【浅井健一】俺の歌を真正面から聴い
てほしい

2年振りのソロ名義での活動を開始した浅井健一が、「FRIENDLY」「Mad Surfer」と2ヶ月連続のシングルリリースで、新境地を提示。歌が光る会心作だ。
取材:今井智子

昨年はSHERBETSで精力的に活動されていましたが、この夏からはソロ名義にシフトですか?

なんか、そういうことです。先のことは分かりません。ただ前に向かって歩いてるってだけで。みんな、自分の人生がどうなるか分かってないでしょう?

それはそうですけど、SHERBETSはお休みということで。

うん。

6thアルバム『MIRACLE』が完成した時には、“SHERBETSがミラクルなんだ”とおっしゃってましたよね。

それは変わらないと思う。

“次のことを考えている”ともおっしゃっていたのですが。

そんなこと言ったっけ?

はい。

大したことじゃないと思うよ(笑)

2009年に入り、「FRIENDLY」「Mad Surfer」とシングルを2カ月続けて発表されますが、これは曲がどんどんできているということで?

それもあるけど、盛り上げようと思って(笑)。続けて出したら盛り上がるかなと思ったんだけど。『FRIENDLY』は2年くらい前にできてた曲なんだ。

盛り上げようというわりに、しっとりと聴かせる曲ですね。

バイオリンがいいでしょ?

はい。どのようにこの曲はできたんですか?

家でギター弾いてたら、ふっとできた。

タイトルから、友情を歌ったものかと。

うん…家で“自分は何をやってんだ?”って思ったりするじゃん。そんなこんなで、どんどん進んでいくのが人生で。

自問しながら?

するんですか?

私もしますね。

やっぱり、“愛”しとらんといかんね。

主題は愛ですか? それとも自分は何をやっているのかと?

それはそうさ。“何やっとるのか?”と思うよ。

浅井さんには珍しい歌詞ですね。

そんなことない、歌ってるよ(笑)。でも、面白い友達がいると、それが薄れるのよ(笑)

「Mad Surfer」も、気の置けない仲間とのサーフライフという感じで。

うん。そういうの楽しいじゃん。カッコ良いでしょ。

ライヴでも、今回のバンドはツインギターなので、ドライブが効いててカッコ良いですね。

カップリングの『SPRING SNOW』も大好きな曲だから、みんなに聴いてほしいなと思ってる。

今回のバンドはどうですか?

すごいことになると思うよ。深沼(元昭)くんは真面目だね。でも、面白い。中条(卓)くんのベースは最高。俺の分かんないリズムを持ってる。すげえと思う。椎野(恭一)さんのドラム、どこまでも声が出る。デカい人だな。(岡村)未央ちゃんもお茶目だし。みんな最高だよ。一生懸命やるから、見とって。

もちろんです。新しいバンドで新曲をやる気分は?

お客さんがうれしい顔してるから、それが全て。俺の歌が、どんだけのパワーがあるか分からんけど、聴いてほしい、真正面から。音でみんながつながればいい。
Mad Surfer
    • Mad Surfer
    • 通常盤
    • BVCL 22
    • 1020円
浅井健一 プロフィール

アサイケンイチ:1990年~2000年までの10年間にわたるBLANKEY JET CITYとしての活動後、自主レーベル“SEXY STONES RECORDS”を拠点にバンドSHERBETS、AJICO、JUDE、PONTIACSやソロ名義で活動。音楽だけでなく詩や絵画の才能も注目を浴びており、独特なセンスで描かれた作品集を発表し個展も行なう。現在は浅井健一& THE INTERCHANGE KILLSとして活動中。浅井健一 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着