取材:石田博嗣

SPANK PAGEにとってフックになる曲

梅雨の季節にぴったりの曲ですね。ギターが重なり合って、湿り気のある音空間を作っているし。

結成当時って僕らは6人編成で、僕も合わせてギターが3本あって、サウンドの厚みっていうか、音の壁みたいなものを売りにしていた…っていうか、自然と周りからそう言われていたんですね。そう言われるきっかけになったのが、この曲の前身的な曲なんですよ。4人になってからもライヴでよくやっていたんですけど、今回レコーディングするということでアレンジをし直して、歌詞も書き直したんで、より曲を作るきっかけになった気持ちやエピソードと結び付けた感じになりました。昔はもう少し抽象的で、サウンドを重視してたんだけど、4人編成になってからは歌に対する比重が変わってきたんで。

歌詞を書き直したのは歌を生かすためですか? 抽象的だったものを明確にしたというか。

イメージを絞った感じですね。雨を通じて、自分は何を言いたかったのかって。だから、具体的になりました。曲の基になったエピソードっていうのは、14歳か15歳ぐらいの学生の頃に…今思うと大したことではないんですけど、当時の自分にとっては重大なことだった、進路であったり、恋愛であったり、勉強のことだったり、そういう憂鬱なことが、雨に打たれてすーっと浄化されたことがあったんですね。まあ、単純に傘を忘れたってことなんですけど(笑)。この曲は、その時の経験を引っ張って曲にした感じなんですよ。

だから、雨をモチーフにしているけど、サウンドは陰鬱な感じではなくて、スケール感というか、広がりがあるのですね。

そうですね。バーって降った後にさっと晴れるみたいな、そこまで突き抜けてもいいんじゃないかっていう感覚で、サウンドの構成とかも考えました。

水彩画のように同系色の色が重なり合って、雨を描いている印象があったのですが、そんな色合いを出す感じでサウンドを構築していったのですか?

絵を描くことに近いかもしれないですね。塗っていくっていう。色合いはメンバー全員の中で統一されていました。最初は濃い青色なんだけど、歌になると水色になって…最初からバーンって青色が一本あるっていうのが昔だったんですけど、今は4人っていうことで音の数に限りはあるんですけど、最初は青色で、それが水色になって、次第に緑になって、また青になるっていう。だから、何回も何回も音を重ねて、やっと色を見出したって感じじゃなくて、そういうものが最初から見えてました。ライヴでやり慣れているっていうことも大きいんでしょうね。

仲手川くんのヴォーカルに関しても、気持ち良さそうに歌ってるように感じたのですが。

もともとは歌いにくくて、苦手な曲だったんですよ。好き嫌いは別としてね。ライヴでも憂鬱になっちゃうぐらい難しい曲だったんですけど、歌詞に具体性が出てからは歌い易くなって…もちろん、難しい歌なんですけど、それよりも気持ち良さのほうが勝ってきてますね。だから、レコーディングでも気持ち良く歌えたのかもしれない。

では、どんなものに仕上がった実感がありますか?

SPANK PAGEの代表的なサウンド、歌、音色っていうのが全一致であるので、かなりフックになる曲ですね。それが早い段階で出せるってことは大きな意味があるなって。あと、納得のいく音で録れたってのもうれしいですね。
SPANK PAGE プロフィール

ロックをベースとしながらもエヴァーグリーンなメロディと歌の世界でロックを新たなものへと昇華させるフュチャー・ロック・バンド。04年横浜で中学時代の幼馴染みである仲手川裕介(vo&g&key)、山下啓一郎(g&key)、大成泰(b)が中心となり結成。06年に水野雅昭(dr)が加入し現在の4人組編成となる。同年にアルバム『ECHOCITY』をリリース、完全自主制作にも関わらず1,000枚を完売させる。

05年には、ライヴを偶然見た寺岡呼人に見初められ楽曲のアレンジとレコーディングの演奏を担当。また『COUNTDOWN TV』制作のコンピレーション・アルバムにも参加するなど、徐々にSPANK PAGEという名を浸透させていく。07年に発売された自主制作のミニ・アルバム『I GO HOME』は、同年の音楽ポータルサイト<NPOO>の視聴ランキング1位を記録。

08年には曲作りをして、即ライヴ会場で販売するという実験的試みの「SPANK PAGE LABO」を発売し、こちらも当然の如く完売させた。また、劇団キャラメルボックスの公演のエンディング・テーマに「you and me」が抜擢、08年末の公演でも新たに「呼吸(SPANK PAGE LABO MIX)」が起用された。
そして09年4月に、<ユニバーサルミュージック>より1stシングル「koi」でメジャー・デビュー。SPANK PAGE オフィシャルサイト
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着