取材:道明利友

いろいろな気持ちに合う音楽が“Good
Music”

初のフルアルバムということで、まずは率直な感想を聞かせてください。

僕はもともと、親父が本牧にあるアポロシアターで仕事をやっていたこともあり、小さい頃からブラックミュージックと触れ合える環境だったので、自然とそういう音楽が好きになりましたね。中学ぐらいからヒップホップを聴くようになって、それと並行してR&Bやソウルが大好きになったので、歌とラップを両方やっていた時期もありました。マイケル・ジャクソンが大好きだったので、ダンスもやってるんですけど、そういったアーティストやブラックミュージックへの自分なりの愛情が、今回のアルバムでは表現できたんじゃないかなと。

確かに、ブラックミュージックとダンスミュージックが大きな枠としてあるのですが、その中ですごく多彩なアプローチに挑戦している印象もありました。

そうですね。タイトルチューンの『I’m READY』は普段も仲良くしてるT.S.K.をフィーチャーした、ゴリッとしたヒップホップのエッセンスが入った曲だったり、DJ WATARAIさんと一緒に作った『Jump Around』は今までにない結構エレクトロでアッパーな感じですし。これはめちゃくちゃ乗れるものにしたら面白いかなっていうので、どんどん進めていきました。でも、自分的にはまだまだいろんなことをやりたいんですよね(笑)

シンガー、パフォーマー、作詞作曲、プロデュース…現時点でもひとりで何役も十分こなしてると思いますが、本人的にはまだまだだと?

はい(笑)。スティーヴィー・ワンダーにしても、プリンスにしても、自分で楽器を弾いて制作全部をやっちゃうじゃないですか。あれが究極だと思うんですよね。あと、パフォーマーというか、エンターテイナーとしての究極のひとつは、やっぱりマイケル・ジャクソンだと思うんですよ。そのマイケルの作品の多くは、音楽プロデューサーであるクインシー・ジョーンズとのタッグでしたよね。そのくらいの高みまで自分が行けるかどうかは、また別として…“マイケルとクインシーがひとりに同居してれば素晴らしい!”っていうような話です(笑)

そんなSweepさんが思う“良い音楽”の条件とは、一体どんなものですか? “Good music,Good vibration”っていう曲名も、今回のアルバムでは印象的ですが。

自分が聴いて気持ち良いものっていう、単純に言えばそれだけですけどね。気持ち良いものって、シーンに応じていろいろあると思うんですよ。とにかく楽しくなれる、ハッピーになれる、そういうことだけが“Good Music”ではなくて…いろいろなシーンの気持ちに合う音楽が“Good Music”なんじゃないかなって。例えば、今作の『Call my name』は日曜日の夕方とかに映えそうな感じだし、『Good day to you』は晴れた日のお昼の散歩に似合う雰囲気かな(笑)。“切ない時に聴きたい曲”、“楽しくなりたいからこの曲を聴く”みたいな、それぞれのTPOに合ったもの。その瞬間瞬間に欲しいサウンドっていうのが“Good Music”だと思うんで、このアルバムもぜひそういう感じで聴いてもらいたいです。
Sweep プロフィール

1984年2月10日生まれ、横浜市出身。子供の頃から音楽に囲まれた環境で育ち、R&B/ソウル/ヒップホップ/AORなど様々な音楽に影響を受ける。中学・高校時代に夢中になったバスケットボールに因んで“Sweep(スウィープ)”と名乗り、 ラッパーとして東京・横浜のクラブを中心に本格的な音楽活動をスタート。このアーティスト名は、NBAのプレー・オフでの全勝を意味し、音楽シーンのトップを目指す気概を込めたネーム。以後、ラップとメロディを歌うスタイルを経て、シンガーに転向。

06年12月、<フォーライフミュージック>より、1stシングル「Get a dream」でメジャー・デビュー。その後もコンスタントにリリースを重ね、フィーチャリング・ヴォーカルとしてSo'Fly、光上せあらの楽曲に参加。渋谷club asia、二子玉川pinknoiseでのレギュラー・イベントをはじめ各地でライヴ活動を展開。09年8月には1stフル・アルバム『I'm READY』をリリース。自らの実体験をもとに書かれた歌詞とメロディー・センスを兼ね備え、艶やかな歌声と豊かな歌唱力で表現する実力派シンガーだ。Sweep オフィシャルサイト
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着