取材:ジャガー

ガッツリ活動してきて辿り着いたアルバ

そのままでもライヴで通用する流れの良いアルバムでした。

MORO
正直、“どういう音を選べば自分たちらしいのか?”っていうので、頭の中がぐちゃぐちゃでした。答えが見つかったかと思えば、また迷って…っていうのをずっと繰り返してたんです。でも、バンドの芯をバシッと決めて乗せていかないと、自分たちがフラストレーション溜まっちゃって気持ち悪いなと。そういうのを払拭しようと制作に入って、ある程度の形ができたんだけど、なんかしっくりこなくて一度全部白紙に戻して、イチから作り直したので、今回はかなりの難産でしたね。

その甲斐あって、URCHIN FARMの熱意が伝わる作品ができたように思います。

SOTA
「SERRURIA」と「Role-playing」を先行シングルとして出したんですけど、前のアルバム時には原型がありまして。もともとアーチンってすごい曲のストックが多いんですよ。で、僕も気に入っていたし、いつか世に出してあげたいなって考えてたら、今回のアルバムでハマりました。「Role-playing」はバンドの指標…“URCHIN FARMはこうあった方がいいんじゃないか?”っていうのを模索していた時期に掘り起こされたので、突破口を開いてくれた曲でもあります。
MORO
録ってる時のテンションも高かったな。前のアルバムより確実に粗い部分が多いけど、明らかに自分たちの熱量が違いましたね。雑かもしれないけど、うわーって感じがすごい伝わるものを俺たちは一番やりたいんだって気付いたんです。細かいところにこだわるよりも、“今のヤバい、良いね!”っていう直感を大事にしましたね。だから、今回、大味っちゃー大味ですよ、自分たちとしては(笑)。

アルバムタイトルは自分たちの最上級を出せたのもあって“EST”と付けたのですか?

MORO
それもありますし、“establish=創立、打ち立てる”って意味の“EST”でもあります。“自分たちの音はこれです”っていうのを開始できた。そして、始まった時からすでに最上級のものっていう。ガッツリ活動してきて辿り着いたアルバムなので、最上級のものができた自信があったんです。
SOTA
どんどん知識が増えて、頭が固くなっちゃって“俺はこうじゃなきゃいけない”と勝手に視野を狭めてしまったせいでフラストレーションが溜まっちゃってたけど、おかげでバンドを改めて立ち返ることができたし、ここまで爆発的なエネルギーあるものになったんだと思います。

楽器の音もしっかりと鳴ってますよね。いちプレイヤーとして、競い合ってるような心地良い緊迫感もありました。歌も内容を届けるというより、耳馴染みを重視されてますよね。

MORO
いかに自分の音が前に出れるか?…音でケンカしてる感じもありますよね。リズム隊だけでご飯が食べれるぐらいのビートを刻んで、次に託す。それを聴いてテンションを上げたギターが歪ましてガーッとかき鳴らしたり、歌もエモーショナルに訴えかけてきたりと熱いバトンをメンバー間で回しました。それぞれプレッシャーもあるだろうけど、それが逆に楽しめました。
SOTA
曲ごとに大きなテーマがあって、それを僕が咀嚼して歌詞にするんですけど、自分の意見だけを持ってステージに上がれるようにしました。ただ、意見を押し付けるつもりはなく、お客さんと疎通を取り合いたいんです。好きでも嫌いでも何でもいい、僕たちの曲を聴いて何かしら思ってほしい。こちらの提示方法がシンプルになった分、そこへ挑む根性が付きましたね。
URCHIN FARM プロフィール

99年に矢沢壮太(vo&g)、師崎洋平(g)、斎藤孝(b)、今中哲郎(dr)の4人で結成。当初はコピー・バンドとして活動するが、01年よりオリジナル曲を携え、東京・横浜を中心にライヴを展開する。その後、今中が脱退し、森下哲也が加入。
03年11月、1stミニ・アルバム『RainbowL』を発表。パワーポップなメロディとコーラス・ワーク、そして、日本語だけでなく英語による詞も繰り広げている。URCHIN FARMオフィシャルサイト
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着