取材:土内 昇

いつでも初心を思い返させてくれる

昨年12月に結成されたそうですが、そのいきさつは?

小谷
僕とトモは役者をやってるんですけど、『イケメンバンク THE MOVIE』っていう映画で僕がストリートミュージシャンの役で出てて、主題歌を歌ってみようかっていう話になって…それもバンドでやろうってことになったんです。その時にトモは社内オーディションで決まって、MOTOはオーディション雑誌を見て応募してきて、健さんとは知り合いだったんで、僕が推薦する形で参加することになって、この4人が集まりました。

短期間でバンドを固めていった感じですか?

MOTO
そうですね。まずは+Plusとしてどんな音楽をやるのかを見つけようって、4人にフィットするものを手探りで探してました。各々で曲を書いたり、アイデアを出し合ったり…“4人で作っている”っていう空気感も欲しかったんですよね。そういう意味では、ほぼ毎日一緒にいて、すごく濃密な時間をすごしてるので、長くバンドをやられていて“俺たち団結してるぜ!”と思ってる人たちに負けないぐらい結束は強いと思います。
小谷
結構、ぶつかり合うんですよ(笑)。好きな音楽がみんな違うから、自分的に自信があったものでもボツになったり。
MOTO
鼻歌で作った時に、すごくいい曲になると思ってても、4人で合わせるとなんか違ってたり…それって僕ひとりで歌うんだったらいいんだけど、この4人で歌う曲ではないんだなって。逆に、原曲とはまったく違った雰囲気になって、すごく良くなることもあるんで、作詞作曲を“+Plus”にしてるんです。ひとりの色だけじゃないんで。そうやって作っていった中で、一番僕ららしいってことで、「日向に咲く夢」をメジャーデビューの曲に選んだんです。

そんな「日向に咲く夢」ですが、歌詞は自分たちそのもの?

MOTO
最初の2行が決まった時に、この曲の歌詞は“夢に向って頑張ってる”がテーマになると思ったんですけど、まさに僕らも夢を形にしていこうとしているところですからね。
永井
一見、シンプルな歌詞だし、聴く人によって響き方も違うと思うんですけど、深い部分があるんですよ。多くの人が日の当たる場所に出るためにもがいていると思うんですけど、そこで足を止めなければ、いつか日の当たる場所に行けるし、影にいたからこそ日向に出た時にしか見れない景色に気付くと思うんです。そういうメッセージを汲み取ってほしいと思いますね。僕たちにとっても、いつ歌っても、いつ聴いても、“あっ、この時はこんな気持ちだったな”って思えるというか、いつでも初心を思い返させてくれると思うし。

デビュー作に相応しい作品になりましたね。

永井
最高の作品ですね。自信を持って出すので、発売日が待ち遠しいというか、早く聴いてもらいたいです。
岩元
自分たちのできる限りのことを詰め込んだし、もちろん自信もあるので、たくさんの人に聴いてもらいたいですね。

本作でメジャーデビューとなるわけですが、+Plusの掲げる目標というのは?

小谷
ライヴを中心に活動をしていって、近い目標として武道館でライヴを絶対にやりたいと思ってます。
岩元
地道に100人が200人、500人が1000人って増やしていきながらね。
小谷
うん。それも決して遠い目標じゃなくね。そうじゃないと今の勢いがダウンしてしまうんで。そして、最終的に…グラミー賞を狙いたいと思ってます!(笑)
+Plus プロフィール

小谷嘉一(vo&b)、永井朋弥(vo)とMOTO(vo&g)、岩元健(vo)からなる新世代4ピース・バンド、+Plus。ロックをベースにしつつも、ヒップホップ/レゲエ/R&Bなどあらゆるジャンルのエッセンスを取り入れ、彼らのハーモニーが奏でる等身大で飾らないストレートなメッセージが強みである。

小谷が出演する映画『イケメンバンク THE MOVIE』がきっかけで、08年12月に結成。同映画の主題歌「Answer」及び挿入歌「You」を担当。役者としても活躍する彼らが、09年8月に<ポニーキャニオン>より、1stシングル「日向に咲く夢」でメジャー・デビュー。新人としては異例の全曲タイアップ付きシングルとして話題を席巻中だ。+Plusオフィシャルサイト
オフィシャルHP
オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着