取材:ジャガー

ピアノでのロックもいいなと思ってほし

「“TLKY.全部盛り”なアルバムができました。集大成として申し分ないですね」(NAOTO)

と、本人たちも太鼓判を押す1stミニアルバム『KIKIMIMI』が完成した。鍵盤2台とドラムという特殊な編成をとるTLKY.は、どういうものを作ろうと制作に望んだのだろうか?

「ピアノの優しいイメージ、激しいロックなイメージ。それでいて綺麗な音も、汚い音も出せる。そういったピアノという楽器のいろんな面を出したいなと」(AIKO)
「初めてたくさんの方々に聴いていただくものなので、TLKY.がどんなバンドか分かってもらえるような一枚にしたいと思いました。テーマを基にというよりは、今ある全てを詰め込んだという感じですね」(YUKA)

今までのピアノサウンドの定義を打ち砕く、荒々しいロック魂なるものを感じつつも、それとは相反したおしゃれなメロディーが心地良く体内を通っていく。

「曲の中に波を作りたいというか、急に違うリズムにしてみたり、単調すぎるものにならないようにしています。楽器が限られている分、そう思うのかもしれませんね。あとは“ピアノだからこうでなければいけない”ということはなるべく考えないです。歌詞に関しても、いかにその場面をリアルに描くかというよりも、聴いていて耳に残るものだったり、自分が発音しやすい言葉を選んで書いてます。その方が聴いている人も聴きやすいだろうし、自分も歌っていて楽しいので。文字にした時の見た目とかも考えますね」(AIKO)

「あくまでも主役は歌だと思って作っています。それでいてドラムが結構上に乗っかって絡んできてくれるので、アレンジはリズム重視なところがありますね」(YUKA)
「アコースティック然としたものは“なんか違うなぁ” と。ライヴでは“対バン相手より一番やかましくやってやろう”って意気込んでいるので(笑)」(NAOTO)

今回の渾身の一作の中でも、特に印象深い曲についても語ってくれた。

「『AWAIRO』は初めて自分でコードも付けた曲なので、すごく苦労した思い出があります。でも、苦労した分、自分の中で歌っていて一番しっくりきますね。好きな曲です」(AIKO)
「一番最初にできた『FRYDAY』は、初期の頃から今までずーっと演奏していて、何度も練り直して今のアレンジになっているから、一緒にバンドも育ってきた感じがありますね」(YUKA)

最後に、より本作を楽しむためのとっておきの方法を語ってもらった!

「爆音で聴いてくれれば(笑)。そして、ピアノでのロックもいいなと思ってほしいです」(AIKO)
TLKY. プロフィール

テラコヤ:2006年結成。最初はギターを使用していたが、ピアノの方がすんなりできるという理由から鍵盤2台の編成に変更。バンド名の由来は、“響きがよくて印象に残る、ちょっとダサいバンド名”を考えている時に『テレビ寺子屋』を目撃したのがきっかけ。TLKY.オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

編集部おすすめ ライブレポート

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着