取材:ジャガー

好きな音楽をただバンドに反映させてる
だけ

2作目ということで、意気込み高く制作に挑んだ感じですか?

川口
そうですね。曲作りが早い方ではないし、結構時間はかかってますけど、今までよりも曲を作ろうって意識は高かったです。
内野
もともと1枚目出した時に、“次はこの時期に作りたいね”って話をしていて。
椎野
速い曲をたくさん入れようってことだけは何となくありましたね。

“速い曲”というわりに最後の「place of the sun」は、ゆったりとしたアコギのナンバーで。

川口
俺ら的にもアコギは初めてですからね(笑)。
椎野
メロディーはできてたんですけど、そこからバンドでどう膨らませるかってところのイメージが沸きづらくて…いいメロディーは浮かんだのに、ドラムやギター、ベースがどういうプレイをすればいいのかが具体的にまとまらなくて。だから、いっそのこと歌とギターだけでやっちゃおうと思ったんです。最近そういうCDを聴く機会もあったし、前からやってみたい気持ちはあったので。タイミング的にも今回が良かったと思います。

それまでの雰囲気とは違い、エンドロール的な印象がありましたよ。

椎野
アルバムを作り始めた時は、やっぱ速い曲をっていう感じだったけど、自分たちが聴いてる音楽や好きな音楽をただバンドに反映させてるだけなんですよね。そういうアコギのゆっくりした感じも好きだったので、“超頑張って作りました!”ってわけでもないですし。あくまで自然な感じです。 ーー“速い”の中でもさまざまな見せ方がありますよね。よりメロディーに寄ったものだとか、リズムに力を入れてるものだったり。
内野
「Waiting」のリズムは結構変わってて。昔からこういうのをやりたいなと思ってたんですけど、できなくて。で、いい加減やりたいからすっごい考えて、ずっとあの曲のイントロばっかり聴いて、ようやくできました。自分の理想を初めてちゃんとドラムだけで作ったっていう。
椎野
“このドラムに合わせてやってくれ”って言われて、適当に合わせました。今後ドラムだけでAメロ、Bメロ、サビまで作ってくるとかもあるかもしれませんね。それにギターを乗せてみて、ケミストリーが生まれるかもしれない。

「Loving」では、恋愛よりもっと大きな愛を歌われてますね。

川口
“relation”というアルバムタイトルもそうですけど、今回は人のつながりを自分の中で意識して曲を作っていて。人が生きていく中で必要なものは愛かな、というのを書きました。「memory of you」は失恋っぽい歌ですけど、「Loving」では恋愛よりも大きな愛が書ければいいなと。

“To love each other,we live.”(僕らは愛し合うために生きていく)の締めがいいですね。「relation」にもつながっていきますし。

川口
僕的には、「relation」に一番言いたかったことを詰め込んでますね。「relation」の歌詞が書きたかったから、本当できて良かったです。みんなで楽しめるというか、そういう感じのことがずっと書きたかったので。この曲の前に「memory of you」が入ったのも良かったですね。1曲目「One」やって、2曲目「Loving」、3曲目をどうしようか悩んでて。この順番じゃなかったら、アルバム全体の印象も変わってただろうし、もしかしたら薄く聴こえてしまっていたかもしれない。そういうところにも気を付けて聴いてみてほしいですね。
AIRPORT プロフィール

エアポート:神奈川厚木発の3ピースメロディックロックバンド。3ピースながら緩急のあるアレンジと洗練されたバンドサウンド、メロディックでキャッチーな楽曲が特徴。  AIRPORT オフィシャルサイト
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』