取材:石田博嗣

恋愛の歌になるとさらけ出した感がある

「君の名前」は聴き入ってしまって、なかなか質問が考えられなかったです(笑)。でも、NHK番組『ワンダー×ワンダー』のエンディングテーマとして書き下ろした曲なんですよね。

ありがとうございます(笑)。イメージをもらって作ったんですけど、番組に完全に寄り添うわけにもいかないので、自分なりにいろんな解釈をして作った曲の中で、この曲が気に入ってもらえたんです。

どんなイメージをもらったのですか?

温かい曲…番組を観終わった時に、美術館とか博物館を出た時みたいな気持ちになる曲というのは言われましたね。もしくは、想像の翼を広げられるような曲。美術館や博物館に行くとクリエイティブな気持ちになるじゃないですか。そんな番組なので。

そういう感じはありますね。あと、別れた後でも好きになった人の名前が言霊を持ってることにも気付かされました。

そうなんですよ。名前って一種の言霊パワーですよね。しかも、文字情報として認識される…全然違うものなのに、食べ物屋の看板とかで見かけると“あっ!”と思ってしまう(笑)。でも、こうやって名前にとらわれてしまうのは、自分だけじゃないと思うんですよ。だから、とっかかりは自分のことなんだけど、だんだんいろんな人のそういう時の気持ちが自分の中で混ざり合って、言葉も素直に出てきたという感じですね。

歌詞も相手に語りかけるようなものになってますよね。

力強い独り言みたいな感じになってますよね。語りかけてはいるんだけど、実体はそこにはいなくて…でも、自分の気持ちを伝えてるみたいな。だから、ほんわりとやさしく語りかける感じじゃなくて、少し強めの声で歌ってたりするんですよ。凛とした強い自分でありたかったというか。

出だしが“もう泣かないと 決めた”ですもんね。だから、失恋を引きづってる印象はあるけど、前向きに感じられます。

終わりは終わりでしたからね。なのに、名前だけが…って感じで(笑)。そのちょうどいい前向き加減で、こういう歌詞になったんだと思います。決してネガティブなものじゃないし、“ありがとう”的な、“私も頑張るよ”みたいな不思議な立ち位置なんですよね。

曲を作ってる時から、そんな歌詞を書こうと?

一緒に出てきましたね。曲を作る前の準備段階の時から気持ちが高まっていたので、すごく自然に出てきました。自分でも泣いてしまうぐらいに(笑)

それだけ自分が出ている?

完全に自分です。恐ろしい出来事だったんで、これは曲にしないとって(笑)。恋愛の歌ってのは“いち熊木杏里”みたいなものだから自分が出ますよね。恋愛の歌になると、さらけ出した感があるのはなぜなんでしょうね(笑)

前回のアルバムの時もおっしゃってましたが、さらけ出すことができるようになったということですね。

そうですね。ライヴでラブソングを歌ってる時がしっくりときていて、そういう歌がもっと歌えたらいいのにってのを、どこかで思ってたんでしょうね。煮え切らないものがあるのなら出してしまおうって。そういう時期なのかもしれない。で、そのもやもやを誰かと連帯するのもいいなって。作ってるのは自分なんですけど、自分もこういう気持ちに共感して、“そうなんだよな”と思っているひとりなんだって(笑)。だから、誰の歌にでもなり得る曲だと思います。
熊木杏里 プロフィール

1982年1月27日生まれ、長野県出身。フォークソング好きの父の影響で音楽に目覚め、井上陽水をリスペクト。
2002年、マキシシングル「窓絵」でデビュー。自身の疑問や悩み葛藤等を感じたままにストレートに表現する詩と、心に染入る朴訥とした歌声。世代を超えて伝わるメッセージを持ったアーティスト。
また、映画・ドラマ・CMなど映像作品とのコラボレーションが多く、NHK連続テレビ小説「こころ」挿入歌、「3年B組金八先生」挿入歌、CX系ドキュメンタリー「離島にかけるDr.コトーたち」エンディングテーマ、資生堂企業CMソング「新しい私になって」、京王グループ企業CMソング「時の列車」、映画「バッテリー」主題歌、NHK土曜ドラマ「病院のチカラ〜星空ホスピタル〜」主題歌、CX系ドラマ「奇跡の動物園2007〜旭山動物園物語」エンディングテーマなど、数々の映像作品の主題歌やテーマ曲に起用されている。熊木杏里 Official Website
公式サイト(アーティスト)
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着