那 fro
m湘南乃風& JAY’ED】


取材:田代直丈

メジャーシーンとインディーズでやって
いることの
意義や違いを音で感じてもらいたい

今作は湘南乃風から若旦那、そして男性R&BシンガーのJAY'EDをフィーチャリングしていますが、どういった経緯で一緒に楽曲を制作するに至ったのですか?

JAY'EDくんは、今年、岡山のフェスで初めてライヴを観たんですよ。その時のライヴがすごく良くて印象的でした。これまでになかったスタイルを持つ男性シンガーですね。しばらくして、シングルを制作するにあたっていろいろ考えた時に、男性シンガーとDJのコンビネーション曲をプロデュースしたいと思ったんですよ。今までやってなかったというのもあったし、ジャマイカではよくあるんですけど、日本の音楽シーンでは意外とそういう曲が少なかったんで。そこで、さわやかで切ない声のJAY'EDにダミ声の若旦那が絡んだら絶対面白いなと。それでふたりにお願いしました。

楽曲の内容に関してのコンセプト等はJAY'EDや若旦那も含めて話し合って進めたのですか?

順序的には、まず若旦那に俺が作ったいくつかのリディムトラックの中から気に入ったものを選んでもらい、最終的に俺と若旦那で決めました。トピックに関しては、ふたりでリディムを聴いて、お互いに曲から想像できる内容を持ち合ったんです。その時、切ないストーリーの恋愛をテーマにしたリリックを想像したんですよ。ふたりである程度バースを詰めてベーシックを作り込んでから、JAY'EDにリディムトラックとテーマを送って歌を吹き込んでもらいました。

「伝えたい事がこんなあるのに」は、どなたが制作した楽曲なのですか?

この曲に関しては、俺がジャマイカに行った際にスタジオで制作した楽曲ですね。今までのシングルに関しては日本国内で制作したものだけだったから、ジャマイカで制作し、さらにダンスホールリディムをシングルにしたのは、今までとは違う自分の側面を出した、初めての試みでもありますね。いい塩梅のポップさを含んだ新しい音を意識したつもりです。

ジャマイカで楽曲制作するのと日本で楽曲を制作するとでは大分違いがありますよね。

そうですね。日本で楽曲を制作する際はいろいろ考えて作り込むんですが、ジャマイカではアルバム用やシングル用とかは全然決め込まないで、常にインスピレーションを重視して自分が“カッコ良いな!”って思えるリディムトラックを制作してますね。ジャマイカ人が感じる音と日本人が感じる音、もちろん同じ日本人でも聴く人によって感じ方や想像するイメージも変化するので、その辺を意識することは多いですね。

NATURAL RADIO STATIONが参加した2曲目「Sexy Chocolate」は、現行のジャマイカで大人気のリディムトラック『BADDAZ』を使用した、NATURAL RADIO STATIONのイメージをいい意味で覆すダンスホールの現場対応の楽曲に仕上がっていますね。

『Sexy Chocolate』は今度発売される、INFINITY16とは別プロジェクトの1Wayアルバム『無限十六Vol.4』に収録されている中の1曲で、そこで使用しているリディムトラック『BADDAZ』使っています。『伝えたい事がこんなあるのに』とは違った雰囲気の楽曲を持ってきた感じですね。INIFINITY16を昔から支えてくれているハードコアなレゲエファンと、メジャーでの活動でINIFINITY16を知って興味を持ったリスナー、両方が楽しめる内容のシングルになったと思いますね。NATURAL RADIO STATIONに関しては、ポップなこともできるけど、現場対応のハードコアな楽曲もしっかり歌いこなせるスキルがあるんですよ。そこで、テーマとしては“ダンスで女の子を踊らす曲”を俺の方から彼らに提示したんです。今回のシングルに収録されている2曲を聴いてもらえればメジャーとインディーズでやっていることの意義の違いを分かってもらうきっかけにもなるし、INFINITY16のやっていることをより深く分かってもらえるきっかけにもなるので、面白いと思いますね。

このシングルをリリース後は、アルバムもリリースされる感じですか?

そうですね。その前に今年の年末に8枚目のシングルのリリースを予定していて、来年の春にはもう1枚シングルを出し、夏頃にアルバムリリースをする予定です。アルバムの内容もリディムトラックや面子もある程度決まりつつあるのでかなり面白い内容になりますよ。これまでの2枚のアルバムはメッセージのコンセプトはあまり考えずに制作していたので、次のアルバムに関してはコンセプトをある程度決め込んで新しい試みで制作してみたいですね。

その他、今後の予定を教えてください。

10月頭には『無限十六VOL.4』を リリースします。あと、今までに録り貯めたジャマイカン・オールディーズをミックスした『FOUNDATION MIX』も制作完了したので、今年中には発売できるかな。メジャーでの動きはもちろん、現場向けの作品もガンガンリリースするので期待してください。あとは、横浜のNINEという箱で毎月第2金曜日にやっているINFINITY16のREGULAR DANCE『REVOLUTION』の全国ツアーを、『無限十六VOL.4』のリリースパーティーとも兼ねてやろうと思っているのでチェックしてください。

最後に読者へメッセージをお願いします。

インターFMで夕方のいい時間帯にレゲエ番組をやれることを、応援してくれてる仲間やスタッフに感謝してます。今後もさらに面白い番組にしたいと思っているので、この番組がきっかけでレゲエを聴く人が増えてもらえればすごくうれしいですね。毎週金曜日の18時からの『UP's BEAT』は必ずチェックしてください!!
INFINITY 16 welcomez 若旦那 from湘南乃風& JAY’ED プロフィール

インフィニティーシックスティーン:1994年にTELA-C(MC)が横浜で活動を開始。98年より、ジャマイカやニューヨークでの滞在を経て02年帰国。帰国直後より、自身が主宰するイベントをはじめ、国内で盛んに行なわれているSOUNDCLASHやBIG DANCE、海外アーティストたちとのイベントや夏の野外フェスティバルに多数参戦、そのアグレッシヴなスタイルの練度を増していく。INFINITY 16 オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着